スイングの横振りとフォローでの肘引けを治す方法

東銀座ゴルフスクールでは、このブログのメソッドを使ったレッスンを行っています。

カット軌道と
横振りの関係

「インパクトからフォローで、後方からの画でクラブが左肩口から出てこないで、左ひじが引けた状態で、低く出てしまいます。修正するよい練習方法がありましたら、教えてください」

というご質問にお答えして、今回はスイングの横振りとフォローでの肘引けについて解説します。

 

フォローで肘が引ける原因とは?

アウトサイドインのカット軌道がフォローの肘引けに繋がる

まず、ご質問のフォローで肘が引けてクラブが肩口よりも低く出る形になるのは、ダウンスイングからフォローがアウトサイドイン軌道になるのが原因です。

アウトサイドインのカット軌道で振ることでフォローが低くなり、肘が引けてしまいます。

 

アウトサイドイン軌道の始まりの動きとは?

そのアウトサイドイン軌道になる大きな原因は、切り返しでのクラブの動きにあります。

クラブがバックスイングで上がった軌道よりも立って下りる動きになることからアウトサイドイン軌道のダウンスイングが始まります。

切り返しで上がった軌道よりもクラブが立って下りることでアウトサイドインのカット軌道になってしまいます。

 

なぜ?切り返しでクラブが立つのか?

これは、まずミスを怖がるという心理的な問題が大きいと思います。

クラブをインサイドから下すということは最初は難しい動作です。

多くの方がインサイド軌道を意識するとダフりやボールが右に飛ぶというミスが出やすくなります。

その失敗を恐れて本能的に当てやすいと感じる切り返しのでクラブを立てるという動きを作ってしまいます。

そして、その動きを続けていることがスイングの強い癖になり、カット軌道が治せないという流れになってしまいます。

多くのアマチュアゴルファーの方はクラブをインサイドから下すことで生まれるミスを怖がってボールに当てようとする心理がアウトサイドイン軌道に振ってしまう原因となっています。

 

切り返しからのアウトサイドイン
軌道を修正する練習法

練習法1

極端なインサイドアウトの軌道を体感することで、アウトサイドインにズレている軌道を修正する練習法です。

ウェッジを使って40~50ヤードくらいのアプローチでインサイドアウトの軌道で振る練習をします。

少しオープンスタンス思い切ってボールを右に打ち出す意識で打ちましょう。

 

練習法2

練習1で感覚が掴めたら、次にインサイドアウトの軌道をストレートな軌道に修正していきます。

写真のような位置にボールを置いて打つことで、インサイド・ストレートなスイングの軌道を覚えていきます。

最初は短いクラブから始めて段々と感じを掴んでいきましょう。

この2つの練習法を繰り返し行うことで、横振りとフォローでの肘が引ける動きは改善されます。

 

まとめ

  • スイングが横振りになったり、フォローで肘が引けてしまうのはアウトサイドインのスイング軌道が原因
  • 切り返しでクラブが立つことがアウトサイドイン軌道の始まり
  • アウトサイドイン軌道のスイングを矯正するにはインサイドアウト軌道で振る練習が必要

 

ライン@にご登録頂くと技術、フィジカル、メンタル、クラブなどアマチュアゴルファーの方が上手くなるための全ての分野の情報をご覧頂けます。

ご登録はこのボタンを押してください

友だち追加

タイトルとURLをコピーしました