人生をより良く生きるためにゴルフから学ぶべきこと

よくゴルフは人生に似ていると言われます。

それはゴルフが人生同様失敗ありきのスポーツというのが原因だと思われますが、長年ゴルフをやってきた経験から言うと確かにゴルフの考え方が人生にも役に立つなと感じる場面は多々あります。

せっかくゴルフをやるなら技術的な上達だけではなく、ゴルフから学べる教訓を自分の人生に上手く活かせることができたらよりゴルフをやる意義というのは深まりますよね。

そこで、今回は私なりに考えたゴルフの教訓を人生に活かすポイントについてまとめてみました。

 

東銀座ゴルフスクールでは、このブログのメソッドを使ったレッスンを行っています。

ゴルフを人生に活かす
4つの教訓

教訓1

全ては自己責任だと捉え決断は強くはっきりと行うべし

自分の持ち球や今日のショットの感じで

右を狙うべきか?

それとも左か?

狭いホールをドライバーで打つべきか?

それとも3Wかアイアンにすべきか?

切れるラインのショートパットを

強めにカップの内側を狙うか?

それともジャストタッチでカップの外か?

レベルの高いところでは、

風に乗せてグリーンを狙うべきか?

それとも逆にボールを曲げて風と喧嘩させてグリーンを狙うべきか?

など、ゴルフ場ではスタートしてから最後のショットを打ち終わるまで、次のショットをどう打つか?という決断の連続です。

しかし、この決断を曖昧なまま打ってしまうとミスになる確率が高くなります。

しかも、曖昧な決断でのミスは後悔が強くその後のプレーに悪影響を与えてしまいます。

逆に自分が強くしっかりと決断したショットでは、仮にそのショットがミスになったとしても

それは、

「たまたま読みが外れただけだから仕方がないな」

「自分がしっかりと決めた結果だからしょうがないな」

というように結果は自己責任だと捉えることができます。

その結果、気持ちの切り替えがスムーズに行える確率が上がります。

人間の脳は1日に4万回以上もの決断をしているといいます。

人生に於いてもゴルフ同様、起きた結果に強い後悔をして未来にそれを引きずらないためにもすべての結果は自己責任だと捉えて、決断は強くしっかり決めるということが大事だと思います。

 

教訓2

常にポジティブな考えで臨むべし

せっかく調子よくラウンドしているのに

「この前のラウンドでは次のホールで大叩きしたんだよな」

とか

「今日はこれまでたまたま調子がいいだけで、このまま最後までいかないよ」

というようなネガティブことを言う方が意外と多いです。

これは、ほんとは良いスコアで回りたいのに

「もしダメになったらどうしよう」

というような深層心理が無意識に失敗したときへの保険をかけようとしているか、

または、

「これで崩れたらかっこ悪いよな」

というプレッシャーに負けそうになる自分を少しでも楽にさせようという意識がそういう発言をさせてしまうのだと思います。

しかし、皆さんもご自分で経験したり、そういう方を目の当たりにした経験から、これはまったくの逆効果で、そういった場合大抵は発言どおりの悪い結果になってしまうというのがおわかりなはずです。

逆に上手くいくに決まってると思い込んでいて常に発言や行動がポジティブな人は結果も良くなる場合が多いと思います。

脳科学の世界では人間(脳)というのは根本にある深い部分の意識には嘘をつけない(逆らうことができない)のでその意識どおりの行動をすることがわかっているそうです。

怖いことに悪い言動にも良い言動にも無意識がそうなるように動いてしまって結果もその言動どおりになってしまうということです。

そういう意味でほんとに言動は大事なんですね。

そして、その深い意識は普段のセルフトークによって作らるそうです。

つまり、普段どういう風に自分が自分に話しかけているかによって人格がポジティブなのかネガティブなのかが決まってしまうということです。

科学的に言ってもゴルフに限らず人生のあらゆる局面に於いても良い結果に導いてくれるのはポジティブな言動です。

そのために普段から自分へのセルフトークはポジティブトークを徹底的に意識しましょう。

 

教訓3

起きた失敗よりもどうリカバリーするかを考えるべし

ミスの後にまたミスをしてしまう。

ゴルフではよくあることです。

OBの後にチョロをしてしまう。

林の中に入った後にダフって出せない。

など技術的に難易度が高いショットの場合は仕方がないとしても、ミスの後の凡ミスというのは避けたいものです。

これは先程の強い決断力にも絡んでいますが、失敗を引きずって気持ちを切り替えられず次のショットに集中することができないときに起こるミスだと思います。

ゴルフは失敗するスポーツです。

大事なのはその後のリカバリーです。

極端に言うとゴルフが上手い人とうのは連続のミスをしない人、つまりリカバリー能力の高い人です。

人生もゴルフ同様失敗するもの。

常に必ずリカバリーしてやるという強い気持ちを持っていることが大事だと思います。

 

教訓4

自分の成功に感動し、自己評価を上げるべし

ゴルフに限らず人間は自信があるときのほど強い状態はありません。

私のレッスンで常に言っているのが、

結果が出たから自信がつくのではなくて、まず先に自信をつけるから結果が出る。

ということです。

これはほんとで、実際にジュニアでも大人でも自信を強く持っている又は高い自信が身に付いてきた人ほど結果が出るという経験をこれまでのレッスン人生で数多くしてきました。

突き詰めると自信とは自己評価です。

他人から褒められることでも自信はつきますが、それよりも常に自己評価を上げることを意識することがいちばん大事です。

逆に言うと他の人がなんと言おうと自分の自己評価が高い状態なら常に高い自信を持つことできるということです。

そのために必要なのは、自分の成功にはどんなに小さなものでも遠慮なく自分で感動するということです。

そして、セルフトークで自分を褒めることです。

ゴルフで言えば練習場でもコースでも良いショットには自分で感動して自画自賛すれば良いわけです。

そうすることで自己評価は必ず高くなっていきます。

そして、結果も必ずついてきます。

(とは言え、いつも口に出してそれをやっていると周りから嫌われるか変な人扱いされる可能性がありますので、その辺は自己責任の自己判断でお願いします)

ゴルフを上達するためにも、そして自分の人生を思いどおりに生きるためにも自信を持つということは凄く重要です。

どんどん自己評価を上げてより良い人生を送りましょう。

 

ライン@にご登録頂くと技術、フィジカル、メンタル、クラブなどアマチュアゴルファーの方が上手くなるための全ての分野の情報をご覧頂けます。

ご登録はこのボタンを押してください

友だち追加

タイトルとURLをコピーしました