フィニッシュを綺麗に見せる3つのポイントとは?

綺麗なスイングに憧れている方は多いと思います。

その綺麗なスイングに欠かせないのが綺麗なフィニッシュです。

いくら良いボールを打っても最後のフィニッシュが崩れたりフラフラしてしまってきっちり立てないと良いスイングには見えません。

今回はフィニッシュの形を決めてスイングを綺麗に見せるポイントについて解説してみます。

下田信司神戸&東京レッスン

綺麗なフィニッシュを作るポイント

ポイント1

フォローでは両手首のコックの動きで
クラブヘッドをロックする

しっかりと止まった綺麗なフィニッシュを作るためにはまずその手前の動きであるフォローでダウンスイングから加速してボールを打ち抜いてきたクラブヘッドを暴れさせないことが大事です。

加速してきたクラブヘッドにはかなりな勢いがあるため、何もしないままスイングを続けてしまうとそのヘッドの勢いに引っ張られて頭や身体が暴れてしまうことになります。

そうなると当然しっかりと止まったフィニッシュを作ることはできません。

そうならないためにフォローで両手首のコックを使ってクラブヘッドを固定するようにします。

加速してきたクラブヘッドを両手首のコックを使ってロックします。この動きを入れることで勢いのついたクラブヘッドの影響で頭と身体が暴れるのを防ぎしっかりと止まったフィニッシュに繋げることができます。

ポイント2

クラブを身体に巻き付ける

フォローで加速するクラブをロックしたらそのまま両腕を使って手首からクラブを身体に巻き付けていきます。

手首からクラブを身体に巻きつけます。身体でフィニッシュを作りにいくと回転し過ぎて止まれない原因になりますので要注意です。

ポイント3

止まるという強い意識を持つ

アマチュアゴルファーの方は全般的にフィニッシュは止まらなければならないという意識が弱い傾向にあります。

綺麗なフィニッシュを作るためには止まるという強い意識を持つことが大事です。

また、この止まるという意識が過度な力みや振り過ぎを防ぐことになりスイングのバランスも良くなります。

どんな場面でもフィニッシュを止まるという意識を持ちましょう。その意識でスイングのバランスも良くなります。

まとめ

  • 止まれるフィニッシュを作るためにはフォローでは手首のコックで加速するクラブをロックする
  • クラブを身体に巻き付けてしっかりと止まる意識を持つ

 

ライン@にご登録頂くと技術、フィジカル、メンタル、クラブなどアマチュアゴルファーの方が上手くなるための全ての分野の情報をご覧頂けます。

ご登録はこのボタンを押してください

友だち追加

タイトルとURLをコピーしました