バックスイングのクラブフェースはシャットか?オープンか?

バックスイングでのクラブフェースはオープンとシャフトのどちらが良いですか?

という質問を頂きましたので、今回はその問題について考えてみたいと思います。

 

クラブフェースの向きは
シャットorオープン?

シモダ
シモダ
今回はバックスイングではクラブフェースの向きについて考えてみよう。

 

バックスイングを上げるときのフェースの向きはシャットとオープンのどちらが良いかということですね。
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
そう。

先に答えを言うと過度でなければシャットでもオープンでもどちらでも良いだけどね。

 

たしかにそこはプロのトップ選手でも人によっていろいろですよね。
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
結局このポイントはミート率を上げるためにそこまでに重要ではないということだね。

 

シャット

オープン

 

シャット

 

オープン

 

ショット

 

オープン

このようにトップ選手達のバックスイングでのフェースの向きは人によって様々です。

このデータを見ると、バックスイングでのフェースの向きはどちらかに統一しなければならない絶対的なものではないことが分かります。

 

何を基準にバックスイングでのフェースの向きを決めるべきなのか?

でもさすがに極端なシャットやオープンはマズイですよね。
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
たしかに変則がキツイといろいろと弊害が出るからね。

 

ある程度の範囲の中でシャットかオープンかはどちらでも良いとして、自分にはどちらが合ってるのかで悩む人は多いんじゃないですか?
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
その答えは簡単で、スイングの最重要ポイントである切り返しの良い動きがやりやすい方を選択すればいいわけだよ。

 

切り返しでクラブが倒しやすい方ということですね。
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
そういうこと。

動きの重要性を考えると切り返しが一番なわけだから。

 

それは間違いないですね。
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
ミート率に直結しているのがダウンスイングであって、切り返しはそのスタートだから。

 

一番大事な動きの切り返しが失敗しないのであれば、バックスイングでのクラブフェースの向きはシャットでもオープンでも良いというのが改めて今回のテーマの答えになるわけですね。
まっつんコーチ
まっつんコーチ

 

シモダ
シモダ
そういうこと。

あとは練習で自分に合った方を見つけてもらえばいいよね。

 

バックスイングでのクラブフェースの向きは、切り返しでクラブ倒しやすいのはどちらかという基準で決めていくのが良いでしょう。

ミート率を上げるための世界一簡単な切り返しメソッドはこちらから

タイトルとURLをコピーしました