この記事を読まれる前に

必ず飛距離アップする方法

はじめまして、下田です。

私は最近、長い間ずっと探し求めていたある問題の答えをみつけました。

そのずっと探していた問題とはゴルフスイングに於ける軸の作り方です。

そして、その問題に答えを与えてくれたのが「イス軸法」というひとつのメソッドです。

このイス軸法は、椅子から立ち上がるだけで、誰でもまるで武術の達人のような強い身体の中心軸というものが作れるという夢のようなメソッドです。

この軸が身体にできあがると、一瞬で身体能力がアップします。

身体能力がアップするということは、当然飛距離もアップします。

嘘のような話ですが、これが本当なんです。

一度、騙されたと思って下の画像をクリックしてイス軸法の動画を観てください。

そして、今すぐ飛距離を伸ばしたいという方はぜひイス軸法をやってみてください。

必ず驚く結果が出るはずです。

YouTube動画はこちらから


 

オーバースイングの原因と直し方について詳しく解説してみました!

ボールを飛ばそうとしてトップを上げ過ぎてしまう。

いわゆるオーバースイングでお悩みのゴルファーの方は多いようです。

オーバースイングは、ミート率が落ちるという弊害が出てしまいます。

オーバースイングでゴルフを続けていると自分の感覚と実際のグリップやクラブヘッドの位置に大きなギャップが生まれる為に修正することが非常に難しくなってしまいます。

そこで今回はオーバースイングの原因と直し方について解説します。

オーバースイングは治せる!

オーバースイングの原因とは?

手だけでバックスイングを上げてしまうことがオーバースイングになってしまう大きな原因です。

そして、その手だけで上げる失敗には2つのタイプがあります。

失敗のタイプ1
始動を手だけで上げてしまう

原因のひとつめは、スイングのスタートを手だけで上げてしまうタイプです。

まず手だけでスイングを始めて、手が上がった状態から身体を十分に捻ろうとすることでオーバースイングになってしまいます。

スイングのスタートを手→身体の順番で動かすことがオーバースイングの原因になります。

失敗のタイプ2
トップ間近で急激に手を上げてしまう

2つ目クラブがトップ近くに上がったときにもうひとつ力感のあるトップを作ろうとしてオーバースイングになってしまタイプです。

これは飛ばそうして力み癖がある方に多い現象です。

たしかにその方が力が入って飛びそうな感じがしますが。

しかし、実際はダウンスイングへの切り返しスムースに動きを繋げることができないのでミート率が悪くなり逆に飛距離が出せなくなります。

トップで必要上に力感を求めて手を使うことがオーバースイングの原因となります。

オーバースイングの修正法

オーバースイングを防ぐ3つのポイントをご紹介します。

修正ポイント①
アドレスの姿勢を良くしましょう

アドレスの姿勢が悪くなるとバックスイングを手だけで上げやすくなります。

まずは上体を骨盤から前傾させて背筋の伸びたアドレスを作りましょう。

姿勢の良いアドレスから身体を捻ることで上半身の捻り過ぎにならずオーバースイングを防げます。

修正ポイント②
身体とクラブを同調させましょう

スイングのスタートは身体とクラブヘッドを同時に動かし始めましょう。

バックスイングを手だけで上げないことでオーバースイングが防ぎやすくなります。

クラブヘッドと身体を同調させて始動することもオーバースイングを防ぐ大事なポイントです。

修正ポイント3
クラブを右手人差し指のつけ根に乗せる

この3つ目のポイントはいちばん重要です。

右手人差しの指付け根をしっかりとクラブに密着させたグリップを作っておいて、トップでそこにクラブをしっかり乗せていきます。

人差し指付け根にクラブが乗った状態でグリップに過度な力が入らなければオーバースイングが防げて綺麗なトップが作れます。

右手人差し指のつけ根にクラブを乗せたトップを作ることでオーバースイングが防げます。

修正法まとめ

アドレスで作った前傾角度と良い姿勢をキープしたまま身体とクラブを同調させた始動ができるとグリップが肩の位置に上がったときくらいで手を上げるのがきつくなり、それ以上はクラブを上げられなくなるはずです。

