スイングは円運動、全体のイメージを掴むことで動きが変わる

スイングはインサイドインの円運動

いつもこのブログでご説明しているようにミート率を上げるために最も大事な動きはトップからダウンスイングへの切り返しの動きです。

今回は少し角度を変えてスイングの全体のイメージからこの切り返しの重要性を考えてみたいと思います。

 

下田信司神戸&東京レッスン

 

良いスイングではクラブヘッドが
インサイドインの軌道を描く

当然ですがゴルフスイングというのは円運動です。

自分の頭を中心として左右対称の円を描いて振るのが理想と言えます。

(実際は人間の体は機械ではなくしなりがあるので限りなく左右対称に近く振ることが理想的なスイングということになります)

左右対称の円で振るということはクラブヘッドの軌道がダウンスイングでインサイドから下りてきてインパクト以降はインサイドに抜けていく動きになるのということです。

これをインサイドイン軌道のスイングと呼びます。

スイングは頭を中心とした円運動です。

 

インサイドイン軌道とは
ダウンからフォローのクラブヘッドの動き

当然、スイングの前半であるバックスイングを上げる軌道も切り返し以降の動きに影響するのでとても大事です。

しかし、ボ―ルを正確に打つためにはダウンスイングからフォローのクラブヘッドの軌道が最も重要となります。

先程もご説明したように、インサイドイン軌道というのはダウンスイングからフォローへのクラブヘッドの軌道のことを意味します。

ゴルフスイングではこのダウンからフォローへのインサイドイン軌道、つまり振り下ろしてから振り抜くまでのクラブヘッドの円運動をイメージすることがとても大事です。

インサイドイン軌道とはダウンスイングからフォローでのクラブヘッドの円の動きです。

 

インサイドインのスタートは切り返し

その大事なインサイドインのスイングのスタートがトップからダウンスイングへの切り返しの動きです。

いつもお話ししている切り返しでクラブ(シャフト)を立てないということがインサイドイン軌道のスイングをするために絶対に不可欠な条件となります。

そういう意味でも切り返しの動きがとても重要だということがお分かり頂けると思います。

切り返しはインサイドインの円で振るためのスタートの動きとなるのでとても大事です。

 

インサイドイン軌道は切り返しで作る

切り返しでクラブを立てないことが
オートマチックに綺麗な円運動で振る秘訣

インサイドイン軌道のスタートである切り返しでクラブヘッドをインサイドから下ろせる軌道に乗せる動きが成功すれば、後は自然にその後のダウンスイングの軌道もインサイド軌道を作ることが出来ます。

そして、その後もオートマチックに無理のないインサイドへの軌道のフォローへと繋がっていきます。

切り返しの動きの成功はその後もオートマチックに無理のない円軌道の動きに繋がっていきます。

後はスピードがついたクラブヘッドをしっかりとフィニッシュに収めていけば綺麗な円運動のスイングが完成します。

最後は加速しているクラブヘッドを両手首のコックを使ってフィニッシュに収めます。

 

切り返しを失敗したカット軌道では
左右対称の円では振れない

逆にクラブヘッドの円運動をイメージしてスイングしても左右対称に振れない場合は切り返しの動きが失敗している可能性が高いということになります。

この場合は左に振り抜けるほどボールが左に出るミスになります。

そして、それを嫌がると大体の方がフォローに向けてクラブヘッドをアウトに振って左へのミスを防ごうとします。

そうなると今度は右へのプッシュかダフりのミスになってしまいます。

このように切り返しのミスが発端となって、あらゆるミスを生む悪循環が生まれます。

切り返しで少しでもクラブを立ててしまうとクラブヘッドはアウトからの軌道となるため左右対称に振ることが出来ません。

悪い切り返しのまま強引にインサイド(左)に振り抜くと出球が左のミスになりそれを切っ掛けにいろいろなミスを作ってしまいます。

 

良い切り返しからのインサイドへの
振り抜きで飛距離が伸びる

当たる切り返しからしっかりとクラブヘッドをインサイドに振り抜くことでボールにロスなく力が加わります。

その結果、当然飛距離もアップします。

そのためにはまずインサイド軌道のスタートである切り返しの動きを良くすることが何より大事なポイントです。

また切り返しを中心のスイング全体を考えることでスイングがとてもシンプルなものになります。

良い切り返しは当たるダウンスイングの軌道を自然に作ります。その当たる軌道のまましっかりと左に振り抜くことでエネルギーロスのないインパクトが完成します。

 

まとめ

  • スイングはクラブヘッドの円運動であり、頭を中心とした左右対称感が強いほど良い
  • 左右対称の円で振るためには、そのスタートである切り返しの動きが重要
タイトルとURLをコピーしました