多くのゴルファーが望む短期間で飛距離を伸ばすことは可能なのか?

今回はゴルファーの方なら誰もが望んでいる飛距離アップについて考えてみたいと思います。

先に答えを言うと短期間での飛距離アップは誰でも十分に可能です。

長期的に考えれば正しくトレーニングを重ねていくというのもひとつの方法であり、もちろん効果もあると思います。

しかし、短期間で飛距離を伸ばそうと考えた場合には効率良くはありません。

今回のテーマである飛距離アップに即効性を求めた場合は、ミート率をアップさせることこそが最も良い方法だと言えます。

 

東銀座ゴルフスクールでは、このブログのメソッドを使ったレッスンを行っています。

インサイドからのダウンスイングで
飛距離が伸びる

ジュニアや女子プロが飛ばせる理由とは?

ではスイングのどのポイントを変えることがミート率を上げることに繋がるのか?

その答えはトップからダウンスイングへの切り返しの動きです。

ミート率を上げるには、インパクトでクラブフェースの芯でボールを捉えてダウンスイングのエネルギーを効率良くボールに伝える必要があります。

それはインパクトにできるだけ近いところで力が溜まったタメが生まれるダウンスイングによって可能となります。

非力なジュニアゴルファーや女子プロが飛ばせる理由はそのダウンスイングの動きできているためです。

そのダウンスイングの動きができるかどうかの鍵を握っているのが切り返しでのクラブの動かし方です。

一般男性よりも非力なジュニアゴルファーや女子プロが飛ばせるのはダウンスイングの動きが良いからです。

 

飛距離が出せるインサイド
からのダウンスイングとは?

ダウンスイングはインサイドから下ろす方が良いという言葉自体はよく耳にします。

たしかに、それはミート率をアップさせてボールを効率良く飛ばすための正しい動きです。

しかし、ダウンスイングがインサイド軌道の動きになっているアマチュアゴルファーの方はほとんど見かけません。

その理由はこのインサイド軌道の動きは意識だけでは作ることのできない動きだからです。

 

アマチュアゴルファーは手をインサイドから下ろす

ここでインサイドからのダウンスイングについて少し掘り下げて考えてみます。

実はこの動きについては曖昧に理解している方が多いのですが、そもそもダウンスイングをインサイドとは「クラブヘッドがインサイドから」という意味です。

ここで勘違いしてしまいがちなのがクラブヘッドではなく、手(グリップ)をインサイドから下ろすということです。

このグリップをインサイドで下ろす動きというのは、誰でも簡単に作れてしまう動きでもあります。

しかし、グリップをインサイドからとやってしまうとクラブヘッドはインサイドからではなく、逆にアウトサイドからの軌道なってしまいます。

上の写真の形はインサイドからのダウンスイングに見えますが、実はこれはバックスイングで上がった軌道よりもクラブが立った切り返しによってカット軌道になってしまったダウンスイングです。

このクラブが立つ動きは、必ずインパクトで手元が浮いてしまう動きに繋がりミート率が悪くなります。

 

インサイドダウンの作り方

インサイドダウンは切り返しで
クラブを倒す動きによって自然に作られる

クラブヘッドの軌道がインサイドのダウンスイングは、バックスイングで上がったクラブの角度よりも切り返しでクラブを倒して下ろす動きによって作られます。

しかし、アマチュアゴルファーの方のほとんどが逆に切り返しでクラブを立てる動きをしていると言っても過言ではありません。

切り返しでバックスインで上がったクラブ軌道よりもクラブを倒して下ろすことで自然とクラブヘッドがインサイド軌道のダウンスイングが作られます。

 

切り返しの動き成功は左脇にでる

この切り返しの動きはビデオに撮って確認しても、かなりなスイングを観るる目がない限りは正しい動きがなかなか分かりづらいポイントです。

そこで比較的簡単なチェック法をひとつご紹介します。

それはダウンでの左脇の開き方を観るということです。

クラブヘッドが上手くインサイドからの軌道に乗ると飛球線後方から見たときに左の脇は開いた状態になります。

このポイントは分かりやすく実戦的な部分なので、ぜひご自身のスイングでチェックしてみてください。

切り返しでクラブが立たなくなるとクラブヘッドがインサイドからの軌道になり、その影響で左脇が開いた状態のダウンスイングになります。

 

まとめ

短期間で飛距離を伸ばすためには、クラブヘッドがインサイドから下りてくるダウンスイングの動きを身に付けてミート率をアップさせるのがベストなやり方です。

このミート率を上げるためのスイング理論については、これからもどんどん記事にしていきます。

その理論をより早く、より詳しく知りたいという方はライン@にご登録ください。

追加はこのボタンを押してください。

友だち追加

タイトルとURLをコピーしました