グリップ アドレス

グリップ アドレス

曲がらないボールを打つためのグリップ論

ボールが曲がる最大の原因はクラブフェースの向きにあります。 インパクトでクラブフェースの向きがズレることでボールは左右に曲がってしまいます。 つまり、スイング中クラブフェースの向きがしっかり管理できているとボールが曲がる...
グリップ アドレス

解剖学の視点から考えるアドレスの大事なポイントとは

人間の身体の構造から考えた場合にアドレスで外せない大事なポイントがあります。 その大事なポイントとは頭の位置です。 今回はそのアドレス頭の位置とそれがどのようにスイングに影響するのかについて詳しく解説します。 正しい頭の位置で...
グリップ アドレス

アドレスの大事なチェックポイントについて解説します

スイングってどこを どう見ればいいの? 今回は連続写真や動画などでスイングを見るときのポイントについてのお話です。 対談記事にご協力頂いているのは 櫃本 真聿 さん (ひつもと しんいち) 四国医療産業研究所 所長 ...
グリップ アドレス

ゴルフのアドレスの基本的な作り方について詳しく解説します

アドレスで陥りやすい一番のミスは踵に体重がかかってしまうことでしょう。アドレスで良い姿勢が作れないという方は多いのですが、そういう方に共通しているのがこの踵体重です。踵体重になってしまうと骨盤が起きた状態になり背中が丸いアドレスになってしまいます。
グリップ アドレス

グリップの種類とそのメリットとデメリット

グリップ(握り方)の 種類とそれぞれの メリットとデメリット についてご説明します。 私の考えでは、まずグリップは 「振り遅れにならない握り方」 をすることが大事です。 それぞれの握り方の メリットとデメリットを理解したうえで ご自分のスイングに合ったグリップを 探してみてください。 ベース
グリップ アドレス

実戦的なグリップの握り方のポイントとは?

オーバーラッピングにインターロッキング、そしてベースボールなのど握り方の種類やストロングやウィークなどの握り方の癖にバリエーションはあっても良いと思います。
グリップ アドレス

アドレスでのボール位置のセット方法について詳しく解説します

ボール位置はスイングに影響します。 アドレスでのボール位置に 悩んでいる方は多いようです。 アマチュアゴルファーの方の場合は ボール位置の間違いからミスショット になってしまうことが多々あると思います。 コースではライや傾斜によって ボール位置は変化するものです。 しかし、応用のためにも基本の
グリップ アドレス

アドレスで注意すべき3つのチェックポイントとは?

【良いアドレスは良いスイングへの第一歩】 アドレスで悩んでいる方は多いと思います。 良いアドレスを作る ということは 意外と難しいものです。 とくに、ボールに当てたいという 気持ちが強いアマチュアゴルファーの方は どうしても構えは 後回しになってしまいがちです。 しかし、 やはり最初の構えは
タイトルとURLをコピーしました