身体の硬い人がこだわるべき3つのスイングポイントとは?

東銀座ゴルフスクールでは、このブログのメソッドを使ったレッスンを行っています。

ゴルフは身体が硬くても
上手くなれる

身体が硬いために上手くスイングができない、ミート率が上がらないとお悩みな方は多いと思います。

確かに良いスイングをする上で身体の柔軟性は大事です。

しかし、身体の硬い人でもポイントを押さえた無理のない動きを覚えればボールに当たる確率は格段に上がります。

今回は身体の硬い人が上手くスイングするための重要視すべき3つのスイングポイントについて解説します。

 

ポイント1
バックスイングで無理に身体を捻らない

バックスイングで身体を過度に捻ろうとするからミスになる

バックスイングでの重要なポイントのひとつは身体をしっかりと捻ることです。

しかし、身体が硬い人が無理に捻ろうとすると、伸びあがりやスエーなどの頭が動き過ぎるエラーになったり、トップでの力みに繋がります。

そうなると当然ボールに上手く当てることが難しなり、ミート率は下がります。

身体が硬い人はバックスイングで捻ることよりも頭を止めておく意識が大事です。

またトップでも、腕や肩が力まない範囲でスムーズにダウンスイングへ切り返していくことを心掛けましょう。

身体が硬い人がバックスイングを深く捻ろうとするのは、頭が上下左右に暴れたスイングになる可能性が高くなり、また力みにも繋がります。

 

ポイント2
身体が硬い人こそ切り返しの達人になるべし

大事なのは切り返しでのクラブの使い方

アマチュアゴルファーの方のボールに上手く当たらない、真っ直ぐに飛んでくれないという現象の一番の大きな原因は切り返しからダウンスイングでのアウトサイドインの軌道になってしまうからです。

ミート率を上げて曲がらないボールを打つためには、このアウトサイドインの問題を解決することが鍵となります。

アウトサイドインの軌道を正しいインサイドからのダウンスイングに修正するためには、トップからダウンへの切り返しの動きが重要なポイントとなります。

切り返しでクラブヘッドをやや背中側に倒す動きを入れることで、自然と当たるインサイド軌道のダウンスイングが作られます。

この切り返しでのクラブの動かし方は身体の柔軟性は関係ありません。

そういう意味で身体が硬い人でも正しく練習をすることで十分に切り返しの達人になることは可能です。

クラブヘッドを少し背中の方向に倒しながら切り返しすことでクラブをインサイドからの軌道に乗せて下すことができます。またこの動きがバックスイングでの身体の捻りの浅さをカバーしてミート率を上げてくれます。

 

ポイント3
始動でクラブヘッドを正しく動かすべし

始動の良さでミート率アップを目指す

身体が固い方だけではないのですが、スイングの始動は切り返し同様にとても大事な動きです。

始動での動きの失敗もミート率に大きく影響しますので、ここもしっかりと押さえておきたいポイントです。

特に身体が硬い人はこのスイングの始動を失敗してしまうと、後でそのミスを取り返すのが難しいので、狙っているターゲットラインに対してクラブヘッドを真っ直ぐに引くという丁寧な動きを意識しましょう。

スイングのスタートでのクラブヘッドの動きもミート率に大きく影響します。狙っているターゲットラインに対して真っ直ぐにクラブヘッドを引いていきましょう。

 

ライン@にご登録頂くと技術、フィジカル、メンタル、クラブなどアマチュアゴルファーの方が上手くなるための全ての分野の情報をご覧頂けます。

ご登録はこのボタンを押してください

友だち追加

タイトルとURLをコピーしました