体験談!どうやってオーバースイングが治ったか

今回の対談記事はレッスンでオーバースイングを治せた方と

どういう方法でオーバースイングを修正したのか?

また、動きが変わることでどういう感覚の変化があったか?

などについてお話しした内容をまとめてみました。

対談して頂いたのはこちらの方、オーバースイングにお悩みでしたが、練習によって修正に成功したドクターの山口さん。


シモダ
山口さんの場合はトップでオーバースイングとクロスシャフトという2つの大きな問題がありましたよね。

 

Dr.ヤマグチ
はい。今思うとあの動きでよくボールに当たっていたなと思うくらいひどい癖が付いていました。(笑)

 

シモダ
やはり最初は修正するのにかなり苦労しましたよね。

 

Dr.ヤマグチ
そうですね。

 

シモダ
でも、
今では別人のようなトップですもんね。

 

Dr.ヤマグチ
ええ、コースでは力むとまだ少しクロスにはなりますが、オーバースイングになることはないですね。

 

シモダ
練習場では完全に別人ですよね。

 

Dr.ヤマグチ
おかげさまで。いい感じになりました。

 

グリップを握らないことで
オーバースイングが治った

シモダ
具体的にはオーバースイングを治すのにどういった練習法というか意識の変化がいちばん効果的だったんでしょう?

 

Dr.ヤマグチ
これはコーチに左手グリップの力を抜いてと言われたのがいちばん大きかったですね。

 

シモダ
そうでした。確かにあれがターニングポイントでしたね。

 

Dr.ヤマグチ
そうです。左グリップの力を凄く抜いて、とくに小指をまったく握らないような感じにしたらトップでクラブが右の人差し指付け根に乗る感覚がわかるようになりました。

それで、自分の意識と動きがピッタリきましたね。今まで無意識でわからなかったトップでのクラブヘッドの位置が意識できるようになりました。

 

シモダ
なるほど。トップを止めようとグリップを強く握ることが逆にオーバースイングとクロスシャフトを作っていたということですね。

 

Dr.ヤマグチ
まさにそれです。あとトップでグリップをしっかり握った方が飛ぶというイメージがあったのでとにかく強く握ってました。

 

シモダ
でも実際は今の方が飛距離は伸びましたよね。

 

Dr.ヤマグチ
そうなんですよ。左グリップを握らないでトップが小さくなった方が距離が伸びました。

 

シモダ
でも、トップが変わるのは最初はかなり違和感があったでしょ?

 

Dr.ヤマグチ
はい。でもすぐに慣れましたね。

さっきも言ったように自分の意識と動きが重なったので、それでボールを打つのが怖くないというか面白い感覚でしたね。

 

シモダ
そこは重要ですよね。感覚と動きが合わないとスイングはほんとには変わりませんから。

よく素振りは良くなったのに実際にボールを打つと変わらないという現象はここに原因がありますから。

 

Dr.ヤマグチ
はい。それは身をもって体感しましたね。

 

シモダ
その他にオーバースイングが治ったことのメリットというのはありますか?

 

Dr.ヤマグチ
ミート率が良くなりした。

とくにアイアンが。

 

シモダ
それはコースでも?

 

Dr.ヤマグチ
ええ、コースでも。

そこは凄く楽になりましたね。

 

シモダ
ミート率が上がるからアイアンも飛びますよね。

 

Dr.ヤマグチ
はい。飛ぶのもそうですが、もうひとつ嬉しかったのがバンカーからでもちゃんと当たってボールが上がるようになったことです。

 

シモダ
それはいいですね。

 

Dr.ヤマグチ
はい。トップを治してほんとに良かったなと思いました。(笑)

 

オーバースイングは治すべき癖

山口さんの結果をみても、やはりオーバースイングは治すべきだと思います。

今回の対談でのいちばんのポイントは左手グリップを握らないことで感覚が出てトップの位置が良くなったというところでしょう。

逆に言えばグリップを握り過ぎている事が原因でオーバースイングになっている。

山口さんに限らず多くの方がそうなっている可能性があります。

オーバースイングやクロスシャフトでお悩みの方は、ぜひこのポイントを意識して練習されてみることをおすすめします。

 

ライン@にご登録頂くと技術、フィジカル、メンタル、クラブなどアマチュアゴルファーの方が上手くなるための全ての分野の情報をご覧頂けます。

ご登録はこのボタンを押してください

友だち追加

タイトルとURLをコピーしました