エネルギーロスのない真っ直ぐなインパクトゾーンの作り方

今回はダウンスイングの力がしっかりと伝わる真っ直ぐで長いインパクトの作り方について解説します。

 

軌道修正によって作られる
ストレートなインパクトゾーン

真っ直ぐなインパクトゾーンを作るためにまず重要なのが、クラブヘッドをインサイド軌道で下ろしてくるダウンスイングの動きです。

クラブヘッドがインサイドから下りてくると遠心力によってヘッドはそのままアウトへ抜けていこうとします。

つまり、ダウンスイングの軌道が良くなるとクラブヘッドの軌道は自然とインサイドアウト軌道になるということです。

そのインサイドアウト軌道を真っ直ぐなインパクトゾーンに変えるために必要なのが、インパクト以降しっかりとクラブヘッドをインサイドに振り抜く動きです。

このインサイドアウトからインサイドインへの軌道修正の動きによって真っ直ぐなインパクトゾーンが作られます。

また、このアウトサイドに加速するヘッドを胸を回転しながらインサイドの軌道に修正することによって、ダウンスイングのエネルギーがロスなくボールに伝えることができます。

インサイドから遠心力によってアウトサイドに向かって加速するクラブヘッドを胸の回転と一緒にインサイドに振り抜くことでボールにしっかりとエネルギーが伝わった真っ直ぐなインパクトゾーンが作れます。

 

まとめ

  • インサイドアウト軌道をインサイドイン軌道に修正することで真っ直ぐなインパクトゾーンが作れる。

 

タイトルとURLをコピーしました