グリップ アドレス

グリップ アドレス

曲がらないボールを打つためのグリップ論

ボールが曲がる最大の原因はインパクトでのクラブフェースの向きにあります。 インパクトでクラブフェースの向きがズレることでボールは左右に曲がってしまいます。 つまり、スイング中クラブフェースの向きがしっかりコントロールでき...
グリップ アドレス

解剖学の視点から考えるアドレスの大事なポイントとは

人間の身体の構造から考えた場合にアドレスで外せない大事なポイントがあります。 その大事なポイントとは頭の位置です。 今回はそのアドレス頭の位置がどのようにスイングに影響するのかについて詳しく解説します。 正しい頭の位置で変わる...
グリップ アドレス

アドレスの大事なチェックポイントについて解説します

今回は連続写真や動画などでスイングを見るときのポイントについてのお話です。 対談記事にご協力頂いているのは 櫃本 真聿 さん (ひつもと しんいち) 四国医療産業研究所 所長 講演会で日本全国を飛び回る超多忙な日々を送る傍...
グリップ アドレス

ゴルフのアドレスの基本的な作り方について

今回はアドレスについて考えてみます。 最初の構えというのは次の動作に必ず影響が出るものなので良いスイングをするためにアドレスはとても大事です。 特に無駄のない実戦的なスイングをするためには、アドレスでの良い姿勢というもの...
グリップ アドレス

グリップの種類とそのメリットとデメリット

グリップの種類とそれぞれの握り方のメリットとデメリットについてご説明します。 私の考えでは、まずグリップは振り遅れにならない握り方をすることが大事です。 それぞれの握り方のメリットとデメリットを理解した上でご自分に合った...
グリップ アドレス

実戦的なグリップの握り方のポイントとは?

グリップの握り方には大きく分けてオーバーラッピングにインターロッキング、そしてベースボールの3種類があります。 またストロングやウィークなどの握り方の癖もあります。 人それぞれに握り方のバリエーションはあっても良いと思い...
グリップ アドレス

アドレスでのボール位置のセット方法について詳しく解説します

アドレスでのボール位置に悩んでいる方は多いようです。 アマチュアゴルファーの方は、ボール位置の間違いからミスショットになってしまうことが多々あると思います。 コースではライや傾斜などの状況によってボール位置は変化するもの...
グリップ アドレス

アドレスで注意すべき3つのチェックポイントとは?

良いアドレスを作るということは意外と難しいものです。 アドレスは普段の姿勢などの身体の癖が反映せれやすいので、その辺りも考慮しながら修正する必要があります。 そいういう意味でアドレスを修正するのは難しいこととも言えます。...
タイトルとURLをコピーしました