ゴルフが上手くなるためのダウンスイングについて

私の考えでは、ゴルフが上手くなるということはミート率が良くなるということです。

このミート率の良し悪しはダウンスイングの動きで決まります。

クラブヘッドがインサイド軌道で下りてくることによって手元が浮かないインパクトになりミート率が上がります。

逆にこのクラブヘッドがインサイド軌道のダウンスイングができない場合はミート率を上げることはできません。

つまり、クラブヘッドがインサイド軌道のダウンスイングを作らない限りはゴルフの上達は難しいということです。

 

インサイド軌道のダウンスイングを作るための大事なポイント

切り返しでクラブを倒す

切り返しでクラブを倒すことでインサイド軌道のダウンスイングが作られる

ダウンスイングのスタートである切り返しの動きを失敗するとその後の軌道修正は不可能となります。

切り返しの失敗とはクラブを立てる動きのことです。

このクラブが立つ動きが少しでも入るとインサイド軌道のダウンスイングは作れません。

このように切り返しでクラブが少しでも立つ動きをするとインサイド軌道のダウンスイングは作れません。

逆にダウンスイングのスタートである切り返しでクラブヘッドをインサイド軌道に乗せることができれば、自然とインサイド軌道のダウンスイングが作れます。

そのために必要なのが切り返しでクラブを倒す動きです。

切り返しでクラブを倒す動きを覚えることがダウンスイングを良くする最重要ポイントです。

クラブを倒す切り返しについて詳しくはこちらをご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました