なぜスイングは変えられないのか?

スイングを良くしたいと思わないゴルファーの方はいないでしょう。

しかし、実際にスイングを変えて上手くなっていく人は多くないというのが現実です。

いろいろな方法やイメージで動きを変えてみたつもりでもビデオで見ると全く変わっていない。

そんな経験をされた方は多いと思います。

今回は「スイングを変える」ということについて少し踏み込んで考えてみたいと思います。

 

 

スイングを変えることは
なぜ難しいのか?

私はスイングを変えることを難しくしている原因は大きく見て2つあると考えています。

スイングが変えられない原因1

スピードが動きを変える邪魔をする

ゆっくり素振りや止めた形だけであれば誰でもすぐに良いスイングや動きが作れます。

しかし、実際にボールを打つスピードがつくと素振りや形のようなスイングはできなくなってしまいます。

つまり、スピードがイメージした動きを変えてしまうのでスピードが上がれば上がるほど自分のイメージした動きとかけ離れたスイングになっていくわけです。

そのため、ゆっくり素振りや動きの一部分だけを意識した練習はまったく無意味なものになってしまいます。

スイングは一瞬なのでボールを打とうとスピードがつくことで自分の意識した動きができなくなります。特にスイングが加速していく切り返し以降の動きを変えることを難しくしているのがこのスピードの問題です。

 

スイングが変えられない原因2

切り返しが変わらなければ
スイングは変わらない

スイングを変える1番の目的はスコアアップのためでなければなりません。

そいういう意味でスイングを変えるということは結果に結びつく実戦的な動きへ改良するということです。

スイングを実戦的に変える為の最重要ポイントは、トップからの切り返しでどうダウンスイングに動きを繋げていくかとうことです。

身体の動きでは左サイドからの捻り戻しやニーアクション、または腰の回転などその人によって意識するポイントは違ってくると思います。

しかし、良いショットを打つために共通していなければならないのは切り返しの時点でクラブをダウンスイングのプレーンに乗せることです。

このポイントを失敗するとどんなに良い身体の動きをしていても良いボールは打てません。

逆にクラブをプレーンに乗せることができればその後のクラブや身体の動きはほぼ自動的に良くなります

つまり、切り返しの動きを変えることが良いスイングに変えることと言っても過言ではありません。

しかし、この切り返しの動きは変えることが実は1番難しいポイントでもあります。

トップからダウンスイングへの切り返しを変えることがスイングを実戦的に変えるということです。また、スイングは切り返しが変わると見た目の変化も大きなものとなります。

 

原因が分かったうえでどうやって
スイングを変えれば良いのか?

Dr.ヒツモト
コーチの考えではスイングを変えるということは切り返しを変えることなわけですね。

 

シモダ
はい。まずはなんとしても切り返しの動きを変える必要があります。

 

Dr.ヒツモト
それだけスイングに於ける切り返しの重要度が高いということですね。

 

シモダ
多くのアマチュアの方の様々なミスショットは切り返しでクラブが立つことが根本になってますから。

 

Dr.ヒツモト
他の部分の動きを変えても切り返しの動きは修正できないということですね。

 

シモダ
そうです。他の動きが変わってもその影響で切り返しの動きが良くなることはありません。

 

Dr.ヒツモト
なるほど。つまり切り返しの動きが良くならないと良いショットが出る確率が上がらないわけだから良い結果に繋がる実戦的なスイング修正にはならないということですね。

 

シモダ
その通りです。根本的なスイング修正になっていないから今度はここを変えてみよう、それがダメなら次はここだというように次々といろいろな部分を変えていっても結局上手くいかないで結果的にスイング治しの迷路にハマっている方が多いですね。

 

Dr.ヒツモト
まさに昔の自分ですね。それでも稀に一時的に調子が上がったりするからやめられなくなるんだよなぁ(笑)

 

シモダ
まあ、そういう楽しみ方もありますよね(笑)

 

Dr.ヒツモト
しかし、切り返しの動きって変えるのが難しいですよね。

 

シモダ
そうなんです。その大きな原因がスイングのスピードなんです。

 

Dr.ヒツモト
たしかに形だけやゆっくりした素振りなら自分の思った動きができますよね。

 

シモダ
それは誰でも簡単にやれますね。

 

Dr.ヒツモト
それが実際に打つときにスピードがつくのでゆっくりではやれた動きができなくなってしまうわけですね。

 

シモダ
そうなんです。スピードが頭でイメージしている動きを壊してしまうわけです。

 

Dr.ヒツモト
しかし、ボールを飛ばすにはスイングのスピードは必要ですよね。そこをどう解決するんでしょう?

 

シモダ
それは簡単に言うと逆にスピードがついた方が良い動きになる動かし方にするということです。

 

Dr.ヒツモト
そんなやり方があるんですね。

 

シモダ
はい。ありますね。

 

Dr.ヒツモト
それは詳しく聞きたいな。

 

シモダ
既にこのブログでは何度かお話ししてますが、今回はもう少し詳しく解説してみましょう。

では、まずは下の動画をご覧ください。

 

 

シモダ
切り返しでまったく手首のタメを作っていないのがよく分かると思います。

 

Dr.ヒツモト
よく分かります。たしかにタメてませんね。

 

シモダ
それともうひとつクラブが立たないで背中側に動きながらダウンスイングに入っているのがわかりますか?

 

Dr.ヒツモト
はいはい。そう動いてますね。

 

シモダ
つまりこの2つがポイントです。

 

Dr.ヒツモト
タメないでクラブを背中の方から切り返すということですか?

 

シモダ
そうです。切り返しでタメる動きを作らないままクラブを後ろの軌道で下ろすことで逆にダウンスイングの途中でタメができるというスイングになるんです。

 

Dr.ヒツモト
最初にタメないことでその後のタメができると。

 

シモダ
ボールを打とうと身体は飛球線方向に回転していきますのでその動きが背中側に動いたクラブを引っ張る形になりますから。

 

Dr.ヒツモト
なるほど。後ろにあるクラブヘッドを引っ張るからタメができるわけだ。

 

シモダ
そうなんです。しかもこれだと身体の捻り戻しや回転のスピードがつくほどに強いタメが作られることになります。

 

Dr.ヒツモト
実際やってみると不思議な感じですね。これで当てるのは難しそうですが。

 

シモダ
いえいえ。本人はタメるとかグリップを落とすとかいう意識がまったくなくボールに当てにいってるだけなので実はそんなに難しくないんです。

 

Dr.ヒツモト
そうなんですね。

 

シモダ
まあ、多少タイミングに慣れる必要はありますが。

 

Dr.ヒツモト
やはり最後はタイミングとイメージですよね。いずれにしても練習が必要ですね。

 

シモダ
はい。少し練習すれば年齢性別に関係なく誰でもできますのでぜひトライしてみてください。

 

ライン@にご登録頂くと技術、フィジカル、メンタル、クラブなどアマチュアゴルファーの方が上手くなるための全ての分野の情報をご覧頂けます。

ご登録はこのボタンを押してください

友だち追加

タイトルとURLをコピーしました