上達したいなら知っておきたい!インサイド軌道のダウンスイングについての勘違いとは?

インサイド軌道の
ダウンスイングとは?

「インサイドからクラブを下りしましょう」

とか

「ダウンスイングはインサイド軌道で」

とよく言われます。

たしかにそれは正しい理論ではあります。

しかし、このインサイド軌道については多くの方が勘違いされている問題点があります。

今回はその問題について詳しく解説します。

下田信司神戸&東京レッスン

 

インサイドからの勘違いとは?

まず「インサイド軌道で下ろす」

の正しい解釈は

「クラブヘッドをインサイドから下ろす」

ということです。

なんだそんなの当たり前だと思われる方も多いでしょうが、意外とここを勘違いしている方が沢山います。

その多くの方の勘違いとは

「グリップ(手)をインサイドから下ろす」です。

たしかに写真のようにグリップを後ろ(背中側)から下ろす動きで簡単にインサイド軌道のダウンスイングになる感覚は強くなります。

しかし、それは実際は違います。

実はこのグリップをインサイドから下ろすことは様々なミスの元となる最大の原因となってしまうのです。

グリップをインサイドから下ろす
デメリットとは?

グリップをインサイドから下ろすことの最大のデメリットは切り返しでクラブを立たせてしまうことです。

当ブログでは何度もご説明しているとおり、この切り返しでクラブを立てる動きこそがゴルフスイングの最大のミスの動きとなります。

このクラブを立てるミスに繋がるグリップをインサイドに下す動きは百害あって一利なしの大変危険な動きなのです。

トップからダウンへの切り返しでグリップをインサイド方向に下ろすとテコの原理でクラブは立ってしまいます。

そして、その切り返しが立つ動きが様々なミスの原因となってしまいます。

グリップがインサイド軌道になる
原因とは?

なぜ多くの方がグリップをインサイド軌道と思ってしまうのか?

その原因は次の2つだと考えられます。

  • グリップの方がクラブをインサイドから下ろすという意識が持ちやすい
  • 「グリップの軌道」と「クラブヘッドの軌道」は連動していると思っている

まずひとつ目の原因は自分の身体なのでクラブの先に付いているヘッドよりも断然動きに意識が持ちやすいということです。

クラブヘッドには自分の感覚がないわけですから、これは当然といえば当然です。

そのため多くの方は手をインサイドからですぐにインサイドダウンができたと勘違いしてしまうわけです。

次にふたつ目の原因であるグリップをインサイドから下ろせばクラブヘッドも自然とインサイドからの軌道になるという問題ですが、普通は感覚的にそう思ってしまうのは無理のないことでしょう。

ダウンスイングは一瞬の動きであり、その短い時間にひとつではない動きを意識することはとても難しいものです。

しかし、実際に動きを作ってもらえば分かりますが、切り返しでグリップをインサイドから下ろそうと頑張れば頑張るほどにテコの原理でクラブは立つ動きになってしまいます。

グリップをインサイドの方が断然意識が簡単ですが、インサイドから下ろしてくるのはグリップ(手)ではなく、クラブヘッドです。

正しいグリップ軌道と
クラブヘッド軌道の関係とは?

では、クラブヘッドをインサイドから下ろすためにはどうすれば良いか?

これは単純に失敗の動きの反対の動きをすれば良いわけです。

つまり、グリップはインサイドからと頑張るのではなく、逆にボール方向に動かしていくわけです。

この切り返しでグリップがボール方向に動くことを私の理論ではグリップのスライドと呼んでいます。

トップからダウンスイングへの切り返しのでスライドの動きがわずかに入るだけでその反動でクラブは背中側に倒れます。

そのクラブが倒れる結果、クラブヘッドがインサイドからの軌道を作ります。

またこのときに決してグリップや左腕に力を入れ過ぎないということを注意してください。

力が入ってしまうとグリップのスライドの動きを止めてしまい、その結果クラブが立つというエラーな動きに繋がってしまいます。

切り返しでグリップをボール方向にスライドさせることでクラブヘッドがインサイド軌道のダウンスイングの動きが作れます。

切り返しでのスライドの動きは
体操で作る

このクラブヘッドがインサイドの軌道になるダウンスイングを作るための切り返しでのグリップのスライドの動きを簡単に覚える練習方法クラブを握らない体操です。

体操の最大のメリットはボールに当てたいという意識がまったく入らないことです。

下の写真のように実際のクラブの動きをイメージしながら、切り返しからグリップ(両手)をボール方向にスライドさせていきます。

この動きを繰り返し行うことで、脳と身体にしっかりとグリップのスライドの癖をつけていきます。

スライド体操と呼んでいるこのボールを打たない体操でしっかりと脳と身体に切り返しでのグリップのスライドの癖をつけていきます。

癖がついてきたら、その動きを実際のスイングの中に取り入れていきましょう。

まとめ

  • インサイドからのダウンスイングとはクラブヘッドがインサイド軌道のこと
  • ダウンスイングでグリップをインサイドから下ろすことは危険な動き
  • 切り返しでグリップをボール方向にスライドさせることでクラブヘッドがインサイド軌道になる
  • スライドの動きは体操で作るのがベスト

ライン@にご登録頂くと技術、フィジカル、メンタル、クラブなどアマチュアゴルファーの方が上手くなるための全ての分野の情報をご覧頂けます。

ご登録はこのボタンを押してください

友だち追加

タイトルとURLをコピーしました