カット軌道スイングについて考える

切り返し〜ダウンスイングがアウトサイドインのカット軌道はスライス、フックというどちらのミスの原因になってしまいます。多くのアマチュアゴルファーの方がカット軌道のスイングでお悩みだと思います。

今回はその厄介なスイングの原因と治し方について踏み込んで考えてみます。

 

東銀座ゴルフスクールでは、このブログのメソッドを使ったレッスンを行っています。

なぜ?
カット軌道になるのか?

Dr.ヒツモト
Dr.ヒツモト
我々アマチュアゴルファーはアウトサイドインの軌道で振る人が多いわけですが、そもそもなぜそういうスイングになるのでしょう?

 

その原因は簡単でボールに当てたいという本能的な動きがカット軌道を作るということです。
シモダ
シモダ

 

Dr.ヒツモト
Dr.ヒツモト
当てようとする本能ですか。

 

まず理解しておきたいポイントは人間が普通にボールに当てようとクラブを振ればアウトサイドインの軌道になるのが自然だということです。
シモダ
シモダ

 

人間がクラブでボールを打とうとするとゴルフの基本的な握り方や構え方の影響で自然とアウトサイドインの軌道になります。

 

ちゃんとボールに当てようとするとクラブを肩の上から下ろしたくなるのは本能的に自然な動きということです。
シモダ
シモダ

 

Dr.ヒツモト
Dr.ヒツモト
なるほど。それは確かにそうですよね。

 

はい。だからほとんどゴルファーはカット軌道からゴルフを始めることになります。
実際に初心者の頃はそのほうがボールに当たりますから。
シモダ
シモダ

 

Dr.ヒツモト
Dr.ヒツモト
しかし、そのままその打ち方だと上達は難しいわけですよね。

 

そうです。

そのスイング軌道でもボールの曲がり幅がある程度計算できて、尚且つ飛距離も出てくれれば問題はないのですが、なかなかそうはなりません。

大体はアウトサイドイン軌道のスイングでは曲がって距離も出ないという現象になり、多くのゴルファーはそれに悩むことになります。

シモダ
シモダ

 

Dr.ヒツモト
Dr.ヒツモト
ゴルフの難しさの入り口に突入するわけですね。

 

そこでほとんどの方がアウトサイドイン軌道のスライスを治そうしてクラブをインサイドから下す練習をするようになります。
シモダ
シモダ

 

Dr.ヒツモト
Dr.ヒツモト
まさに自分もそうでした。

 

しかし、そこで生まれるのが、これまた厄介なクラブの振り遅れという問題です。
シモダ
シモダ

 

Dr.ヒツモト
Dr.ヒツモト
振り遅れですか。

 

この場合はボールがアドレスしたラインよりも右に出てから更に右に曲がるというプッシュ系のスライスボールになります。

また振り遅れはダフりの原因にもなるので、プッシュスライスダフりを防ごうとすると、今度はアウトサイドインの軌道に戻ってしまいます。

シモダ
シモダ

 

Dr.ヒツモト
Dr.ヒツモト
そうやって迷路に入るわけだ。まさに最悪の負のループですね。

 

カット軌道を治す
効果的な方法とは?

Dr.ヒツモト
Dr.ヒツモト
その迷路を抜け出す方法をぜひ教えてください。

 

カット軌道を直すには切り返しの動きを変えるのがいちばん効果的です。。
シモダ
シモダ

 

Dr.ヒツモト
Dr.ヒツモト
やはりそこですか。

 

ゴルフスイングの肝でありいちばん大事な部分です。
シモダ
シモダ

 

Dr.ヒツモト
Dr.ヒツモト
具体的に切り返しがどうなれば良いのでしょう?

 

大事なポイントは切り返しでクラブを立てないということです。
シモダ
シモダ

 

Dr.ヒツモト
Dr.ヒツモト
クラブを立てない?

 

はい。カット軌道のスイングでは切り返しで必ずクラブが立った動きになっています。
シモダ
シモダ

 

多くのゴルファーの方が本能的なカット軌道でゴルフを始め、その軌道で打つ練習をすることで切り返しでクラブを立てる癖がつきます。そして、このクラブを立てる動きがカット軌道を修正するうえでいちばんの弊害となります。

 

Dr.ヒツモト
Dr.ヒツモト
なるほど。
本能的にカット軌道で振り続けることで切り返しでクラブを立てる動きが癖になるわけだ。

 

そうなんです。

そして、実はこのクラブが立つ動きのまま手だけでインサイドからダウンスイングを作ろうとすると先ほどお話ししたように振り遅れのミスになるんです。

シモダ
シモダ

 

クラブを立てない
切り返しはどう作る?

Dr.ヒツモト
Dr.ヒツモト
だから完全にカット軌道を修正するためには切り返しのクラブの動かし方を変えないといけないわけですね。

 

そういうことです。
シモダ
シモダ

 

Dr.ヒツモト
Dr.ヒツモト
では、その癖はどうやって直せば良いのでしょう?

 

それは切り返しで手首に角度をつけない、つまりタメを作らないというのがいちばん重要なポイントとなります。
シモダ
シモダ

 

Dr.ヒツモト
Dr.ヒツモト
タメを作らない?

よく聞くのは逆にトップからダウンではタメろという理論ですよね。

 

そうですね。

しかし、実は切り返しでタメを作ってクラブを立てない動きにするというのはよほど手首が柔らかい人でないと無理なんです。

ほとんどの方がタメようとして切り返しを失敗していますから。

シモダ
シモダ

 

Dr.ヒツモト
Dr.ヒツモト
そうなんですね。

タメないということはトップのときの手首の角度のまま下ろすということですか?

 

そうです。

タメようとしないでノーコックで切り返すイメージです。

シモダ
シモダ

 

切り返しをタメないことでクラブが立たない動きが作れます。そして、クラブが立たないことでアウトサイドインのカット軌道もインサイドからのダウンスイングの軌道に修正しやすくなります。

 

Dr.ヒツモト
Dr.ヒツモト
なんか難しそうですね。

 

最初は違和感があるでしょうけど、少し練習すればそうでもないですよ。
シモダ
シモダ

 

Dr.ヒツモト
Dr.ヒツモト
そうですか。

それはカット軌道でお悩みの方にはぜひトライしてもらいたいですね。

 

ほんとにそう願います。
シモダ
シモダ

 

ライン@にご登録頂くと技術、フィジカル、メンタル、クラブなどアマチュアゴルファーの方が上手くなるための全ての分野の情報をご覧頂けます。

ご登録はこのボタンを押してください

友だち追加

タイトルとURLをコピーしました