スライスゴルファーを脱出する方法

スライスについて
詳しく考える

ボールが曲がるミスで1番多いのやはりスライスボールでしょう。

ゴルフを始めたときからこのライスボールに悩まされているアマチュアゴルファーの方は多いはずです。

今回はそのスライスボールの原因について詳しく考えてみます。

 

スライスの原因と
多くの方が陥るパターンとは?

スライスには大きく分けて2つの原因があります。私の考えではその2つは繋がっていて、多くのアマチュアゴルファーの方がこの2つ原因の間で行ったり来たりを繰り返すというサイクルにハマって抜け出せなくなっています。

*この記事は右打ちの方を基準に書いてます。左打ちの方は左右を逆でお考えください。

 

原因1
まずはスライスのスイング軌道から始まる

ひとつ目のスライスの原因はダウンスイングの軌道がアウトサイドインのカット軌道になることです。

まず理解すべきポイントは、人間が普通にクラブを振ればアウトサイドインの軌道になるのが自然だということです。

特殊な人以外はほとんどの人が、まずこのアウトサイドイン軌道のスイングでのスライスボールでゴルフを始めることになります。人間がクラブでボールを打とうとするとゴルフの基本的な握り方や構え方の影響で自然とアウトサイドインの軌道になります。この場合はボールがアドレスしたラインよりも左に出てから右に曲がるというあまり距離の出ないスライスボールになります。

実際に初心者の頃はそのほうがまずはボールに当たるので、そのままスイングを覚えて今に至るというゴルファーの方が多いと思います。

それでもボールの曲がり幅がある程度計算できて、尚且つ飛距離も出てくれれば問題はないのですが、それがそうはなりません。

大体はアウトサイドイン軌道のスイングでは曲がって距離も出なという現象になり、多くのゴルファーはそれに悩むことになります。

 

原因2
次に振り遅れのスライスに進む

そこでアウトサイドイン軌道のスライスを治そうとする人は、雑誌やDVD、または周りの人からのアドバイス等でクラブをインサイドから下す練習をするようになります。

ここで生まれる問題が、二つ目のスライスの原因であるクラブの振り遅れという現象です。

振り遅れはダウンスイングでクラブをインサイドから下したときに起こる最大の弊害です。

多くの方がダウンスイングでクラブをインサイドから下そうとするとクラブの振り遅れになります。この場合はボールがアドレスしたラインよりも右に出てから更に右に曲がるというプッシュ系のスライスボールになります。

振り遅れはダフりの原因にもなるので、プッシュスライスとダフりを防ごうとすると、今度はアウトサイドインの軌道に戻ってしまいます。

そうなると、やはり飛ばないスライスが出てしまうので、またインサイドからのダウンスイングに挑戦をして振り遅れのミスに悩みます。

というふうに、このパターンにハマってしまってスライスゴルファーから抜け出せないという方が非常に多いわけです。

 

スライスゴルファーを
脱出する練習法

この3つは振り遅れを防ぐ練習法としてもご紹介しましたが、インサイドからボールを捕まえる動きを覚えるにも大変効果的な練習法です。ぜひ、練習に取り入れてみてください。

練習法1
まずはボールを捕まえる
右サイドの使い方を覚える

【右手の片手打ち】

ボールを捕まえるための右手、右腕の使い方を覚えるための練習です。右手でクラブヘッドを走らせる感覚とクラブの使い方がわかるようになればスライスは防げます。
右手だけでボールが真っ直ぐに打てるようになるとスイングのレベルはぐんと上がりスライスは激減します。

 

練習法2
テコの力を使って
リリースを覚える

【左右のグリップの間隔を空けて打つ】

スライスを無くすためにはインパクトで右手が左手を追い越す動きを覚える必要があります。両手の間隔を空けて打つことでその追い越す動きがわかりやすくなります。
テコの力が使えるので両手を入れ替えながらクラブヘッドを走らせる動作が簡単になります。これでインサイドからボールを捕まえる感覚を覚えましょう。

 

練習法3
左腕の脱力と右手の振り
のバランスを覚える

【左手小指を離して打つ】

力みの元である左手小指を外すことで左腕全体の力みを消すことができるので、ダウンスイングをインサイドから下しても詰まった感じがなくヘッドを走らせることができます。
小指を握らず力みをとることでインパクト直前からフォローにかけてヘッドを走らせる感覚が身につきます。まずは50ヤード位のアプローチショットから始めて段々と大きなショットに移行していくやり方をおすすめします。

 

まとめ

最悪のスライスのサイクルを抜け出すためには、インサイドから振り遅れずにクラブを振る技術を身に付けるしかありません。

その動きを覚えればスイングレベルは格段に上がって酷いスライスで悩むこともなくなります。

ぜひ、練習を継続してスライスゴルファーを脱出してください。

 

ライン@にご登録頂くと技術、フィジカル、メンタル、クラブなどアマチュアゴルファーの方が上手くなるための全ての分野の情報をご覧頂けます。

ご登録はこのボタンを押してください

友だち追加

タイトルとURLをコピーしました