エネルギーロスのない真っ直ぐなインパクトゾーンの作り方

今回はダウンスイングの力がしっかりと伝わる真っ直ぐで長いインパクトを作るための大事なポイントについて解説します。

 

東銀座ゴルフスクールでは、このブログのメソッドを使ったレッスンを行っています。

重要ポイント1
インサイド軌道のダウンスイング

軌道修正によって作られる
ストレートなインパクトゾーン

真っ直ぐなインパクトゾーンを作るためにまず重要なのが、クラブヘッドをインサイドから下ろしてくるダウンスイングの動きです。

クラブヘッドがインサイドから下りてくると遠心力によってヘッドはそのままアウトへ抜けていこうとします。

つまり、ダウンスイングの軌道が良くなるとクラブヘッドの軌道は自然とインサイドアウト軌道になるということです。

そのインサイドアウト軌道を真っ直ぐなインパクトゾーンに変えるために必要なのが、インパクト以降しっかりとクラブヘッドをインサイドに振り抜く動きです。

このインサイドアウトからインサイドインへの軌道修正の動きによって意識的に真っ直ぐなインパクトゾーンを作っていきます。

また、このアウトサイドに加速するヘッドを身体を使って引き付けながらインサイドに軌道修正することによってダウンスイングのエネルギーがロスなくボールに伝わる力強いインパクトが生まれます。

インサイドから遠心力によってアウトサイドに向かって加速するクラブヘッドを身体と一緒にインサイドに振り抜くことでボールにしっかりとエネルギーが伝わった真っ直ぐなインパクトゾーンが作れます。

 

重要ポイント2
始動の自然再現を利用する

ゴルフスイングにはスタートで引いたクラブヘッドの軌道に自然にを戻そうとする「始動の自然再現」という動きが発生します。

その「始動の自然再現」を利用することで真っ直ぐなインパクトゾーンが作りやすくなります。

 

まとめ

  • 良いダウンスイングからのインサイドアウト軌道をインサイドイン軌道に修正することで真っ直ぐなインパクトゾーンが作れる。
  • 「始動の自然再現」を上手く活用することで真っ直ぐなインパクトゾーンが作りやすくなる。

 

上手くなる情報を配信中!

ライン@にご登録頂くと技術、フィジカル、メンタル、クラブなどアマチュアゴルファーの方が上手くなるための全ての分野の情報をご覧頂けます。

ご登録はこのボタンを押してください

友だち追加

タイトルとURLをコピーしました