トップのクロスシャフトの治し方

今回はトップでのクロスシャフトの治し方についてです。

トップでシャフトがクロスした動きになる原因は大きく分けて2つあります。

 

なぜクロスシャフトになるのか?

クロスシャフトの原因①

フラット過ぎるバックスイング

クロスシャフトの原因のひとつは始動かもしくはバックスイングの途中でクラブを極端にインサイドに上げてしまうことです。

その反動からトップでクラブがクロスしてしまいます。

バックスイングをインサイドに寝かせて上げる反動でクロスシャフトのトップになります。

 

クロスシャフトの原因②

身体を捻ろうとする意識が強すぎる

もうひとつの原因はバックスイングで身体の捻りを強くしようとして身体全体を横に動かしてしまうことです。

この場合は本人の捻った感覚は強くなりますが軸自体が動いているので上半身の捻りは逆に弱くなります。

バックスイングを捻ろうとする意識が強すぎて軸が動いてしまうこともクロスシャフトになる原因です。

 

クロスシャフトを治す方法

方法①
バックスイングの軌道を治す

インサイドに引き過ぎがシャフトクロスの原因になっている場合には、まずは中間距離のアプローチスイングでインサイドに上げない軌道に修正しましょう。

ポイントはグリップが腰の位置に上がった時にクラブヘッドがグリップよりも外にある意識でバックスイングします。

グリップはインサイドにクラブヘッドはやや外に上げる意識でバックスイングしましょう。

 

方法②
軸を止めて捻る

身体が揺れてクロスシャフトになる場合は頭を止めた状態で胸椎だけ捻る感覚を身に付けましょう。

人間の背骨は胸椎の部分が45度捻れるようにできています。このようなドリルで頭を動かさないで胸椎だけを捻る練習をしましょう。

 

方法③
右腕の使い方を覚える

シャフトクロスを防ぐバックスイングからトップまでの右腕の使い方を覚えましょう。

写真のように右腕を捻ることでシャフトクロスを防ぐことができます。

片手だけでは極端なレイドオフの形になりますが、両手でバックスイングをした場合はここまでの動きにはなりません。クロスがなかなか治らないという方はこのくらい強く癖をつけることでクロスシャフトが修正できます。

トップを含めたバックスイングについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

タイトルとURLをコピーしました