目指せショットメーカー!ミート率をアップするための4つの注意点とは?

短期間でのスコアアップを望むならアプローチとパターの技術を磨いていくのが賢明なやり方です。

しかし、いつでも安定した好スコアを出すために必要なのはパーオン率を上げることです。

つまり、ミート率の高いショット力を身に付けることが本当の意味で実力の底上げをすることとなります。

それにはやはり良いスイングというものが欠かせません。

そこで今回はミート率を上げるために大事なスイングの3つの注意点について解説します。

 

東銀座ゴルフスクールでは、このブログのメソッドを使ったレッスンを行っています。

ミート率をアップするための
3つの注意ポイント

注意ポイント1
頭を動かさない

まず最初に注意したいポイントはスイングの始動からトップまで頭を止めておくということです。

このスイングの前半で頭が動いてしまうとクラブフェースの芯でボールを捉えることが難しくなります。

単純なことのようですが、人間の頭はとても重いのでプロでも気づかないうちに動いてしまうことが多々あります。

特にアマチュアの方は動かしていないつもりでもかなり大きく頭が揺れている可能性がありますので要注意です。

スイングのスタートは力まず焦らずゆっくり丁寧に頭を止めてクラブヘッドを動かしていきましょう。

クラブがトップ位置にきてもグリップを過度に握り過ぎず肩の力を抜いて頭を止めておきましょう。

頭が動く原因1
身体の捻り過ぎに注意しましょう!

これは身体が硬い人に多く見られる現象ですが、硬い首や腰を無理に捻ろうとして頭が動いてしまう例です。

身体が硬い状態で強引に上半身を捻ろうとすることで頭は動いてしまします。また過度に捻ろうとする動きはトップでのオーバースイングやクロスシャフトの原因にもなります。

身体の捻りが少ないとボールが飛ばせないと思われる方も多いでしょうがそうはなりませんのでご安心ください。

頭が動いた方が軸を揺らしている分身体は捻じれている感じがしますが、実際は軸も一緒に動くので捻りが強くなっているわけではありません。

意識とは反対に頭を止めておく方が上半身の捻りも強くなり、ミート率も上がるので飛距離は伸びます。

無理に身体を捻ろうとしないで頭が動かない範囲のトップを作りましょう。トップがコンパクトになるとボールが飛ばないイメージがありますが頭が動かない方が上半身の捻りも強くなりミート率も上がるので距離が落ちることはありません。

頭が動く原因2
背骨を軸に捻る意識で頭が動く

スイングの軸を背骨と考えている方も多いでしょう。

しかし、背骨を捻ろうとすると頭が横に動いてしまう可能性が高くなります。

当然頭が動くと軸は作れていないということになります。

逆に頭を止めておくことでスイング軸は作れます。

それなら最初から「頭を止めることが軸を作ること」だと考えた方が断然スイングをシンプルにすることができます。

背骨を軸にして身体を捻ると頭がスエーの動きになりやすいというデメリットがあります。

背骨を軸でも頭が動かなければ問題ありません。しかし、頭を止めて軸を作る方が簡単です。

 

注意ポイント2
顔の向きは利き目に合わせる

頭が動くのはNGですが、利き目によって顔の向きは変えるべきです。

利き目に合わせて顔の向きを変えることでスイングがスムーズになりミート率が上がります。

バックスイング〜トップで利き目に逆らった顔の動きをしてしまうとボールが見えなくなったり、ボールとの距離感が狂ってしまいます。それを修正しようと慌てることが切り返しでの力みになります。

 

注意ポイント3
切り返しでクラブを立てない

いつもご説明している通りゴルフスイングの一番の重要ポイントはトップ〜ダウンスイングへの切り返しです。

切り返しでクラブが立つ動きになると当たらないダウンスイングになってしまします。

バックスイングで上げたクラブの角度よりも切り返しでクラブを立ててしまうことでミート率は劇的に下がってしまします。

逆に切り返しでクラブが立たない動きができればその後のダウンスイングでのクラブの軌道や身体の動きは自動的に良くなります。

切り返しでクラブを立てないことがミート率を上げるための絶対条件となります。

 

注意ポイント4
腕の振りと身体の回転を合わせる

切り返しの動きが良くなるとその後の動きもオートマチックに良い動きとなります。

そこで気を付けたいのが手だけでクラブを振らないということです。

切り返し以降で手を使い過ぎてしまうとオートマチックな動きを邪魔してしまいます。

そうなると当然ミート率は良くなりません。

特に緊張した場面では腕だけでクラブを振ってしまいがちになります。

大事なのは腕の振りと身体の回転を同調させることです。

その動きができればどんな状況でも安定したミート率でボールを打つことができます。

切り返し以降なるべく手だけを使わないで腕の振りと身体の回転を同調させましょう。特に緊張した場面でミート率を下げないためにはこの腕と身体を一緒に振る意識が必要です。

 

まとめ

  • ミート率を上げるための第一歩はバックスイング〜トップで頭を動かさないこと
  • 自分の利き目を知った上でそれに合わせた顔の向きでクラブを上げる
  • ミート率を上げるためには切り返しでクラブを立てないことが一番の重要ポイント
  • 切り返し以降は腕の振りと身体を回転を合わる

 

上手くなる情報を配信中!

ライン@にご登録頂くと技術、フィジカル、メンタル、クラブなどアマチュアゴルファーの方が上手くなるための全ての分野の情報をご覧頂けます。

ご登録はこのボタンを押してください

友だち追加

タイトルとURLをコピーしました