インパクトが抜けるミスを防ぐ方法

そんなに悪い感じのスイングではないのにボールが飛ばない場合に「インパクトが抜ける」という表現をすることがあります。

これはインパクトで上手くボールに力が伝わらないミスのことです。

切り返しからダウンスイングを失敗した場合はボールに当たらないのであきらかなミスだと判断できます。

しかし、厄介なことに切り返しからダウンスイングでクラブを上手く下ろせたときでも時折出てしまうのがこのインパクトが抜けるミスの特徴です。

今回はこの原因が曖昧で厄介なミスの解決法について解説します。

 

東銀座ゴルフスクールでは、このブログのメソッドを使ったレッスンを行っています。

インパクトが抜ける原因は
左肩にあり

左肩が上がるとボールに力は伝わらない

結論から言うと「インパクトが抜ける」ミスの原因は左肩にあります。

切り返し〜ダウンスイングで左肩が浮き上がることでクラブが振り遅れた動きになり、ボールに上手く力が伝わらないという現象になります。

その現象が「インパクトが抜ける」というミスの正体です。

「インパクトが抜ける」ミスの原因は左肩が上がるという動きのエラーです。

左肩が上がる原因とは?

左腕の力みから左肩が上がる

左肩が上がる原因は、左腕の力みだと考えられます。

  • ダフりたくない
  • ボールを上げたい
  • 飛ばしたい

などの理由から誰しも無意識に左腕に力が入ってしまいます。

その腕の力みが肩の力みに繋がり肩が上がるというエラーな動きを生んでしまいます。

左腕が力んでしまうことで左肩が上がるエラーな動きになり、クラブの振り遅れ現象からインパクトが抜けるミスになります。

左腕の力みを取る方法

左腕の力みは小指の握り過ぎが原因

左腕の力みは無意識による小指の握り過ぎから発生します。

そのため左腕の力みを取り除くには、左手の小指を握らないという方法がいちばん効果的です。

コースで力まないためには、普段の練習からあまり左手小指を握らない習慣を付けておくのが良いでしょう。

左腕が力まないように普段の練習から小指を強く握らない癖を付けておきましょう。最初は小指を離して打つのも力みを取る効果的な練習法です。

左肩を落として
強いインパクトを作る

左腕の脱力で力まないトップから力まない切り返しの動きに繋げていきましょう。

そのまま左腕を低くする意識でダウンスイングします。

左肩が低くなるほどに強いインパクトになりボールの方向性も飛距離も上がります。

「インパクトが抜ける」ミスがなくなるということはショット力が上がるということです。

ショット力が上がるとパーオン率が上がってスコアメイクも格段に楽になります。

「左腕の脱力と左肩を低く」

ぜひチャレンジしてみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました