飛ばせるインサイド軌道のダウンスイングを作るための左肘の使い方とは?

効率良くボールを飛ばすために重要な動きがインサイド軌道のダウンスイングです。

当ブログでは、今まで何度もインサイド軌道のダウンスイングの作り方についてお話ししてきました。

今回は、また違ったポイントからそのインサイド軌道のダウンスイングの動きの作り方について解説します。

左肘の動きで作る
インサイドダウン

インサイド軌道の勘違い

まずインサイド軌道のダウンスイングという動きについて考えてみましょう。

そもそもインサイドの軌道で下ろしてくるのはクラブヘッドです。

しかし、クラブヘッドではなく、グリップをインサイドから下ろそうとする方を多く見かけます。

実はここを勘違いしてしまうとミート率が良くなる正しいインサイド軌道のダウンスイングは作れません。

なぜなら、切り返しでグリップをインサイドに下ろすと、テコの原理でクラブが立ってしまいます。

その結果クラブヘッドがアウトサイドの軌道になりミート率が悪くなります。

グリップをインサイドから下ろそうとするとクラブヘッドはアウトサイドの軌道になります。

クラブヘッドとグリップの
動きの関係性を理解する

クラブヘッドをインサイド軌道の動きにするためには、クラブヘッドとグリップの動きの関係を理解する必要があります。

グリップがボール方向に動けばクラブは倒れるように動きます。

そして、グリップがボール方向とは逆に動くとクラブは立つ動きになります。

先程ご説明したグリップをインサイドに下ろす動きがこのパターンです。

ということは、切り返しでグリップはボール方向に動かすのが正解の動きになります。

つまり、切り返しでは身体の回転に合わせてグリップをボール方向に動かしていくということです。

グリップがボール方向にスライドすることによってクラブは自然に倒れる動きになります。

そのクラブが倒れる動きによって、クラブヘッドが自然とインサイド軌道のダウンスイングが作られます。

切り返しでグリップがボールの方向に動きながら下りてくることでクラブが立つエラーな動きを防ぐことができます。

私の理論ではこの動きを「グリップのスライド」と呼んでいます。

 

左肘の向きでインサイド軌道を作る

そのグリップのスライドを作るために意識すると良いもうひとつのポイントがあります。

それが左肘の向きです。

これはグリップのスライドだけではイメージが出ない方におすすめなやり方です。

写真のように左肘を飛球線、もしくはもっと外側に向けてダウンスイングします。

肘を外側に向けることでクラブが自然に背中側に倒れるような動きとなり、クラブヘッドがインサイド軌道のダウンスイングが作れます。

まとめ

  • インサイド軌道のダウンスイングを作るためには、まずはクラブヘッドとグリップの動きの関係を理解することが重要。
  • 切り返しから左肘を飛球線方向に向けてダウンスイングすることでクラブヘッドがインサイド軌道のダウンスイングになる。

 

タイトルとURLをコピーしました