上手くなるために知っておくべきスイングを悪くする3大原因とは?

ミート率に直結していて、ゴルフスイングでいちばん大事な動きはトップからスイングへの切り返しの動きです。

今回はその大事な切り返しの動きを悪くする原因について考えてみたいと思います。

 

切り返しでクラブを立てることが様々なミスを生む

最初にご理解して頂きたいのが切り返しの動きの良し悪しについてです。

まず切り返しでの悪い動きとは、バックスイングで上げた軌道よりもクラブを立てて下ろす動きのことです。

実はこの切り返しでクラブが立つことがあらゆるミスショットの根本的な原因となってしまいます。

  • 切り返しでクラブが立つとその反動でインパクト前にクラブが寝るからダフりか右に出てからのスライスになる。

 

  • そのまま立てて打ちにいくと出球が左でそのまま左への引っ掛けかそこから左肘を抜いての飛ばないスライスになる。

切り返しで上げた軌道よりもクラブを立ててしまうことでダウンスイングの動きがわるくなり、それがあらゆるミスショットの原因となります。

 

当たるスイングは切り返しが立たない

逆に良い切り返しとはクラブヘッドが背中側に倒れながらインサイドの軌道に乗っていく動きことです。

このクラブが立たない切り返しによってミート率の良いダウンスイングの動きが作れます。

切り返しでクラブが立たない良い動きとはクラブヘッドが背中側に移動しながらインサイドからのダウンスイングの軌道を作るということです。

この切り返しを立てない動きがプロをはじめアマの方でも上手くなる共通ポイントとなります。

切り返しを立てないことがプロアマ問わずゴルフ上達の共通ポイントです。

 




切り返しを悪くする原因とは?

では今回のメインテーマである

「なぜ切り返しが立ってしまうのか?」

について踏み込んでいきましょう。

切り返しを立てる大きな原因は次の3つです。

  • トップで手首を折る。
  • グリップをインサイドに下ろす。
  • 身体を閉じてダウンスイングする。

それぞれについて詳しく解説していきます。

 

原因1
トップで手首をタメる

まずひとつ目は必要以上にタメを作ろうとして、トップで左手の親指方向に折る動きです。

この動きは余程手首が柔らかい人でない限りクラブを立てる動きに繋がってしまいます。

トップで左手親指側に無理に手首を折る動きは切り返しを立てる原因となります。

また、この動きはトップで一瞬タメができた感じはしますが、実際にはその反動ですぐにタメが解放されるためダウンスイングではタメのない動きを作ってしまいます。

このトップで手首をタメることで力の溜まったダウンスイングになる感じはしますが、実際は逆にタメのほどけた飛ばないダウンスイングになってしまいます。

 

理想的なのはダウンスイングの途中(インパクト前)に手首とクラブが作るタメが最大になる動きです。

トップでの無理な手首のタメ作りではこの動きにはなりません。

 

原因2
グリップをインサイドに下ろす

次に代表的な切り返しでクラブを立てる動きがグリップをインサイドに下ろす動きです。

イメージではグリップをインから下ろすことでダウンスイングがインサイド軌道になりそうですが、実はこれも逆にクラブを立ててしまう危険な動きとなります。

グリップをインサイド方向に下ろすことでインサイド軌道のダウンスイングが作れそうですが、実際にはグリップをインからと頑張れば頑張るほどにテコの原理でクラブは立ってしまいます。

 

原因3
身体を閉じて下ろす

最後に3つ目の原因が切り返しで身体を開かないように頑張るという動きです。

ダウンスイングでは身体、特に左サイドを絶対に開いてはいけないと思い込んでる方は多いようです。

たしかに、切り返しで身体が閉じているほどダウンスイングがインサイドからの軌道を作れる感じがします。

しかし、実はこれもグリップをインサイドから下ろす動きと同様に切り返しで身体をクローズにしようとすればするほどクラブが立つ動きは強くなります。

切り返しで身体(特に左サイド)を止めることでクラブが立ってしまいます。

また、自然な身体の捻り戻しを無理に止めるのはスムーズなスイングの妨げにもなる危険な動きです。

スピードがついたダウンスイングでは切り返しのクラブの動きが成功してクラブヘッドがインサイドの軌道に乗ることで自然と身体は開かない動きになるものです。

切り返しで意識的に身体を開かないように頑張る動きもクラブを立ててしまうミスに繋がります。

ダウンスイングで身体が開かない動きは切り返しでクラブをたてずにクラブヘッドのインサイド軌道ができると自然と作られるものだと理解しましょう。

 

クラブを立てない切り返しを作る

では最後に良い切り返しの動きの作り方について解説します。

まず大事な意識は切り返しでグリップはトップ位置から身体の回転に合わせてボール方向に動かしていくということです。

グリップエンドがボールの方向にわずかに動きながら下りてくるのがクラブが立つのを防ぐ良い動きとなります。

そして、このときに大事なもうひとつのポイントがグリップを握り過ぎないということです。

グリップを握り過ぎるとグリップと一緒にクラブ全体も一緒に前に引っ張ってきてしまいます。

その結果クラブヘッドがアウトサイドインの軌道になってしまうので要注意です。

切り返しで手首をタメないでグリップをスライドすることでクラブが立たないでヘッドがインサイドの軌道という理想的なダウンスイングが作れます。

 

まとめ

  • 「トップで手首を折る」、「グリップをインサイドに下ろす」、「身体をクローズに切り返す」の3つが切り返しでクラブ立てる3大原因である。

 

タイトルとURLをコピーしました