アプローチ

アプローチで必ず結果がでる2つの練習法

この記事のポイント アプローチのミスの原因は「緩め」 加速がミスを防ぐ アプローチで 失敗する原因とは? アプローチでミスを招いてしまう大きな原因のひとつがダウンスイングからインパクトでの緩めです。 ...
ゴルフ

ロングパットの注意点

ロングパットに自信がつけば スコアメイクが楽になる アマチュアゴルファーの方がロングパットを2回で終わらせる確率はかなり低いと思います。 ロングパットをピタリと寄せるにはラインとタッチの両方が上手く噛み合わなければなりません。 ...
ゴルフ

ショートパットを確実に入れるために打ち方以外で気を付けること

この記事の大事なポイント ・パターはラインとタッチを合わせる 上手く打っても入らない 原因とは? ショートパットを上手く打っているのに入らない。 そういう経験ありますよね。 このいちばんの原因として考えら...
ゴルフ

ショートパットの効果的な練習法

この記事のポイント カップに入れるのではなく、ターゲットに当てる。 練習で大事なのは 下手にならないこと ショートパットを入れる練習をしていてだんだんと打ち方が悪くなっていくという方を多く見かけます。 これ...
コラム

強い選手を育てるために大事な2つのポイント

どの分野でも人を育てるということは大変なことだと思います。 人の成長に携わるということはやりがいのあることでもありますが、その反面大変な責任を負うことでもあります。 私もこれまで多くのジュニアゴルファーを指導してきましたが、正直...
グリップ アドレス

実戦的なグリップの握り方のポイントとは?

グリップの握り方には大きく分けてオーバーラッピングにインターロッキング、そしてベースボールの3種類があります。 またストロングやウィークなどの握り方の癖もあります。 人それぞれに握り方のバリエーションはあっても良いと思い...
ゴルフ

ゴルフが最短で上手くなるために必要なもの

アマチュアゴルファーの方が最短でゴルフが上手くなるために必要なものがひとつだけあります。 それは上手くなるための知識です。 今からトッププロを目指すわけではないアマチュアゴルファーの方には、生まれ持った飛び抜けた才能は必...
グリップ アドレス

アドレスでのボール位置のセット方法について詳しく解説します

アドレスでのボール位置に悩んでいる方は多いようです。 アマチュアゴルファーの方は、ボール位置の間違いからミスショットになってしまうことが多々あると思います。 コースではライや傾斜などの状況によってボール位置は変化するもの...
グリップ アドレス

アドレスで注意すべき3つのチェックポイントとは?

良いアドレスを作るということは意外と難しいものです。 アドレスは普段の姿勢などの身体の癖が反映せれやすいので、その辺りも考慮しながら修正する必要があります。 そいういう意味でアドレスを修正するのは難しいこととも言えます。...
タイトルとURLをコピーしました