意外と知られていないミート率を上げる簡単なインパクトの作り方とは?


下田信司神戸&東京レッスン

今回はミート率を上げるインパクトの作り方について詳しく解説します。

ここは意外に勘違いしている方が多いので、このポイントを覚えるだけでゴルフが随分と簡単になると思います。

 

正しいインパクトの作り方

「ボールの先のターフを取れ」は嘘

シモダ
今回はインパクトの作り方というか、ボールへのクラブヘッドの入れ方についてお話します。

 

Dr.ヒツモト
お願いします。
我々アマチュアはダフることが多いので、何かダフらないコツがあればぜひ教えてもらいたいです。

 

シモダ
なるほど。
では、ダフらないために何か気を付けているポイントはありますか?

 

Dr.ヒツモト
やはりボールの手前を打たないように気を付けているくらいですかね。

 

シモダ
というと、よく言われているボールの先のターフを取る的なイメージですか?

 

Dr.ヒツモト
まさにそれです。

 

シモダ
それは危険ですね。

 

Dr.ヒツモト
え!ダメなんですか?

 

シモダ
はい。実はボールの先を打とうとすればするほどダウンスイングでクラブを上から入れる動きが強くなるのでカット軌道のスイングになってしまいます。

 

Dr.ヒツモト
カット軌道のスイングですか?

 

シモダ
ええ。ほとんどの方がボールの先にクラブヘッドを落とそうとして切り返しからクラブを立てながら上から打ちにいく悪いダウンスイングになってしまいます。

ダフりを防ごうとしてボールの先のターフを取るようにクラブヘッドを下ろそうとするとカット軌道のスイングになってしまいます。

Dr.ヒツモト
たしかに上から打つ感じになりますね。それがカット軌道になるとは考えたことがなかったです。

 

シモダ
仮にそのイメージでダフらずに打てたとしてもスイングがアウトサイドインのカット軌道なので良いボールは打てません。

 

Dr.ヒツモト
たしかにカット軌道だといろいろなミスが出ますね。

 

シモダ
はい。前にもご説明しましたが、まずは引っ掛け、そしてその引っ掛けを嫌がってカット軌道のまま右にボールを打とうとするとインパクト前にクラブを寝かすことになり大ダフりになってしまいます。

 

Dr.ヒツモト
カット軌道のミスの連鎖というやつですね。ダフりを防ぐためのボール先のターフのイメージが結果ダフりを強めてしまうということですか。

 

シモダ
そうです。心理的にダフると次はもっと上からクラブを入れたくなりますから、その分カット軌道が強くなってミスが大きくなってしまいます。

 

ボールだけをクリーンに狙うのも間違い

Dr.ヒツモト
ではダフりを防ぐためにはボールだけをクリーンに打つイメージの方が良いということですか?

 

シモダ
そういうイメージの方も多いでしょうが、実はそれもマズイやり方なんです。

 

Dr.ヒツモト
そうなんですか?

 

シモダ
はい。クリーンにボールだけを打とうとすると多くの方が左肩を持ち上げて軌道がアッパーなスイングになってしまします。

 

Dr.ヒツモト
それだとトップボールになりますね。

 

シモダ
そうなんです。ダフりは防げても結果トップボールのミスが出る確率が高くなってしまいます。

 

Dr.ヒツモト
なるほど。自分の場合アプローチなんかまさにそうなります。

 

シモダ
ショットは加速するのでハーフトップでもボールが上がってくれる場合もありますが、スイングの加速が少ないアプローチでは全くボールが上がらないトップボールのミスになりますよね。

 

インパクトをシンプルにするためには
ヘッドは積極的に手前から入れるが正解

Dr.ヒツモト
ボールの先のターフのイメージで打つのもダメ、ボールをクリーンに打つのもダメでは一体どうすれば良いのでしょう?

