ダウンスイングのチェック法

スイングってどこを
どう見ればいいの?

今回はゴルフスイングのチェック法の3回目、ダウンスイングのチェックポイントについてです。

前回までの記事を読まれていない方はこちらから
【ゴルフスイングのチェック法】

①アドレス編

②バックスイング編

 

ゴルフスイングの
チェックポイント③

ダウンスイングの
チェックポイント

Dr.ヒツモト
さて、今回はコーチがスイングでいちばん重要だと考えるダウンスイングについてですね。

 

シモダ
はい。まさに1番重要なところです。

 

Dr.ヒツモト
そもそも、なぜダウンスイングが最重要ポイントなのでしょう?

 

シモダ
それは単純にボールに当たるか当たらないかにいちばん影響するポイントだからです。

 

Dr.ヒツモト
それは大事ですね。我々一般的なアマゴルファーは緊張するとほぼミスショットになるから。

 

シモダ
はい。 コースでは練習場と違って常に緊張した状態でショットしないといけないわけですから。

 

Dr.ヒツモト
逆にプロが緊張してちゃんとクラブにボールが当たらないというのはほとんど見ないですもんね。

 

シモダ
そうなんです。プロの場合はどれだけ緊張してもちゃんとボールに当たるから逆にアドレナリンが出て飛び過ぎたりしますよね。

 

Dr.ヒツモト
その大きな差はダウンスイングなんですね。

 

シモダ
そうです。もっと細かく正確に言うとトップからダウンへの切り返しの動きが凄く重要です。

ミート率の良し悪しは、ほぼ切り返しの動きでで決まります。

 

問題は切り返しで
シャフトが立つこと

切り返しのミスがカット軌道を生む

Dr.ヒツモト
では、どういう切り返しがダメで、正しい動きはどうなれば良いのかを教えてください。

 

シモダ
はい。まず私が考えるいちばんダメな動きはクラブ(シャフト)が立つ切り返しです。

 

Dr.ヒツモト
シャフトが立つ切り返しね。それがどうして良くないのしょう?

 

シモダ
これがかなり厄介で、そういう動きになるとまず多く方の場合はカット軌道のスイングになります。

 

Dr.ヒツモト
カット軌道だとスライスしますよね?

 

シモダ
はい。それだけではなく、逆に引っかけの原因にもなります。

 

Dr.ヒツモト
右も左もいくわけだ。

 

シモダ
そうなんです。この場合ボールはアドレスで狙ったラインよりも左でのミスになります。

 

Dr.ヒツモト
左のミス?

 

シモダ
つまり、引っ掛けはそのとおりわかりやすい左へのミスですが、カット軌道でのスライスは一度構えたラインよりもボールが左に飛び出して大きく右に曲がるミスになるのでアドレスのラインから見ると左のミスということになるんです。

 

Dr.ヒツモト
なるほど。構えたラインよりも左という意味で左のミスというですか。

 

シモダ
そうです。ちなみにこれはコースに行くとアドレスが右を向いてしまう原因のひとつでもあります。

 

Dr.ヒツモト
それは怖い。自分も右を向いてのミスはよくやりますから。

 

シモダ
なによりカット軌道の悪いところはちゃんとボールに当たったとしても飛び出す方向や曲がり幅が予測できないところです。

 

Dr.ヒツモト
まさに打ってみないと分からないというやつですね。

 

シモダ
そうですね。普通に当たると構えたラインよりも左からのスライスで、それを真っ直ぐ行かそうとフェースを被せていくと今度は左に出て左という最悪のボールが出てしまいますから。

 

Dr.ヒツモト
その迷路にはまっている人は多いと思うなぁ。

 

シモダ
ミスの根本的な原因がカット軌道にあるわけですから、そこを治さないことには構えた方向にボールを真っ直ぐに飛ばすのは難しいわけです。

切り返しでのクラブ(シャフト)が立って肩の上からのダウンスイング軌道になることが、スライスや引っ掛けの大きな原因です。

 

右へのミスも切り返しの動きが原因

Dr.ヒツモト
では、逆に右にミスをする場合は切り返しが立つミスが原因ではないということですか?

今の理屈だと切り返しでクラブが立つ動きのスイングだと右へのミスのはないということですよね?

 

シモダ
それがそうではないんです。

 

シモダ
困ったことに、切り返しのシャフトが立つ動きを治さないで左へのミスを防ごうとするとインパクト前に急激にクラブ(シャフト)を寝かせた動きになるんですよ。

 

Dr.ヒツモト
あ!それ分かります。
自分の場合左を嫌がってインサイドアウトに振ろうとしたときにやっちゃう感じです。

 

シモダ
まさにそれです。

 

Dr.ヒツモト
それでボールが右に行くわけですね。

 

シモダ
はい。その場合は構えたラインよりもかなり右に飛び出しますね。

 

Dr.ヒツモト
右に出て大きくスライスするボールになるんですよね。

 

シモダ
はい。実はシャンクもこの動きが極端になるのが原因なんです。

ボールが右に飛び出してからのスライスやシャンクなどの構えたラインよりも右でのミスも切り返しでクラブが立つ動きが根本的な原因です。

Dr.ヒツモト
ほんとに切り返しのミスは厄介なんですね。

 

シモダ
はい。しかし、逆に考えるとこのポイントが良くなればゴルフは一気に上達すると言っても過言ではないです。

 

肩下ダウンを目指すべし!

Dr.ヒツモト
では、その一気に上達できる切り返しとはどういう動きのことでしょう?

 

シモダ
それは切り返しでクラブが立つ動きがなく、肩の下からの軌道でダウンスイングしていくというのが理想的な動きですね。

 

Dr.ヒツモト
インサイドからのダウンスイングというやつですね。

 

シモダ
そうです。切り返しでクラブを立てない動きがインサイドからのダウンスイングを作るということです。

 

Dr.ヒツモト
なるほど。良いダウンスイングは良い切り返しにありということか。

 

シモダ
この動きができれば特別な意識がなくちゃんとボールに当たりますから、ぜひアマチュアの方にこそこの動きを習得してもらいたいですね。

 

Dr.ヒツモト
それはぜひ覚えたいですね。なんといっても見た目も綺麗だし。

切り返しでクラブ(シャフト)を立てず、肩の下からダウンスイングすることでミート率は飛躍的に上がります。

Dr.ヒツモト
では、まとめるとダウンスイングでのチェックポイントはなんといっても切り返しの動きということですね。

 

シモダ
そういうことです。クラブ(シャフト)が立っていないか?肩下からの軌道になっているか?の2つということです。

 

Dr.ヒツモト
なるほど。いつも聞いてる話だけど改めて切り返しの大事さがよくわかりました。これからも切り返しを強く意識して練習します。

次回、フォロースルーのチェック法に続く

 

 

ライン@にご登録頂くと技術、フィジカル、メンタル、クラブなどアマチュアゴルファーの方が上手くなるための全ての分野の情報をご覧頂けます。

ご登録はこのボタンを押してください

友だち追加

タイトルとURLをコピーしました