ダウンスイングの真実

その人のゴルフの実力がいちばん強く現れるのがダウンスイングの動きです。

上手いゴルファーは共通して、このダウンスイングが良い動きをしています。

一見変則的なスイングなのに良いスコアが出せる方がいますが、その人達に共通しているのもダウンスイングでの身体とクラブの使い方の上手いからです。

そういう意味で、ダウンスイングの動きを良くすることがゴルフの上達には絶対に欠かせないポイントとなります。

今回は、このダウンスイングについて詳しく解説してみたいと思います。

 

当たらないスイングには訳がある
切り返しがミート率がを決める

多くのアマチュアゴルファーの方のスイングは、バックスイングで上がってきた軌道よりも、切り返しでクラブが立ってしまうという動きになっています。

この動きがインサイドからのダウンスイングを不可能にして当たらない、曲がるというスイングの大きな原となります。

バックスイングの軌道(青線)よりも切り返しでクラブが立つことでダウンスイングが崩れます。

クラブが立つ切り返しは、その後も修正は不可能でクラブが立ったまま下りてくるカット軌道のダウンスイングなってしまいます。

切り返しでクラブを立てる失敗がその後のダウンスイングにも影響を与えます。

当然そのアウトサイドインのカット軌道では、インパクトからフォローの軌道ーゲットラインよりも左へ振ることになりボールを狙ったところに飛ばすのが難しくなります。

アウトサイドからのダウンスイングでは、インパクトからフォローで手とクラブをインサイドに引き込んだカット軌道になります。

逆に切り返しが立たないダウンスイング真っ直ぐで長いインパクトに繋がります。

切り返しを立てずにダウンスイングをインサイドからの軌道に乗せることで、ターゲットラインに真っ直ぐで長いインパクトが生まれます。

 

立てない切り返しを作るために
必要な3つのポイント

カット軌道のダウンスイングを防ぐためには、次の3つのポイントが重要となります。

ポイント1
左サイドの捻り戻しから始める

ダウンスイングの身体の動きは、バックスイングを身体の右サイドのリードで捻り上げた反動で生まれる左サイドからの自然な捻り戻しのリードによって始まります。

小手先ではなく身体でクラブを振り下ろすことで切り返しでのシャフトが立つ動きを防ぐことができます。

小手先を使わないことでクラブが立つ切り返しを防ぐことができます。

また左サイドからのリードによって身体でクラブを引き下ろすことでタメのある力強いダウンスイングの動きが作れます。

 

ポイント2
切り返しでの軌道変更が飛んで曲がらないダウンスイングを作る

もうひとつの重要ポイントが切り返しでクラブヘッドを上げた軌道よりもインサイドに軌道を変更しながらダウンスイングを始めることです。

その動きを作るには、切り返しでクラブヘッドを背中側に倒す動きを入れる必要があります。

切り返しでクラブヘッドを背中の方向に倒すことで、インサイド軌道のダウンスイングが作られます。

切り返しでクラブを倒す技術について詳しくはこちらをご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました