パターの打数を減らすために考えること

今回は技術とは別のパターの打数を減らすために必要な考え方についてお話しします。

技術的なミス以外でパターが入らない原因は次の2つです。

  • ラインの読み間違い
  • タッチが合っていない

もちろん、こと2つをいつも完璧にすることはできません。

しかし、常に意識しておくだけでもパター数は随分と変わってくるはずです。

下田信司神戸&東京レッスン

 

パター数を減らすための大事な考え方

ポイント1
ラインの読み方について

パターで苦労している方がまず失敗しているのが、ラインの読み間違いです。

とはいえ、ラインを正確に読むというのは難しいことです。

カップまでの傾斜とカップを過ぎた傾斜が逆だったり、または傾斜が交じっていた場合などは、それによって人間の目は簡単に錯覚をおこしてしまいます。

ラインを正確に読むには、できるだけボールとカップの間だけを見て判断する必要があります。

ボールの真後ろ、もしくはカップの真後ろからカップまでの傾斜を見るようにします。

それによって、周りの傾斜による目の錯覚を防ぐことができます。

そして、ライン読みのもうひとつの問題が芝目です。

この芝目によってもボールは曲がります。

特に芝目がきついコースではこの芝目をどう読むかでパター数が変わってきます。

この芝目の読みは先に打った人のボールの曲がりを参考にするのが良いでしょう。

自分が打つときだけではなく、同伴プレーヤーのボールがどういう曲がり方をするかをしっかり観察しましょう。

 

ポイント2
タッチを作る

タッチとは、狙っている距離を自分のイメージした強さで打つことです。

ラインが読めないのと同様に、このタッチを出す感覚がないとパター数を減らすことはできません。

当然、ゴルフはいつも同じグリーンの速さでプレーするわけではありません。

細かく言えば同じ日でもホールによってグリーンの速さは違いますし、それは時間によっても変わってきます。

そういう意味で、どんな状況でも自分がイメージした強さでボールを転がしていける感覚が必要です。

タッチを作る練習法 ①
片手打ち練習

タッチを作るためには、やはり練習しかありません。

効率の良い練習法をひとつご紹介します。

それは右手の片手打ちです。

タッチを出すために大事なことは、クラブフェースの芯でボールを打つことです。

この片手打ち練習でしっかりとクラブフェースの芯でボールを捉えることができれば、両手で打つときはそれよりも随分と楽に芯とボールをコンタクトすることができます。

また、右手だけで打つとボールを転がす強さが分かりやすくなります。

自分のイメージと実際にボールが転がる強さをしっかりと合わせていきましょう。

タッチを作る練習法 ②
神経伝達のエラーを修正する

タッチが出ない原因のひとつとして、神経系のエラーというのが考えられます。

脳からの司令が上手く神経や筋肉に伝わらないために自分のイメージしたタッチが出せないという現象です。

この場合はボールを打つ練習のみでタッチを作るのは難しくなります。

この問題を解決する方法としては、脳神経のエラーを直接修正するのがベストなやり方です。

神経系のエラーを修正するコンディショニングについて詳しくはこちらから

 

ポイント3
ラインとタッチはセットで考える

最後に極めて大事な意識がこのラインとタッチをセットで考えるという点です。

例えばカップひとつ曲がるという読みをしても、そのラインに対して強く打つとボールは予想ほど曲がらずカップの横を通り過ぎるでしょう。

逆に読んだラインに対して弱く打つと、今度はボールが曲がり過ぎてカップの手前で切れてしまいます。

つまり、どういうラインに対してどういう強さで打つかというのが大事なのです。

このポイントを忘れてライン読みだけに頼ってパターを打つ方を多く見かけます。

打つ距離に関わらず必ずラインとタッチはセットで考えておきましょう。

 

ライン@にご登録頂くと技術、フィジカル、メンタル、クラブなどアマチュアゴルファーの方が上手くなるための全ての分野の情報をご覧頂けます。

ご登録はこのボタンを押してください

友だち追加

タイトルとURLをコピーしました