ダウンスイングの真実

ダウンスイングは
実力のバロメーター

その人のゴルフの実力がいちばん強く現れるスイングのポイントは切り返しからダウンスイングの動きです。

上手いゴルファーは皆この部分が共通して良い動きをしています。

よく一見変則的なスイングなのにスコアが良い(ゴルフが上手い)方がいますが、その人達に共通しているのも、この切り返しからダウンスイングでの身体とクラブの使い方の上手さです。

そういう意味でこの部分の動きを良くすることがゴルフの上達には絶対に欠かせないポイントとなります。

今回は、このゴルフスイングの最も重要な部分について詳しく解説してみたいと思います。

 

当たらないスイングには訳がある
切り返しがミート率がを決める

多くのアマチュアゴルファーの方のスイングはトップまで上がってきた軌道よりも切り返しクラブが立ってしまうという動きになっています。

この動きが正しいインサイドからのダウンスイングを不可能にして、当たらない、曲がるというスイングの大きな原となります。

切り返しでクラブが立つことでダウンスイングが崩れます。

そのクラブが立つ切り返しは、その後も修正は不可能でクラブが立ったまま振り下ろすダウンスイングなってしまいます。

切り返しの失敗がダウンスイングにも影響を与えます。その結果、手とクラブがアウトから下りてくるカット軌道のダウンスイングになってしまいます。

当然、そのアウトサイドインの軌道ではインパクトからフォローの軌道ーゲットラインよりも左へ振ることになりボールを狙ったところに飛ばすのが難しくなります。

アウトサイドからのダウンスイングでは、インパクトからフォローで手とクラブをインサイドに引き込んだカット軌道になり引っ掛けか左に飛び出しての大きなスライスボールになる確率が高くなります。

逆に切り返しが立たないダウンスイング真っ直ぐで長いインパクトに繋がります。

切り返しを立てずにダウンスイングをインサイドからの軌道に乗せることで、ターゲットラインに真っ直ぐで長いインパクトが生まれます。

 

立たない切り返しを作るために
必要な3つのポイント

切り返しでクラブが立つからのアウトサイドインのカット軌道のダウンスイングを防ぐためには、次の3つのポイントが重要となります。

ポイント1
左サイドの捻り戻しから始める

ダウンスイングの身体の動きはバックスイングを身体の右サイドのリードで捻り上げた反動で生まれる左サイドからの自然な捻り戻しのリードによって始まります。

小手先ではなく身体でクラブを振り下ろすことで切り返しでのシャフトが立つ動きを防ぐことができます。

小手先を使わないことでクラブが立つ切り返しを防ぐことができます。また左サイドからのリードによって身体でクラブを引き下ろすことでタメのある力強いダウンスイングの動きが作れます。

ポイント2
切り返しでの軌道変更が飛んで
曲がらないダウンスイングを作る

身体でのダウンスイングで良い切り返しになる方もいますが、それだけではまだ手を使ってしまって、どうしてもクラブが立つ動きが改善されないという方も多いと思います。

そういう場合はもうひとつ身体の左サイドからのリードと合わせて重要な動を入れる必要があります。

それは、切り返しでクラブヘッドを上げた軌道よりもややインサイドに軌道変更しながらダウンスイングを始めるクラブの動かし方です。

その動きを作るには、トップから切り返しでクラブヘッドをやや背中側に倒す動きを入れる必要があります。

切り返しが立つ癖が強く付いてしまっている方がクラブをインサイドからの軌道に乗せて下すためには、クラブヘッドを少し背中の方向に倒しながら切り返す必要があります。

この動きと身体の左サイドからの捻り戻しとを同調させることで、実践的なダウンスイングが作れます。

ポイント3
左腕が力まないことが重要

ゴルフスイングの振り遅れを考える
こちらの記事で詳しく書いたように

左腕の力み様々なミスショットの原因の元となります。

また、その左腕の力みは切り返しでクラブが立つという動きにも強く関係しています。

左手小指を握り過ぎてダウンスイングしようとするとクラブが立った切り返しになります。振り遅れを防ぐという意味でも左手小指は握り過ぎないことが大事です。

 

まとめ

切り返しからダウンスイングの動きはどんな場面でも当たるスイングをする上でいちばん大事なポイントです。フルショットの練習だけではなく、ーフショットアプローチ、または振りなどの練習で実践的なダウンスイングを作りましょう。

 

バーチャルレッスンで上手くなる!

綺麗なスイングで上達したい

一人での練習で伸び悩んでいる

レッスンに通ったが上手くならなかった

内緒で上手くなりたい

すべてのお悩みに対応します。

オンラインサロンでは実戦的なスイングを作るための練習法を動画で詳しく解説しています。またスタジオの練習風景やレッスン会の様子なども日々アップしています。

 

タイトルとURLをコピーしました