 

シモダ
その答えは積極的にクラブヘッドをボールの手前から入れることです。

 

Dr.ヒツモト
え!わざとダフらせるということですか?

 

シモダ
はい。そうです。

 

Dr.ヒツモト
それで大丈夫なんですか?

 

シモダ
それがポイントをひとつだけ押さえておけば大丈夫なんです。

 

Dr.ヒツモト
それはぜひ教えてください。

 

シモダ
まず大前提として知っておきたいのはクラブヘッドは地面を滑るように作られているということです。

 

Dr.ヒツモト
クラブの性能を活かすということですか。たしかにプロはクラブを滑らせて打つというのをどこかで聞いたことがあります。

 

シモダ
プロはクラブを上手く使えるのでそういうイメージで打っている人が多いですね。

 

Dr.ヒツモト
そうは言っても手前からというのはアマチュアには怖いですよね。

 

シモダ
そこで大事なのがクラブヘッドをヒール側から地面に当てていくということなんです。

 

Dr.ヒツモト
ヒールからですか?

 

シモダ
はい。ヒール側からだと必ずクラブヘッドは地面を滑ってくれます。

 

Dr.ヒツモト
では、アマチュアがよく出る飛ばないダフりは逆にクラブヘッドのトゥ側から地面に当たっているということですか?

 

シモダ
その通りです。トゥ側から地面に当たるとクラブヘッドが刺さって止まってしまうのでボールが飛ばないダフりになってしまします。

 

Dr.ヒツモト
そうなんですね。それは単純にヒール側から地面に当てるイメージだけで良いということですか?

 

シモダ
アプローチなどのバックスイングを上げないショットはそれだけで良いですね。

 

Dr.ヒツモト
では大きく振るショットでは何か必要な動きがあるということですね。

 

シモダ
普通のショットの場合はダウンスイングでクラブヘッドをインサイドから下ろすということが大事な条件になります。

 

Dr.ヒツモト
やはりインサイドからのダウンですか。

インサイド軌道のダウンスイングができると自動的にクラブヘッドがヒール側から地面に当たるためボールの手前からクラブヘッドを入れても滑りながらしっかりボールにコンタクトすることができミート率が上がります。

シモダ
余程クラブのライ角が合っていない場合は別として、ちゃんとインサイドからの軌道にクラブヘッドを乗せることができると後は勝手にヒール側から地面に当たっていくんです。

 

Dr.ヒツモト
なるほど。そこはオートマチックなんですね。

 

シモダ
はい。インサイドからのダウンスイングができればクラブヘッドを入れるポイントが点ではなくボールの手前の面になりますからスイングがかなりシンプルなものになります。

 

Dr.ヒツモト
絶対にここに当てないといけないというのがなくなるわけですか。

 

シモダ
そうなんです。クラブヘッドが滑ってくれるのでアバウトに手前からで良くなりますから。

 

Dr.ヒツモト
それはアイアンでもウッドでも同じですか?

 

シモダ
もちろん全てのクラブで同じです。

どのクラブでもこの法則は同じです。

Dr.ヒツモト
そういう意味では精神的に随分と楽になりますね。

 

シモダ
楽で良いんですよ。むしろどんどん楽にしていく方法を選んでいったほうが上達します。

 

Dr.ヒツモト
たしかにアマチュアゴルファーのほうがプロよりもゴルフを難しくしてしまっているところはありますね。

 

シモダ
それは間違いないです。プロは感覚で合理的にゴルフをしますからね。

 

Dr.ヒツモト
だからこそ我々アマチュアにはちゃんとした理論が必要なんですよね。いや今回も勉強になりました。早速練習してみます。

 

上手くなる情報を毎日配信!

ライン@にご登録頂くと私のテキストによるレッスンと、プロのトレーナー兼ドラコンプロであり私の認定コーチでもある平野コーチによるレッスン動画をご覧になれます。

ご登録はこのボタンを押してください。

友だち追加

タイトルとURLをコピーしました