もう上げ方で悩まない!バックスイングを簡単にする方法について詳しく解説しましょう!

今回はバックスイングの上げ方を簡単にする方法について解説します。

このブログでいつもお話ししているように、ボールに上手く当たるかどうか(ミート率の良し悪し)は、トップからダウンスイングへの切り返しの動きで決まります。

そのためバックスイングでのクラブの上げ方は、切り返しの動きに上手く繋げるように上げるということを重要視しなけれなりません。

実はこのバックスイングと切り返しの動きの関係性をはっきりさせることが、バックスイングの上げ方をシンプルにする最大のポイントになります。

 

 上達の答えがすべてここにある!
下田信司 神戸&東京レッスン

期間限定イベント開催!
このページを見られた方に限り
レッスン代10%オフとさせて頂きます!

お申し込みの際にページ割引きとお伝えください。

ミート率の良いスイングとは?

良いバックスイングの上げ方についてより詳しくご理解して頂くために、まずはミート率の良し悪しがどういう原理によって決まるのかについて簡単にご説明します。

ゴルフスイングの最大のエラーは
切り返しでクラブを立てること

ダウンスイングへのスタートである切り返しの動きを失敗してしまうと、当然その後のダウンスイングのクラブの軌道も崩れることになりミート率は大きく下がってしまいます。

切り返しの動きの失敗とは、上げたクラブの軌道よりもクラブを立てて下ろしてしまう動きです。

この失敗の動きの場合は下の写真のように、バックスイングでクラブライン(赤線)に対してダウンスイングのクラブライン(青線)が上から重なったXの形になります。

ゴルフスイングにおいて最も防ぎたいエラーな動きがこの逆Xの動きです。

 

切り返しの動きのエラーは
インパクトに影響を与える

この切り返しでクラブを立てる動きによる反動がインパクト前に過度なハンドアップの動きに繋がります。

よく言われる手元が浮いたインパクトという動きですが、この切り返しからインパクトへのエラーな動きの連鎖がミート率を大きく下げてしまう原因となります。

切り返しでクラブを立てる反動によってインパクトでのクラブ(シャフト)角度がアドレスの角度よりも大きく変わってしまう動きとなりミート率が下がります。

 

インサイド軌道のダウンスイングこそが
手元浮きインパクトを防ぐ唯一の方法

逆にミート率の良いスイングの場合は、アドレスとインパクトのクラブ(シャフト)角度がほぼ変わらなくなります。

そのインパクトで手元が浮かないスイングをするために不可欠なのが、クラブヘッドをインサイド軌道で下ろしてくるダウンスイングの動きです。

このインサイド軌道のダウンスイングは、切り返しからクラブを倒す動きで誰でも簡単に作ることができます。

クラブヘッドがインサイドからの軌道の乗ることで自然と手元の浮かないインパクトが作れます。

 

ミート率の良いスイングは
綺麗なXの形を作る

切り返しとダウンスイングと手元が浮かないインパクトの関係はご理解頂けたと思います。

切り返し〜インパクトまでが良い動きの連鎖になるスイングでは、下の写真のようにバックスイングのクラブライン(赤線)よりもダウンスイングのクラブライン(青線)が下にくるXの形になります。

このXのスイングこそミート率の良いスイングを可視化したものであり、この形を目指すことがゴルフ上達の近道となります。

切り返しでクラブが後ろに倒れることでダウンスイングのクラブラインがバックスイングのクラブラインよりも下になるXのスイングになります。

 

良いバックスイングとは?

ここまで解説したように、ミート率の高いスイングにおいて良いバックスイングとは良い切り返しの動きに繋がる上げ方です。

ここからは、この記事のメインテーマである実戦的なバックスイングをするための具体的な方法について解説します。

バックスイングのクラブラインは
ボールと爪先の間を指す

クラブを立てない良い切り返しに繋がる効率の良いクラブの上げ方では、クラブを立てながら縦気味の軌道で上げることが大事なポイントになります。

バックスイングでクラブを立てることによって、切り返しでクラブを倒す動きが簡単になります。

この縦のクラブ軌道は、グリップが肩の位置に上がったときのクラブラインがボールと爪先の間を指していることが目安となります。

このクラブ軌道は動画を撮ることで簡単にチェックできますので、ぜひご自身のバックスイングの軌道を調べてみてください。

ミート率を上げるためには、切り返しでクラブを後ろに倒す動きが必要です。

バックスイングでクラブを立てて上げることで、その切り返しでクラブを倒す動きが作りやすくなります。

 

クラブを縦に上げるコツとは?

クラブを縦に上げる簡単なコツは2つあります。

ポイント1
右手首のコックを使う

まずひとつ目は右手の使い方です。

グリップが腰の位置で右手首を写真のように縦にロックする動きを入れます。

この縦へのロックでクラブヘッドの軌道が縦になり、クラブを寝かせた横上げを防ぐことができます。

クラブを縦に上げるポイントは右手にあります。

 

ポイント2
骨盤を縦に動かす

ふたつ目のポイントは骨盤の動きです。

右のお尻を後ろに引くように骨盤を縦に捻ります。

この縦捻りによってアドレスで構えた骨盤の前傾がキープできます。

骨盤の前傾がキープできることで、クラブを縦に上げる動きがやりやすくなります。

骨盤の前傾をキープしながらバックスイングすることでクラブを縦に上げる動きが楽になります。

 

フラット軌道のバックスイングが
ダメなわけではない

とはいえ、クラブを寝かせ気味に上げるフラット軌道のバックスイングが絶対にダメというわけではありません。

フラット軌道の注意点とは?

仮に下の写真のように、バックスイングのクラブラインがボール、もしくはその外を差して上がっていたします。

この場合はクラブを寝かせてフラット気味に上げていることになります。

このようなフラット軌道のバックスイングでも、ダウンスイングのクラブラインが下になったXの形になるのであれば問題はありません。

しかし、フラット軌道のバックスイングになればなる程に切り返しでクラブを倒す動きが難しくなります。

切り返しでクラブが立つ動きのエラーはミスショットの確率が大幅に上がってしまいます。

そういう意味でバックスイングをフラットな軌道で上げる場合は、切り返しの動きに十分な注意が必要です。

この写真のようなクラブの動きになるのであればフラットなバックスイングでも問題ありません。

しかし、一般的にフラット軌道のバックスイングでは逆Xのスイングになりやすいのでそこは要注意です。

 

長さに関係なく
クラブは縦に上げる

「クラブが長くなっても同じように上げますか?」

最後にレッスン中によくされるこの質問にお答えします。

クラブが変わっても上げ方は同じ

もちろん切り返しのやりやすさを考えると、答えは長いクラブでも同じように縦に上げるです。

下の写真のようにドライバーのような長いクラブでも、バックスイングのクラブラインがボールと爪先の間を指していることが大事です。

ドライバーのような長いクラブでもバックスイングの縦の軌道によって切り返しでクラブが後ろに倒しやすくなります。

その結果、クラブヘッドがインサイドから下りてくるミート率の高いスイングが作れます。

※この記事で書いた動きを実践すると、下の動画の素振りのようなスイングになります。

綺麗で実践的なスイングを作る素振り

上手くなる情報を毎日配信!

ライン@にご登録頂くと技術、フィジカル、メンタル、クラブなどアマチュアゴルファーの方が上手くなるための全ての分野の情報をご覧頂けます。

ご登録はこのボタンを押してください

友だち追加

タイトルとURLをコピーしました