ゴルフ

ゴルフ

トップは流れで考える

この記事のポイント ・実戦的なトップは流れの中で生まれる ・トップも利き目を活かす 実戦的で無理のないトップとは? トップとはスイングの流れの中で 自然に作られるものです。 バックスイングからダウンスイングへ と切り返す直前の一瞬の間がトップに なります。 バックスイングが上がりきる寸前が
ゴルフ

バックスイングは利き目で変える

スイングは利き目の影響をうける 手や足に利き手や利き足がある ように目にも利き目というもの があります。 人間は誰しも左右どちらかの目が 利き目として働き、いつでもその 利き目に頼った視界になっている そうです。 私はこの利き目がゴルフスイング にも大きく影響していると
ゴルフ

バックスイングの役割と重要ポイントについて詳しく解説しましょう!

この記事のポイント ・身体で上げる ・クラブの重さを消す 良いバックスイングとは? まずバックスイングというのは 正しくダウンスイングするための 準備であり幅跳びの助走のような ものだと考えてください。 私が最も重視している実戦的な スイングでの一番大事なポイントは、 「インサイドから振り遅れない
アプローチ

アプローチを打つ前にやるべき2つのこと

グリーン近くからのアプローチショット を見ていて打つ前からすでにミスをするのが わかってしまうゴルファーの方が多くいます。 なぜなら、打つ前の確認と設定の作業を まったくしていないからです。
ゴルフ

ゴルフスイングのヘッドアップを考える

この記事のポイント ・スイングが良くなるとヘッドアップにはならない ・大事なのはクラブヘッドの走り ・クラブヘッドが走ると頭は勝手に残る まずこの記事でのヘッドアップとは ダウンスイングでの顔の開きや ルックアップなども含んでいると 考えてください。
グリップ アドレス

グリップの種類とそのメリットとデメリット

グリップ(握り方)の 種類とそれぞれの メリットとデメリット についてご説明します。 私の考えでは、まずグリップは 「振り遅れにならない握り方」 をすることが大事です。 それぞれの握り方の メリットとデメリットを理解したうえで ご自分のスイングに合ったグリップを 探してみてください。 ベース
アプローチ

アプローチで必ず結果がでる2つの練習法

アプローチで失敗する原因とは? アプローチでミスを招いてしまう 大きな原因のひとつがダウンスイング からインパクトでの「緩め」です。 アプローチのような小さなショットでは バックスイングで上げた速度よりも わずかに加速させて打つことがとても重要です。 アイアンやドライバーなどのフルショットの場合
ゴルフ

ロングパットの注意点

アマチュアゴルファーの方が ロングパットを2回で終わらせる 確率はかなり低いと思います。 ロングパットをピタリと寄せるには ラインとタッチの両方が 上手く噛み合わなければなりません。 カップまでの距離が長くなればなるほどに 距離感を合わせることが難しくなります。 そのうえラインもしっかりと
ゴルフ

ショートパットを確実に入れるために打ち方以外で気を付けること

上手く打っても入らない原因とは? ショートパットのとき 「上手く打てていると感じても入らない」 そういう経験ありますよね。 このいちばんの原因として考えられるのは 「ラインに対しての強弱が合っていない」 ということだと思います。 パター(特にショートパット)は常に ラインとタッチの
ゴルフ

ショートパットの効果的な練習法

練習で大事なのは下手にならないことです。 ショートパットを入れる練習をしていて だんだんと打ち方が悪くなっていく という方を多く見かけます。 これは「入れたい!」 という気持ちから 無意識に身体が緊張して硬くなり スイング中の動作に微妙に ブレーキをかけてしまうのが原因です。 パターでは
タイトルとURLをコピーしました