この記事を読まれる前に

必ず飛距離アップする方法

はじめまして、下田です。

私は最近、長い間ずっと探し求めていたある問題の答えをみつけました。

そのずっと探していた問題とはゴルフスイングに於ける軸の作り方です。

そして、その問題に答えを与えてくれたのが「イス軸法」というひとつのメソッドです。

このイス軸法は、椅子から立ち上がるだけで、誰でもまるで武術の達人のような強い身体の中心軸というものが作れるという夢のようなメソッドです。

この軸が身体にできあがると、一瞬で身体能力がアップします。

身体能力がアップするということは、当然飛距離もアップします。

嘘のような話ですが、これが本当なんです。

一度、騙されたと思って下の画像をクリックしてイス軸法の動画を観てください。

そして、今すぐ飛距離を伸ばしたいという方はぜひイス軸法をやってみてください。

必ず驚く結果が出るはずです。

YouTube動画はこちらから


 

プロのようなダイナミックなスイングの実践法

トッププロのような力強いスイングに憧れているアマチュアゴルファーの方は多いだろう。

クラブの加速を効率良く生み出す無駄のない身体の動きによって生まれるダイナミックなスイング。

それを身に付けることは簡単ではない。

しかし、アマチュアゴルファーの方でもプロのようなダイナミックなスイングを作ることは可能だ。

人間の身体は曲げる、伸ばす、捻るの3つの動きしかできない。

ダイナミックなスイングは、この3つの動きをバランスよく組み合わせることで可能となる。

中でも特に重要なのが身体を捻る動きだ。

バックスイングで強い身体の捻りによって溜まったパワーをダウンスイングでクラブヘッドの加速に変えていく。

この捻りのパワーによって、遠くにボールを飛ばすエネルギーが生まれる。

簡単に言うとこれがダイナミックなスイングの正体だ。

つまりバックスイングで強い身体の捻りが作れないと、ダイナミックなスイングはできないということだ。

下から上への捻り上げによってバックスイングで最大の身体の捻りが作れる

この強い捻りは、下半身から上半身への連動によって生まれる。

ちなみに、この下から上への捻りによってパワーを出すというやり方は、ゴルフに限らず野球やテニスなどの他のスポーツでも同じだ。

ただ若干違うのは、ゴルフの場合は止まった状態から動きを始めなけれならない点だ。

この止まった状態から下半身を上手く使ってスイングをスタートするのは少し難しい。

私の理論では、最初に左右のどちらかに体重を移動してから、その反動を使って下半身からのスムーズな捻りの動作に繋げるというやり方を提唱している。

体重移動の反動によって下半身の捻りのスタートがスムーズになるからだ。

時代に関係なく、ツアーで活躍しているトッププロ達もほぼ全員がこのやり方でスイングをスタートしている。

そして下半身から始まった捻りの動きは、その後トップに向かって上半身へと伝わっていく。

この下半身から上半身へと順番に身体を捻り上げることで、最大限の強い捻りが作られる。

筋肉を引きで使うことで更に捻りが強くなる

強い捻りを作るためにもうひとつ重要なのが、筋肉を引きで使うことだ。

右打ちの場合は、身体の右サイドのリードで右脚→右脇→右胸という順番で筋肉を引くように捻り上げていく。

この引きの動作によって身体の捻りは更に強くなる。

流れを止めないことでダイナミックなスイングが完成する

筋肉を引きで使うとスイングのスタートからフィニッシュまで筋肉は流れるように動き続ける。

筋肉を引きで使えていない場合は、どこかで動きが止まってしまう。

動きが止まると無駄な力みが生まれる。

よく見かけるアマチュアゴルファーのギクシャクしたスイングは、筋肉を引きで使えてないのが原因だ。

重要なのは動きの順番である

動きはゆっくりでも良い。

下半身から丁寧に捻りを作っていくのが重要だ。

そういう意味で、ダイナミックなスイングは技術で作られるものであり、決して力で作るものではないということを覚えておいて欲しい。

下田 信司

飛距離アップ特化型レッスン
BUTTOBI

ゴルフが上手くなるLINEコミュニティ

 

なぜ上手くなるのか?

難しいことからの解放

LINEでは、わずか5秒で強い身体の軸が作れる脅威のメソッドイス軸法についての詳しい解説をしています。

椅子から立ち上がるだけで、誰でも強い身体の軸が作れるのがイス軸法です。

強い身体の軸ができるとすぐに身体能力がアップします。

身体能力がアップすることで飛距離もアップします。

またイス軸法を行うと骨盤の歪みも矯正され、その影響で身体の柔軟性もアップします。

柔軟性が上がることでスイングがスムーズになりミート率も良くなります。

イス軸法で軸を作って、その軸を使ってスイングする。

たったこれだけでゴルフは上手くなります。

もう難しいスイング改造やキツイトレーニングは必要ありません。

 

どこでもできるイス軸法

このイス軸法は椅子があればどこでも簡単に行うことができます。

やり方は簡単で、椅子から立ち上がるだけです。

とはいえ、気を付けなければならない大事なポイントがいくつかあります。

LINEではその大事なポイントや軸ができた後に、その軸を効率良くスイングに取り入れる方法を詳しく解説しています。

 

イス軸法とは?

イス軸法とは、椅子から立ち上がるだけで誰でもまるで武術の達人のような強い身体の中心軸が作れるという脅威のメソッドです。

詳しくはこちらの動画で

「反則級に飛距離が伸びる魔法のようなメソッドに出会った」

 

イス軸法が人気ゴルフ雑誌アルバに掲載されました

 

飛距離アップ特化型レッスンスクール
BUTTOBIとは?

飛距離アップ特化型レッスンBUTTOBIは、5秒で強い体軸を作ることができる脅威のメソッド「イス軸法」を使って、短時間で飛距離を伸ばすことをメインとしたレッスンスクールです。

 

BUTTOBIコーチ陣プロフィール

310800_186334734785099_1522337566_n

下田 信司
(しもだ しんじ)

1972年 愛媛県宇和島市生まれ

ゴルフコーチ

イス軸法インストラクター

2001年より独自のゴルフ理論を駆使して東京、大阪、愛媛にてアマチュアゴルファーからプロゴルファーまで幅広くレッスン活動を続ける。

また、長年のスイング研究を元に本当に上手くなれる練習器具を開発中。

2022年

◆西山創氏が開発した身体の体軸を5秒で作れる「イス軸法」に出会い感銘を受けインストラクターの資格を取る。

その後、本格的の体軸を活かしたゴルフスイングの研究を始める。

◆イス軸法を使った飛距離アップ特化型レッスンスクール「BUTTOBI」を東京、大阪でスタートさせる。

カチッと音を鳴らして振るだけで、ミート率アップに繋がるインサイド軌道のダウンスイングが体感できます。

使い方&レッスン動画はこちらから

みんなのゴルフダイジェストで
紹介されました

ご購入はこちらから

 

ゴルフスイング上達の考え方
shinjishimodaをフォローする
shinjishimoda

下田 信司 (しもだ しんじ)
ゴルフコーチ

2001年より独自のゴルフ理論を駆使して東京、大阪、愛媛にてアマチュアゴルファーからプロゴルファーまで幅広くレッスン活動を続ける。

また、長年のスイング研究を元に本当に上手くなれる練習器具を開発中。

shinjishimodaをフォローする




Shinji Shimoda.com
タイトルとURLをコピーしました