アプローチ

アプローチで必ず結果がでる2つの練習法

アプローチで失敗する原因とは? アプローチでミスを招いてしまう 大きな原因のひとつがダウンスイング からインパクトでの「緩め」です。 アプローチのような小さなショットでは バックスイングで上げた速度よりも わずかに加速させて打つことがとても重要です。 アイアンやドライバーなどのフルショットの場合
ゴルフ

ロングパットの注意点

アマチュアゴルファーの方が ロングパットを2回で終わらせる 確率はかなり低いと思います。 ロングパットをピタリと寄せるには ラインとタッチの両方が 上手く噛み合わなければなりません。 カップまでの距離が長くなればなるほどに 距離感を合わせることが難しくなります。 そのうえラインもしっかりと
ゴルフ

ショートパットを確実に入れるために打ち方以外で気を付けること

上手く打っても入らない原因とは? ショートパットのとき 「上手く打てていると感じても入らない」 そういう経験ありますよね。 このいちばんの原因として考えられるのは 「ラインに対しての強弱が合っていない」 ということだと思います。 パター(特にショートパット)は常に ラインとタッチの
ゴルフ

ショートパットの効果的な練習法

練習で大事なのは下手にならないことです。 ショートパットを入れる練習をしていて だんだんと打ち方が悪くなっていく という方を多く見かけます。 これは「入れたい!」 という気持ちから 無意識に身体が緊張して硬くなり スイング中の動作に微妙に ブレーキをかけてしまうのが原因です。 パターでは
コラム

強い選手を育てるために大事な2つのポイント

どの分野でも人を育てるということは大変なことだと思います。人の成長に携わるということはやりがいのあることでもありますが、その反面大変な責任を負うことでもあります。私もこれまで多くのジュニアゴルファーを指導してきましたが正直大変な思い出しかありません。今回はそういう経験から学んだ
グリップ アドレス

実戦的な握り方のポイントとは?

オーバーラッピングにインターロッキング、そしてベースボールなのど握り方の種類やストロングやウィークなどの握り方の癖にバリエーションはあっても良いと思います。
ゴルフ

ゴルフは考え方で上手くなる

上達は突然変異的 何の世界でもそうなのかもしれませんが、 私の経験ではゴルフの上達は徐々に 右肩上がりではなくて突然変異的です。 昨日まで苦労していた動きが突然、 急に出来るようになる。 人間の身体や感覚は不思議ですね。 継続がなにより大事 しかし、
グリップ アドレス

アドレスでのボール位置のセット方法について詳しく解説します

ボール位置はスイングに影響します。 アドレスでのボール位置に 悩んでいる方は多いようです。 アマチュアゴルファーの方の場合は ボール位置の間違いからミスショット になってしまうことが多々あると思います。 コースではライや傾斜によって ボール位置は変化するものです。 しかし、応用のためにも基本の
グリップ アドレス

アドレスで注意すべき3つのチェックポイントとは?

【良いアドレスは良いスイングへの第一歩】 アドレスで悩んでいる方は多いと思います。 良いアドレスを作る ということは 意外と難しいものです。 とくに、ボールに当てたいという 気持ちが強いアマチュアゴルファーの方は どうしても構えは 後回しになってしまいがちです。 しかし、 やはり最初の構えは