バックスイングの上げ方について超わかりやすく解説してみました

バックスイングの上げ方に迷われているゴルファーの方は多いようです。

そこで今回はバックスイングからトップまでの上げ方について解説します。

初心者ゴルファーでも
わかるバックスイングの上げ方

1.バックスイングのスタート

スタートは静かにクラブを引く

まずはバックスイングのスタートです。

「飛ばそう」とか「当てたい」という気持ちが強くてスタートで身体やクラブが暴れる方を多く見かけます。

ここで力を入れてもボールは飛びませんし、身体が暴れる動きによってミート率も悪くなります。

あくまで力まずやさしくそっとクラブヘッドを引いていくようにしましょう!

スタートで大事なのは、アドレスでセットした肩のラインに並行に真っ直ぐにそっとクラブヘッドを引いていくことです。

また、このとき必ず頭を止めておく意識を持ちましょう。

頭を止めて真っ直ぐにそっとクラブヘッドをひいていきます。

 

2.バックスイングの途中

コックを使ってクラブヘッドを持ち上げる

次にバックスイングの途中です。

途中とは、クラブヘッドが膝から肩上くらいまで動く間です。

クラブヘッドが膝を過ぎた辺りでコックを使ってクラブヘッドを持ち上げて(立てて)いきます。

このコックの動きは、右手の人差し指を使ってクラブヘッドを持ち上げていくのがポイントです。

クラブを立てる動きによって両腕にかかるクラブヘッドの重さが消せるので、力まないでクラブを上げていくことができます。

また、このクラブを持ち上げる(立てる)動きでインサイドに引き過ぎるミスも防ぐことができます。

バックスイングの途中では右手人差し指を使ってクラブヘッドを持ち上げていきます。

 

3.バックスイング後半からトップまで

クラブを右手の人差し指つけ根に乗せる

バックスイングの後半からトップでは、コックで立てたクラブをそのまま右手の人差し指のつけ根に乗せていきます。

クラブが完全に指のつけ根に乗り切ったらトップが完成します。

クラブを右手人指しの付け根に乗せながらトップ位置まで上げたらクラブを倒しながら切り返しの動きに繋げていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました