もう下ろし方で悩まない!切り返しの支点ずらしでインサイド軌道のダウンスイングは簡単に作れる




切り返しがゴルフの上達を決める

どんな状況からでもクラブフェースの芯でボールを捉えることができる技術を磨くことがゴルフの上達の一番の近道です。

そのためには、ミート率の高いスイングを作る必要があります。

ミート率を上げるためのスイングの絶対条件は、クラブヘッドがインサイドの軌道で下りてくるダウンスイングの動きです。

そのクラブヘッドがインサイドの軌道になるダウンスイングを作るためには、切り返しでクラブを倒すことが一番簡単な方法です。

しかし、多くの方がこの切り返しでクラブを後ろに倒す動きができません。

これは「クラブを倒すと当たらない」という本能的な意識から無意識に力を入れてクラブを立たせてしまうことが一番の原因だと考えられます。

アマチュアゴルファーの方にとって切り返しでクラブを倒すのは難しい動きです。

 

支点ずらしの技を使えば
簡単にクラブが倒せる

支点ずらしは古武術の技に似ている

私が考案したセヴンスイングメソッドには、切り返しでクラブを簡単に倒す方法があります。

それはグリップの支点ずらしという技術です。

グリップの支点ずらしとは、切り返しでグリップエンドの支点を前に動かしながらクラブを倒す技術のことです。

下の写真のように、クラブヘッドはトップ位置にキープしたままで、グリップの支点を少し前にスライドさせることで無理なく自然にクラブを倒すことができます。

切り返しでグリップエンドの支点を僅かにズラすことで簡単にクラブが倒すことができます。

この技術は倒れないと頑張っている人のバランスを簡単に崩して倒してしまうという古武術や合気道の技によく似ています。

 

グリップエンドだけを動かすことが支点ずらしのコツ

この支点ずらしの技を使うと、力を使うことなく簡単にクラブを倒すことができます。

ポイントはクラブ全体を動かすのではなく、クラブヘッドはトップの位置に残したままグリップエンドを僅かに前にスライドさせることです。

このグリップだけをスライドする動きは最初は難しい動きに感じますが、慣れてくると誰でも簡単にクラブを倒せるようになってきます。

 

支点ずらしなら自然な
インサイドダウンが作れる

切り返しで無意識の力に勝つことが
当たるダウンスイングを作るコツ

切り返しでクラブが倒れた動きになると、その後のダウンスイングでのクラブヘッドの動きも自然にインサイド軌道でインパクトへ向かっていきます。

支点ずらしの切り返しによって自然とインサイド軌道のダウンスイングが作られます。

そのインサイド軌道のダウンスイングは手元が浮かないインパクトに繋がります。

その結果、ミート率の高いスイングが可能になります。

支点ずらしを使って切り返しでクラブを倒す動きの最終的な目的は手元が浮かないインパクトを作ることです。

 

まとめ

支点ずらしの技術を使うことで、無意識に切り返しでクラブを立てる動きを防ぐことができます。

※切り返しの支点ずらし素振りからのショット動画はこちらでご覧ください。

切り返しの支点ずらし素振りからのショット

 

タイトルとURLをコピーしました