ダウンスイングを良くするために気をつけるべき3つのポイント

まず、良いダウンスイングの定義とはクラブヘッドがインサイドの軌道で下りてくるダウンスイングのことです。

ここで大事なのがクラブヘッドがインサイドの軌道という点です。

 

東銀座ゴルフスクールでは、このブログのメソッドを使ったレッスンを行っています。

インサイド軌道を作る
ポイント

ポイント1
切り返し

切り返しを立てないことでインサイド軌道のダウンスイングが作られる

ダウンスイングのスタートである切り返しの動きを失敗するとその後の軌道修正は不可能となります。

失敗とはクラブを立てて切り返すということです。

この立つ動きが少しでも入るとインサイド軌道のダウンスイングにはなりません。

インサイド軌道のダウンスイングを作るためには、トップからダウンスイングへの切り返しでクラブヘッドをフラットな軌道で下せる(背中側の)プレーンに乗せる必要があります。

この写真は極端ですが、このように上げて(トップ)〜下ろす(ダウン)間の一瞬の動き、つまり切り返しでクラブが少しでも立つ動きをするとインサイド軌道のダウンスイングは作れません。

 

クラブを立てない切り返しの動きを覚えることがダウンスイングを良くする最重要ポイントです。

 

ポイント2
頭を止める

軸を作ることでインサイド軌道のダウンスイングが作りやすくなる

頭が動くということは軸が動くということです。

その状態では良いダウンスイングの軌道が作れません。

これは特にバックスイング〜トップで頭を止めることが重要です。

バックスインからトップまで頭を動かさないことで切り返しの動きが作りやすくなります。

 

ポイント3
トップを上げ過ぎない

トップを修正する

オーバースイングやクロスシャフトなどのトップでの動きのミスもダウンスイングを悪くする原因となります。

そいういう意味でトップに癖のついている方はそこを修正する必要があります。

トップの形を良くすることで、切り返しの動きがシンプルになり肩下ダウンの軌道が作りやすくなります。

 

まとめ

ダウンスイングの動きを良くするためにはまずは切り返しの動きを良くするということが必要です。

そのためにはオーバースイングやクロスシャフトにならないというトップの形が大事になります。

また、そのトップ形を良くするためにはバックスイングで頭を止めるということが重要となります。

というように、この3つの動きは深く関係しあっています。

そして、これらの動きが良いダウンスイングを作ることに大きく影響してきます。

インサイド軌道のダウンスイングの軌道を作ることができればゴルフは上達します。

ぜひこの3つの動きのバランスを考えながらインサイド軌道のダウンスイング作りの練習に取り組んでみてください。

 

上手くなる情報を配信中!

ライン@にご登録頂くとゴルフ上達のお得な情報をご覧頂けます。

ご登録はこのボタンを押してください。

友だち追加

タイトルとURLをコピーしました