もう変なスイングとは言わせない!綺麗なトップを作るための3つの条件とは?

東銀座ゴルフスクールでは、このブログのメソッドを使ったレッスンを行っています。

実戦的な切り返しに繋がる
綺麗なトップの定義とは?

いつもお話ししているように私が考えるゴルフスイングの数ある部分的な動きの中で1番結果に直結する最重要ポイントはトップからダウンスイングへの切り返しの動きです。

そういう意味で今回のテーマである良いトップの形とは良い切り返しの動きに繋がる形というのが大事な条件となります。

そのために大事なのが飛球線後方からスイングを見たときのクラブの位置、シャフトの角度、フェースの向きです。

この3つがしっかりと良いポジションに収まっていることが実用的且つ綺麗なトップを作る大事な要素となります。

実戦的な切り返しの動きに繋げやすい良いトップの条件は飛球線後方から見てクラブの位置、シャフトの角度、フェースの向きの3点が正しく収まっているかということです。

 

大事な3つのポイントを抑えて
綺麗で実用的なトップを作る

ではその3つのについて詳しく解説していきます。

【クラブの位置】

ますは飛球線後方から見たときのクラブの収まる位置についてです。

トップでのクラブの位置はグリップエンドが右足のくるぶし(又は踵)の延長線上に収まるようにします。

頭を止たままイメージした位置(クラブのグリップエンドが右足のくるぶし又は踵の上)まで一気にクラブを上げていきます。

バックスイングからトップでは身体を捻る意識はそれほど強く持たなくても構いません。

クラブの重さと振り上げる反動で身体は自然と十分な捻転が作られます。

大事なのはしっかりと頭を止めておくことです。

頭が止まることで手が行き過ぎにならずオーバースイングを防ぐことができます。

 

【シャフトの角度】

次にシャフトの角度です。

切り返しの動きを良くするためにはトップでのシャフトの角度はクラブヘッドがボールとターゲットを結んだラインに対して平行、もしくは少し左を差す形(ややレイドオフ)になるのが理想的です。

ドライバーのような長いクラブは振り上げる勢いが強くなる分、ボールとターゲットを結んだラインに対して平行になる可能性が高くなります。

平行までならOKですが、それを越えて過度なクラスシャフトになるのは切り返しの動き壊す原因となるためNOとなります。

【フェースの向き】

最後にフェースの向きです。

トップでのフェースの向きは真っ直ぐに伸びた左手甲の面と同じ向きに揃えるようにします。

このトップでのフェースの向きもクラブを立てない切り返しとフラットなダウンスイング、そしてインパクトでのクラブの入り方に大きく影響します。

必ずご自分のスイングをビデオに撮ってこのトップでのフェースに向きを確認することをおすすめします。

トップでのフェースの向きがズレているとそれ以降の動きが悪くなるので注意が必要です。

 

良くないトップの例

オーバースイングとクロスシャフト

まず代表的な例がオーバースイングとクロスシャフトです。

多くの場合この2つはセットになるものです。

このオーバースイングやクロスシャフトになる原因は「ボールを飛ばしたい」という意識による影響が強いと思われます。

トップを大きくした方が飛びそうな感じはしますが、実際はトップの大きさと飛距離はまったく関係ありません。

まずは練習場又はコースで上げないトップでも飛ばせるという成功体験を作りましょう。

 

オープンフェースとクローズフェース

これも2つもよくある例ですが、クラブフェースを極端に開いたり、また逆に閉じたりしてしまうトップです。

このフェースの向きはどちらもスイングを複雑にしてしまう要因になります。

オープンフェース

クローズフェース

切り返し以降の動きをシンプルなものにするためにも常にトップでのフェースの向きには十分に気を使いたいものです。

 

まとめ

  • 良いトップとはクラブが立たない実戦的な切り返しに繋げやすい形のこと
  • チェックポイントは飛球線後方から見たときのクラブの位置、シャフトの角度、フェースの向き

 

ライン@にご登録頂くと技術、フィジカル、メンタル、クラブなどアマチュアゴルファーの方が上手くなるための全ての分野の情報をご覧頂けます。

ご登録はこのボタンを押してください

友だち追加

タイトルとURLをコピーしました