その感覚がない場合はまだ手を使い過ぎている可能性が高いので、その感覚が出るまで修正ポイントを丁寧にチェックしながら練習を重ねてみてください。

身体の柔軟性による個人差はありますが、正しくバックスイングできると写真の位置でお腹がきつくなりグリップはそれ以上は上がらなくなるはすです。

この感覚でも実際のスピードがついたバックスイングの動きの中ではトップは適性の位置まで上がります。

ぜひ繰り返し練習して感覚を掴んでください。

 

飛距離アップ特化型レッスン
BUTTOBI

ゴルフが上手くなるLINEコミュニティ

 

なぜ上手くなるのか?

難しいことからの解放

LINEでは、わずか5秒で強い身体の軸が作れる脅威のメソッドイス軸法についての詳しい解説をしています。

椅子から立ち上がるだけで、誰でも強い身体の軸が作れるのがイス軸法です。

強い身体の軸ができるとすぐに身体能力がアップします。

身体能力がアップすることで飛距離もアップします。

またイス軸法を行うと骨盤の歪みも矯正され、その影響で身体の柔軟性もアップします。

柔軟性が上がることでスイングがスムーズになりミート率も良くなります。

イス軸法で軸を作って、その軸を使ってスイングする。

たったこれだけでゴルフは上手くなります。

もう難しいスイング改造やキツイトレーニングは必要ありません。

 

どこでもできるイス軸法

このイス軸法は椅子があればどこでも簡単に行うことができます。

やり方は簡単で、椅子から立ち上がるだけです。

とはいえ、気を付けなければならない大事なポイントがいくつかあります。

LINEではその大事なポイントや軸ができた後に、その軸を効率良くスイングに取り入れる方法を詳しく解説しています。

 

イス軸法とは?

イス軸法とは、椅子から立ち上がるだけで誰でもまるで武術の達人のような強い身体の中心軸が作れるという脅威のメソッドです。

詳しくはこちらの動画で

「反則級に飛距離が伸びる魔法のようなメソッドに出会った」

 

イス軸法が人気ゴルフ雑誌アルバに掲載されました

 

飛距離アップ特化型レッスンスクール
BUTTOBIとは?

飛距離アップ特化型レッスンBUTTOBIは、5秒で強い体軸を作ることができる脅威のメソッド「イス軸法」を使って、短時間で飛距離を伸ばすことをメインとしたレッスンスクールです。

 

BUTTOBIコーチ陣プロフィール

310800_186334734785099_1522337566_n

下田 信司
(しもだ しんじ)

1972年 愛媛県宇和島市生まれ

ゴルフコーチ

イス軸法インストラクター

2001年より独自のゴルフ理論を駆使して東京、大阪、愛媛にてアマチュアゴルファーからプロゴルファーまで幅広くレッスン活動を続ける。

また、長年のスイング研究を元に本当に上手くなれる練習器具を開発中。

2022年

◆西山創氏が開発した身体の体軸を5秒で作れる「イス軸法」に出会い感銘を受けインストラクターの資格を取る。

その後、本格的の体軸を活かしたゴルフスイングの研究を始める。

◆イス軸法を使った飛距離アップ特化型レッスンスクール「BUTTOBI」を東京、大阪でスタートさせる。

カチッと音を鳴らして振るだけで、ミート率アップに繋がるインサイド軌道のダウンスイングが体感できます。

使い方&レッスン動画はこちらから

みんなのゴルフダイジェストで
紹介されました

ご購入はこちらから

 

ゴルフスイングバックスイング〜トップ
shinjishimodaをフォローする
shinjishimoda

下田 信司 (しもだ しんじ)
ゴルフコーチ

2001年より独自のゴルフ理論を駆使して東京、大阪、愛媛にてアマチュアゴルファーからプロゴルファーまで幅広くレッスン活動を続ける。

また、長年のスイング研究を元に本当に上手くなれる練習器具を開発中。

shinjishimodaをフォローする




Shinji Shimoda.com
タイトルとURLをコピーしました