ゴルフスイングの作り方

下田信司神戸&東京レッスン

シモダ
今回はスイングの作り方、もしくは変え方について考えてみたいと思います。

 

Dr.ヒツモト
練習法ということですか?

 

シモダ
いや折角ならもっと根本的な部分についての方が面白いかなと。

 

Dr.ヒツモト
良いですね。
私も最近はコーチとの対談で知識が増えてスイングを考える力が上がってきてる気がしてますからそういう深いレベルの話しは楽しいですよ。

 

シモダ
たしかにレベルアップしてますよね。
後はその知識を身体の動きに落とすことが大事なのでまさに今回の話は役に立つと思います。

 

Dr.ヒツモト
それは有り難い。
では早速教えてください。




スイングは2回作られる

頭の中の変化が身体の動きを変える

シモダ
まず理解しておかないといけないのがスイングは2回作られるということです。

 

Dr.ヒツモト
2回ですか?

 

シモダ
そうです。
まずは頭の中で作られて、次に身体の動きで作られるということです。

 

Dr.ヒツモト
なるほど。頭と身体で2回か。

 

シモダ
これはスポーツやダンスや武道などの最後に身体を使うものもそうですし、またそれに限らず物を作る作業や音楽や絵画などの芸術的な作品作りもすべてがその順番で出来上がるものなんです。

 

Dr.ヒツモト
すべてが頭の中からかぁ。

 

シモダ
はい。例えば物作りで言うとビルや家などの建物を考えても1度設計者の頭に中でその建物が出来上がってそれを図面にして最後に実際の物理的な建物が建つわけでしょ。

 

Dr.ヒツモト
たしかに改めて考えるとそうですね。

 

シモダ
芸術だって同じで最初は作者の頭の中で作品が出来上がってそれを音楽の場合は楽譜に落として演奏すること、絵画の場合は筆を使って紙や壁に描くことで物理世界にひとつの作品として完成するわけです。

 

Dr.ヒツモト
なるほど面白い。
しかしその考え方って意外と盲点ですね。

 

シモダ
そうですよね。
でも事実そうなんですよ。

 

Dr.ヒツモト
間違いないですね。
それがスイングでも同じということですね。

 

シモダ
はい。
ゴルフスイングだけではなくすべてのスポーツでも同じです。

 

Dr.ヒツモト
そう考えるといかに頭を使うかが大事だということが分かりますね。

 

シモダ
大事ですね。
1部の天才以外は頭を使わずに上手くなることは不可能ですよ。

 

Dr.ヒツモト
だから理論が必要ということですね。

 

シモダ
そうです。
考えるには理論がいるというか、逆に言えば考えことで理論は勝手は生まれるものですよね。

 

Dr.ヒツモト
たしかに。
後はそれが正しい理論かどうかということですね。

 

シモダ
まさに。
しかし正しいかどうかも究極はその人が上手くなるならどんなものでも良いわけですよ。

 

Dr.ヒツモト
 本人に合うか合わないかが大事ということですね。

 

シモダ
そうですね。
しかし理論は情報なのでこの世界にエントロピーの法則がある以上はその理論が整合的であればあるほど科学的で万人向けの確かな理論だと言えますよね。

 

Dr.ヒツモト
情報はより整合的な方向に流れるというやつですね。

 

シモダ
そうです。
だから我々コーチは理論をより整合的な方向にシンプルにしていくというのが一番大事な仕事だと言えますね。

 

Dr.ヒツモト
たしかに理論がシンプルな方が身体の動きにも落としやすいですよね。

スイングは頭の中と身体の動きで2回作られます。

身体の動きに落とし込むには
イメージが大事

シモダ
あと頭の中の理論を実際の動きで表現するためにはイメージがとても大事ですね。

 

Dr.ヒツモト
イメージですか!
それはよく分かります。

 

シモダ
イメージで動きが変わったという経験はおそらく誰しもありますよね。

 

Dr.ヒツモト
それはあります。
良いイメージができた途端に不思議と動きもできたみたいな。

 

シモダ
ですよね。
頭と身体を上手く繋ぐのはイメージなんです。

 

Dr.ヒツモト
ということはイメージ力を上げることが大切ですね。

 

シモダ
それは大切です。
スポーツに限らず一流の人ってイメージ力がかなり高いと思いますよ。

 

Dr.ヒツモト
それは納得です。
あと子ども達も高そうですよね。

 

シモダ
それはありますね。
大人よりも断然高い。
だから子どもは理論が無くてもイメージだけで上手くなれますよね。

 

Dr.ヒツモト
そういう意味でも大人は大変ですね。

 

シモダ
いやいや、ゴルフを理論的に考えること自体が楽しいことなので大人の方が得じゃないですか。

 

Dr.ヒツモト
なるほど、そうも言えますね。
大人流のゴルフの楽しみ方ですか。

 

シモダ
そうですね。
まあ無理にそう思い込むのは辛いですけど。
実際に練習にしてもコースにしても理論的にゴルフをすることは楽しいことですから。

 

Dr.ヒツモト
たしかに自分もレッスンを始めてそこが楽しめるようになったことが一番変わったところかもしれません。
考えることで練習がただの運動ではなくなったし。

 

シモダ
それは良かったです。
後はイメージ力を高めてどんどん上達してください。

 

Dr.ヒツモト
やりますよ。
これからの自分が楽しみです!

ライン@にご登録頂くと技術、フィジカル、メンタル、クラブなどアマチュアゴルファーの方が上手くなるための全ての分野の情報をご覧頂けます。

ご登録はこのボタンを押してください。

友だち追加

タイトルとURLをコピーしました