アプローチの基本的な打ち方について

アプローチのミスの
いちばんの原因とは?

シモダ
今回は30yから40yくらいのアプローチの打ち方について解説したいと思います。

 

Dr.ヒツモト
お!それはぜひ聞きたいです。そのくらいのアプローチにはコースで苦労しますから。

 

シモダ
アマチュアの方でアプローチが得意だという方は少ないですもんね。
それ以内の距離もそうですが、具体的に言うと距離を出さないアプローチスイングの難しさというのは、振り幅を小さくしてスイングスピードを出さないというところですよね。

 

Dr.ヒツモト
そうそう。我々アマチュアは思い切り振る方が簡単で、ゆっくり振るという感覚はなかなか掴み辛いですね。

 

シモダ
今回はそのポイントも含めたアプローチの基本的な打ち方について詳しくお話します。

なぜ?ゆっくり振れないのか?

手の使い過ぎに注意しましょう

Dr.ヒツモト
アプローチスイングをゆっくり振るコツってなんですか?

 

シモダ
そうですね。それにはまずなぜ早く振ってしまうのか?について考えなければいけませんね。
これは多くの場合は手を使い過ぎているというのが原因だと思います。

 

Dr.ヒツモト
手だけで打つから早打ちになるということですか?

 

シモダ
そうです。多くの方が手を使い過ぎての早打ちになっています。

 

Dr.ヒツモト
なるほど。手を使わないで打つか。

 

シモダ
はい。まあ細かく言えば手も当然使うわけですが、あくまで身体、特に上半身の動きと同調させて使ことが大事です。

 

Dr.ヒツモト
手と身体を一緒に動かすということですね。

 

シモダ
そうです。それが理想です。

でも、アマチュアの方はどうしても手を使う感覚が強いので手は全く使わないというくらいの極端なイメージを持っていて丁度良いと思います。

 

Dr.ヒツモト
なるほど。アプローチでいちばん大事なのはそこですね。

 

シモダ
はい。それを踏まえたうえで練習をしたいですね。
では詳しい基本をアドレスから順番にいきましょう。

アプローチの基本

アドレス

シモダ
まず、アドレスはスタンスラインをターゲットに平行にスタンス幅は拳1個か2個くらいで構えます。

 

Dr.ヒツモト
私は少しオープンの方が構えやすいのですが。
それはどうですか?

 

シモダ
そういう方もいますね。
オープンスタンスだとバックスイングがインサイドに上がりやすくなります。そこを理解したうえでややオープンくらいなら問題ないと思います。

 

バックスイング


シモダ
バックスイングはなるべくクラブヘッドをターゲットに対して真っ直ぐに上げます。

 

Dr.ヒツモト
この真っ直ぐな感覚が難しいですよね。

 

シモダ
ここは何か目印を置くかビデオを撮るなどして感覚と実際の動きを合わせていく練習が必要です。
ダウンスイング

シモダ
ここからは手を使わないイメージで捻った上半身をターゲット方向に捻り戻していきます。

 

Dr.ヒツモト
なるほど。この切り返しから手と身体を同調させていく。ここが大事なポイントですね。

 

シモダ
はい。ここで手を使うと打ち急ぎのミスになるので要注意です。
インパクト〜フォロー

シモダ
インパクトからフォローでも手はなるべく使わず身体と一緒に動かします。

 

Dr.ヒツモト
手を使わず打ち急がずですね。

 

シモダ
はい。ボールに当てようとしないで動きの流れの中で打つイメージが大切です。

シモダ
ボールを上げようとしてフォローでフェースが開いていたり、逆に右へのミスやシャンクを防ごうとしてフェースを返し過ぎたりする動きになっているとダウンから手を使い過ぎているということなのでそのポイントをチェックしてみるのも良いですね。

 

Dr.ヒツモト
よくわかりました。手と身体を同調させる。アプローチ名人を目指してしっかり練習します。

 

ライン@にご登録頂くと技術、フィジカル、メンタル、クラブなどアマチュアゴルファーの方が上手くなるための全ての分野の情報をご覧頂けます。

ご登録はこのボタンを押してください

友だち追加

タイトルとURLをコピーしました