ゴルフ

ゴルフの伸び悩みから脱出するためにやるべきこと

なにかを何年も続けていると伸び悩み の時期は必ずあるものです。 思ったような結果が出せないときは、 続けることが嫌になる辛い時期です。特にゴルフのような個人競技だと自己責任の部分が強いだけにその辛さも大きく感じてしまいます。
ゴルフ

ゴルフスイングの振り遅れを考える

プロ、アマ問わず切り返しからダウンスイングでクラブをインサイドから振り下ろそうとすることで生まれる最大の弊害が振り遅れという現象です。私はゴルフの様々なミスショットの原因はこの振り遅れが最初のきっかけになっていると考えています。
コラム

スロープレーのデメリット

スロープレーヤーになっていませんか? 普段あまり気にしていないという方も多いかもしれませんが、スロープレーはゴルフをプレーする上で意外と大きな問題です。 スロープレーとはその名のとおりプレーが遅い、ひとつひとつのショットに時間を掛け...
グリップ アドレス

ゴルフのアドレスの基本的な作り方について詳しく解説します

アドレスで陥りやすい一番のミスは踵に体重がかかってしまうことでしょう。アドレスで良い姿勢が作れないという方は多いのですが、そういう方に共通しているのがこの踵体重です。踵体重になってしまうと骨盤が起きた状態になり背中が丸いアドレスになってしまいます。
ゴルフ

トップは流れで考える

この記事のポイント ・実戦的なトップは流れの中で生まれる ・トップも利き目を活かす 実戦的で無理のないトップとは? トップとはスイングの流れの中で 自然に作られるものです。 バックスイングからダウンスイングへ と切り返す直前の一瞬の間がトップに なります。 バックスイングが上がりきる寸前が
ゴルフ

バックスイングは利き目で変える

スイングは利き目の影響をうける 手や足に利き手や利き足がある ように目にも利き目というもの があります。 人間は誰しも左右どちらかの目が 利き目として働き、いつでもその 利き目に頼った視界になっている そうです。 私はこの利き目がゴルフスイング にも大きく影響していると
ゴルフ

バックスイングの役割と重要ポイントについて詳しく解説しましょう!

この記事のポイント ・身体で上げる ・クラブの重さを消す 良いバックスイングとは? まずバックスイングというのは 正しくダウンスイングするための 準備であり幅跳びの助走のような ものだと考えてください。 私が最も重視している実戦的な スイングでの一番大事なポイントは、 「インサイドから振り遅れない
アプローチ

アプローチを打つ前にやるべき2つのこと

グリーン近くからのアプローチショット を見ていて打つ前からすでにミスをするのが わかってしまうゴルファーの方が多くいます。 なぜなら、打つ前の確認と設定の作業を まったくしていないからです。
ゴルフ

ゴルフスイングのヘッドアップを考える

この記事のポイント ・スイングが良くなるとヘッドアップにはならない ・大事なのはクラブヘッドの走り ・クラブヘッドが走ると頭は勝手に残る まずこの記事でのヘッドアップとは ダウンスイングでの顔の開きや ルックアップなども含んでいると 考えてください。
グリップ アドレス

グリップの種類とそのメリットとデメリット

グリップ(握り方)の 種類とそれぞれの メリットとデメリット についてご説明します。 私の考えでは、まずグリップは 「振り遅れにならない握り方」 をすることが大事です。 それぞれの握り方の メリットとデメリットを理解したうえで ご自分のスイングに合ったグリップを 探してみてください。 ベース
タイトルとURLをコピーしました