効果抜群!ミート率の高いスイングを作るための練習法

今回はミート率の高いスイングを作る練習法をご紹介します。

ミート率の良し悪しは切り返しのクラブの動きよって大きく影響されます。

その重要な切り返しの動きを良い動きにしながら、尚且つ全体のスイングの動きとスムーズに繋げるためには素振り練習が効果的です。

特に片手での素振りは切り返しでの正しいクラブの動きが理解しやすくスイングバランスも良くなります。

 

下田信司神戸&東京レッスン

 

ミート率の高いスイングは
片手素振りで作れる

片手素振りは
即効性のある練習法

片手での素振りは左右両方でやると効果大ですが、今回は簡単な右手だけでの素振りのやり方を解説します。

この右手素振りだけでもミート率アップに十分な効果が期待できますのでぜひお試しください。

ステップ1
アドレス

まずはクラブを右手だけで短く持ってアドレスします。

このときの左手は背中でも身体の横でも構いません。

クラブを短く持って背筋を伸ばして骨盤を前傾させてアドレスしましょう。

 

ステップ2
バックスイング

次に身体の捩じりと一緒にクラブを上げていきます。

頭が上下左右に動かなように注意しましょう!

 

ステップ3
トップ

頭を動かさなままトップ位置までクラブを上げていきます。

オーバースイングにならないように注意しましょう!

 

ステップ4
切り返し

次にトップからダウンスイングへと切り返していきます。

ここでの注意点はトップで上がったクラブの軌道よりもクラブを背中側に倒す動きをすることです。

このクラブを倒す動きによってミート率の高いダウンスイングが作られることになりますので、このポイントはしっかりと意識してください。

この切り返しでクラブを倒す動きが片手素振りでいちばん身につけたい動きです。

 

ステップ5
ダウンスイング

切り返しでクラブを倒すことでクラブヘッドがインサイド軌道になるダウンスイングが作られます。

またそのクラブヘッドのインサイド軌道によって、インパクト前に手首のタメが最大になりパワーロスのない動きのままインパクトへ向かってクラブを加速させることができます。

切り返しでクラブを倒す動きによってその後のダウンスイングの動きは自動的に作られます。

 

ステップ6
インパクト〜フォロー

インパクト〜フォローでは加速していくクラブヘッドを身体の回転と一緒にしっかりとインサイドに振り抜いていきます。

クラブヘッドの加速に負けてインサイドアウトの軌道にならないように注意しましょう。

 

ステップ7
フィニッシュ

フィニッシュでは胸を中心にしっかりと捻転させてクラブを身体に巻きつけます。

身体が硬い方は無理をせず捻転できる範囲でフィニッシュを作りましょう。

 

まとめ

この片手素振りは大変効果が高い練習法です。

ぜひウォーミングアップやラウンド中のスイング調整に活用してみてください。

ライン@にご登録頂くと技術、フィジカル、メンタル、クラブなどアマチュアゴルファーの方が上手くなるための全ての分野の情報をご覧頂けます。

ご登録はこのボタンを押してください

友だち追加

タイトルとURLをコピーしました