ダウンスイングと利き目の関係

東銀座ゴルフスクールでは、このブログのメソッドを使ったレッスンを行っています。

利き目はダウンスイング
に強い影響を与える

ゴルフのスイングには、その人の利き目が大きく影響します。

人間の見るという本能は強いもので、スイング中は無意識に利き目を使ってボールを見ようとしています。

その影響がいちばん顕著に現れるのが切り返しからダウンスイングでの顔の動きです。

この効き目によるこの顔の動きはプロでも2つのタイプにはっきりと分かれます。

左右の利き目による
顔の動きの違いとは?

*この記事は右打ちの方を基準に書いてます。左打ちの方は左右を逆でお考えください。

利き目が右の場合

右が利き目の場合は、切り返しから右目でボールを見ようとするため、その影響で自然と顎が飛球線方向動く可能性が高くなります。

利き目が右の人は切り返しを顎でリードしながらクラブを引っ張るようにしてダウンスイングしていきます。右目を使ってボールとの距離感を掴むことで、不安なくクラブをインサイドからの軌道に乗せて下ろすことができます。

利き目が左の場合

左が利き目の場合は、切り返しから左目でボールを見ようとするため、顎が飛球線とは逆方向に動こうとします

利き目が左の人は切り返しで顎が手と身体の捻り戻しの動きと逆方向に動きます。この動きで左利き目のスイングの特長である顔が開かないクローズ感の強いダウンスイング〜インパクトの形になります。

効き目に逆らうのはNG

まず、効き目に逆らった顔の動きだとボールとの距離が上手く掴めなくなります。

本来、ゴルフクラブはインサイドから下す使い方の方がその特性を活かせるように作られていますが、人間の本能はアウトサイドからクラブを下した方がボールに当てやすいと感じています。

そこで、ボールとの距離が上手く測れていない場合は当てようとする意識が特に強くなるので、本能的に当てやすいと感じるアウトからダウンスイングをする可能性が高くなります。

利き目に逆らった動きではボールが見えづらく、ボールとの距離も掴めないためカット軌道のダウンスイングになる確率が上がってしまいます。

そのアウトサイドインの軌道では、アドレスで構えたターゲットラインよりも左へクラブを振ることになり、ボールを狙ったところに飛ばすのが難しくなります。

自分の利き目を調べましょう!

効き目に合わせたスイングをするためには、まずは自分の利き目を正確に知る必要があります。

利き目の調べ方

10898300_744443502307550_4216321063630320610_n

まずは写真のように手で輪を作って、何らかのターゲットが両目で見て輪の真ん中に来るように合わせます。

その状態から左右片目づつ交互に目を閉じて見たときにそのターゲットがズレないほうが利き目となります。

まとめ

自分の利き目をしっかりと把握して、利き目を活かしたスイングをすることがミート率を上げる楽なスイングをするポイントとなります。

ドライバーからパターまで利き目を意識して練習されることをおすすめします。

 

ライン@にご登録頂くと技術、フィジカル、メンタル、クラブなどアマチュアゴルファーの方が上手くなるための全ての分野の情報をご覧頂けます。

ご登録はこのボタンを押してください

友だち追加

タイトルとURLをコピーしました