ゴルフの力みを考える

 

 

力みにメリットなし

多くのゴルファーの方が、練習場でもコースでも力みながらスイングをしています。

特にコースでは、ドライバーからパターまで、ミスショットと力みは常にセットだと言っても過言ではありません。

誰しも力んで良いことは何もないと頭では分かっているはずです。しかし、ほとんどのゴルファーの方が力みを解消することができていません。

今回は、この力みの問題をメンタルと技術の両方から分析してみたいと思います。

なぜ力むのか?
心理的な要因を考える

私が考える力みの心理的な要因は次の2つです。

力みを生む心理的要因1

ミスを恐れて力む

ひとつ目は過去の失敗を思い出して、もう同じようなミスショットはしたくないと強く思うあまりに力んでしまう場合です。

人間の脳というのは成功した記憶よりも失敗したときの記憶を優先的に思い出すようにできているそうです。

そういう意味ではゴルファーがショットの前に失敗を考えてしまうのは本能的に自然な現象なのでしょう。

しかし、そういう精神状態では、やはり力んでしまってミスをする確率を上げてしまいます。

そうならないためには、ミスはすぐに忘れ次のショットに集中する気持ちの切り替が必要です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA過去の失敗はあくまでも過去のもので、これから打つショットには何の影響もないものと考えましょう。

力みを生む心理的要因2

良いショットを打とうとする意識が強くて力む

ふたつ目名は会心のショットを求めるあまり力んでしまう場合です。

練習の成果を出したいとか、同伴プレーヤーに良いショットを見せたいという思いからついつい力んでしまう。

これもよくあるパターンです。

その気持ちは分かりますが、欲張り過ぎは力みの元です。

練習場ではスイングを考えてフィニッシュが止まれる範囲のバランス良い振り方を心掛けましょう。

また、コースでは練習場での満足がいくショットの70%程の内容のショッが打てれば上出来と考えて力みを防ぎましょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA自分の実力以上のショットをしようと欲張ってしまうと必ず力んでしまいます。何事も腹八分の精神で。

技術的な力みを考える

力みを生むいちばんの原因とは?

私はまず左手の小指に力が入ることが左腕全体の力みになり、それが全体的な力みに繋がっていると考えています。


左手小指の握り過ぎは左腕全体を硬直させ、それが身体の全体的な力みに繋がります。

 

左腕の力みをとる練習法

力みの元である左手小指を外すことで左腕全体の力みを消すことができます。

PhotoGrid_1455717548253

小指を握らないことで全体的な力みの始まりである左腕の力みが防げます。まずは50ヤード位のアプローチショットから始めて段々と大きなショットに移行していく練習をおすすめします。

 

まとめ

コースでは、実力以上のショットを求めないミスを怖がらず打つのが心理的な力み防ぐ方法です。

また、練習場ではスイングバランスを考えて左腕に力を入れない練習をすることが力みを防ぐ効果的な練習法です。

ライン@にご登録頂くと技術、フィジカル、メンタル、クラブなどアマチュアゴルファーの方が上手くなるための全ての分野の情報をご覧頂けます。

ご登録はこのボタンを押してください。

友だち追加

タイトルとURLをコピーしました