トップや弱い当たりのミスを解決!強いインパクトを作るダウンスイングの左肩の低さについて

ダウンスイングでの左肩の低さはとても大事です。

左肩が低い状態でダウンスイングすることで長くて強いインパクトが生まれます。

今はまだ正確に数値化できているわけではないですが、プロの世界でもこのダウンスイングでの左肩の低さはその選手の調子良し悪しを計るバロメーターのひとつです。

今回はこの切り返しからダウンスイングでの左肩の動きについて考えてみます。

 

下田信司
神戸&東京レッスン

 




左肩が上がるデメリットとは

左肩が上がると
トップボールのミスになる

ダウンスイングで左肩が大きく浮き上がってしまうと、当然クラブヘッドはボールよりも上を振ることになります。

そのままの軌道ではボールの頭を叩くトップのミスになります。

よくアマチュアの方がコースで打つトップのミスはほぼこの左肩のエラーな動きが原因だと考えられます。

トップボールのミスは切り返しからダウンスイングでの左肩の浮き上がりが原因だと考えられます。

 

少しの浮き上がりでも
インパクトは弱くなる

またこの切り返しからダウンスイングでの左肩が浮き上がりは、その動きが少ない場合でもインパクトが弱くなるという現象に繋がります。

ボールがクラブのロフト以上に上がり過ぎたり、各番手のクラブで思った様な飛距離が出ないという場合はこの左肩の浮き上がりを疑ってみる必要があります。

切り返し以降で少しでも左肩が浮き上がると、加速したクラブヘッドの力がボールにしっかりと伝わらないインパクトになってしまいます。

 

なぜ左肩が上がるのか?

力みから肩が上がる

左肩が上がる大きな原因のひとつが力みです。

「ボールに上手く当てたい」

「ミスが出たらどうしよう」

などの精神的な要因からスイングに力みが生まれます。

特にボールに向かってクラブヘッドの加速が始まる切り返しから過度に肩に力が入る方は非常に多いです。

いつもこのブログで解説しているように切り返しでのクラブの動きのミスはミート率に直結しますので上手くなるためにはこの力みは必ず解決しておきたい問題です。

スイング中の力みは左肩の浮き上がりに繋がります。特に切り返しでの力みはダウンスイングのクラブヘッドの軌道も大きく崩してしまいます。

 

視覚的な要因で肩が上がる

左肩が上がるもうひとつの原因としては視覚的な情報の影響が考えられます。

つまり、見た目のボールの状況によってボールを打ち上げようとして左肩が浮き上がってしまうというパターンです。

ドライバーはそこそこ当たるのにセカンドショット以降の芝からのショットが当たらないという場合は、この視覚情報によって左肩が上がるエラーになっていると考えて良いでしょう。

視覚的な情報によってボールを打ち上げようと左肩が上がってしまいます。

 

左肩を上げない方法

肩の脱力を意識する

左肩を上げないことに限らず、このスイング中の脱力はアマチュアゴルファーの方にとっては解決すべき永遠のテーマとも言えます。

解決方法としては様々ありますが、まずはボールはクラブが飛ばすものと考えて肩の力を抜きましょう。

また技術的な解決法としていちばん有効的なのは、グリップを握り過ぎないことです。

特に左手の小指を握り過ぎてしまうと左肩が強く力んでしまうので、常に意識して緩く握る癖を付けることをおすすめします。

スイング中にグリップを握り過ぎないことで過度な力みを防ぐことができます。特に切り返しでの左手小指の握り過ぎには要注意です。

 

意識で低くする

実は左肩の浮き上がりは単純に左肩を低くする意識でも修正することができます。

しかし、この意識で肩を下げることは切り返しでのクラブの動かし方とワンセットになりますので、まずはミート率を上げるための切り返しの技術を身に付ける必要があります。

ミート率を上げる切り返しの技術を身に付けることで意識によってダウンスイングで左肩を低くすることができます。

 

左肩が低くなれば
インパクトが変わる

エネルギーロスのない長いインパクトゾーンを作るためには、ダウンスイングで左肩を低く動かすことが重要なポイントです。

この切り返しからダウンスイングでの左肩の動きが低くければ低い程に長くて強いインパクトを作ることができます。

特に芝の上から打つショットでは左肩の動きによって大きな球筋の差が生まれます。

アマチュアゴルファーの方でも左肩が低い状態でダウンスイングできれば、クラブはヘッドの入射角度も良くなり適正なスピンによってプロのような綺麗な球筋の止まるボールが打てるようになります。

切り返し〜ダウンスイングで左肩を上げないことでエネルギーロスのないインパクトが作れます。

 

ライン@にご登録頂くと技術、フィジカル、メンタル、クラブなどアマチュアゴルファーの方が上手くなるための全ての分野の情報をご覧頂けます。

ご登録はこのボタンを押してください。

友だち追加

タイトルとURLをコピーしました