ダウンスイングと左肩の関係

実戦的な良いスイングの条件として常にダウンスイングはクラブをインサイドから下したいものです。

しかし、厄介なことにこのクラブをインサイドから下すという動作によっていろいろな弊害が生まれてしまいます。

私はこのインサイドからのダウンとそれによって生じるミート率を下げる身体の動きの関係が、ゴルフスイングを難しくしているいちばんの要因だと考えています。

今回はその中のひとつであるダウンスイングと
左肩の関係
について詳しくお話ししたいと思います。

 

ダウンスイングと左肩の関係

左肩が上がる動きがミスを生む

インサイドからのダウンスイングと左肩の関係とは?

クラブをインサイドから下ろそうとすると、テコの原理で左肩が上がりやすくなります。

この左肩が上がる動きはトップやダフり、またはスライスなどの様々なミスショットに繋がります。

左肩が上がる動きは上体の起き上がりやヘッドアップに繋がり様々なミスショットの原因となります。

 

アウトサイドからのダウンスイングと左肩の関係

逆にアウトサイドイン軌道のスイングの場合は左肩を上げないでダウンスイングすることは簡単です。

つまり、ダウンスイングで左肩を上げないということだけを考えるとアウトサイドインのスイングの方が有利となります。

多くの人はそのほうが振りやすくボールに当てやすいので、これもアマチュアの方のアウトサイドインの軌道のスイングの方が圧倒的に多い原因のひとつです。

しかし、クラブをアウトサイドから振り下ろすカット軌道のスイングは色々と問題があり最終的には上手くなれません

アウトサイドイン軌道では左肩が上がらないダウンスイングになりますが、デメリットも多くなり最終的に思ったような上達は望めません。

 

インサイド軌道で左肩を上げないのが良いダウンスイングの条件

左肩が上がる根本的な原因とは?

やはりミート率を考えるとダウンスイングはクラブをインサイドから下した方が有利です。

そのためには、ダウンスイングのスタートである切り返しでクラブを倒してヘッドをインサイド軌道に乗せることが重要です。

しかし、この切り返しでクラブを倒す動きが左肩が上がりやすい動きでもあります。

そこで注意したいのがグリップの握り過ぎです。

私はこの左肩が上がる問題も振り遅れと同様に左腕の力みが根本的な原因になっていると考えています。

つまり、クラブと身体を繋ぐ左手(特に小指)を強く握り過ぎることでクラブをインサイドに動かすときにテコの力が強く働き、その反動で左肩が上がってしまう現象になるということです。

左手を強く握り過ぎるのが原因で切り返しでクラブをインサイドに動かしたときに左肩を上げる強いテコの力が生まれます。

 

左肩上りを防ぐ練習法

このブログには何度も登場している練習法ですが、やはり左サイドの力みを取るにはこの小指を離して打つ練習がいちばん効果的です。

小指を離すことでクラブをインサイドに動かしたときに生まれるテコの力が弱くなり左肩が上がる動きを抑えることができます。

この練習から始めて最終的に小指を握っても握り過ぎないグリップの感覚を掴みましょう。

 

まとめ

・多くの方の場合、正しくインサイドからダウンスイングをしようとすると左肩が上がりやすくなりミート率が悪くなります。

・クラブをインサイドから下して尚且つミート率を上げるためにはこの左肩上りの問題とセットで考える必要があります。

・左手小指を離して打つことで、左肩を上げないでクラブをインサイドから下すダウンスイングが体感しやすくなります。

 

タイトルとURLをコピーしました