インサイド軌道のダウンスイングを難しくしているものとは?

スピードが壊す
インサイドダウンの動き

もしスローな動きで良いのなら、インサイド軌道でクラブを下すダウンスイングは誰でも簡単に作ることができます。

しかし、大半の方がスイングにスピードがついた途端にその動きができなくなってしまいます。

このスピードによって意識した動きができなくなるという問題に悩まされているゴルファーの方は多いはずです。

スイングの動きの中でも特に切り返しからインパクトまでの動きは一瞬なので、その間に意識的にクラブと身体の動きを管理することはプロでもほぼ不可能なことです。

ではスピードが付いた状態でもイメージどおりにインサイド軌道でダウンスイングするにはどうすれば良いのか?

今回はその問題の解決方法について考えてみます。

 

下田信司神戸&東京レッスン

 

スピード問題の解決法とは?

この意図したダウンスイングの動きがスピードによって邪魔をされてできなくなるという問題を解決する唯一の方法があります。

それは加速前の動きを良くすることで加速後の動きをオートマチックに良いものにするという方法です。

加速前の動きとはバックスイング〜切り返しの動きです。

その中でも特に意識すべきポイントが切り返しの動きです。

なぜなら、切り返しが加速前に自分が意識ができる最後の動きであり、且つダウンスイングへ向けて加速するスタートの動きになるからです。

ダウンスイングのスタートである切り返しの動きを意識することでスピードによってインサイドダウンが壊される現象を防ぐことができます。

スピードに負けない
切り返しの動きは誰でも作れる

ではスイングが加速してもインサイド軌道のダウンスイングが作れる具体的な切り返しのやり方をご説明します。

 

ポイント1
切り返しの技術でクラブヘッドを
インサイドの軌道に乗せる

まずは切り返しでクラブを後ろに倒す動きによってクラブヘッドをインサイド軌道のプレーンに乗せていきます。

このポイントはかなり重要で、切り返しでクラブが倒れることでスイングスピードが付いた状態でもダウンスイングのクラブがカット軌道になるのを防ぐことができます。

そして、この切り返しでクラブを倒す動きをやりやすくするのが、下の写真のように切り返しでグリップエンドを斜め前にスライドさせることによってクラブが自然に後ろに倒す技術です。

この技術を私の理論では「グリップの支点ずらし」と呼んでいます。

ダウンスイングのスタートである切り返しでクラブヘッドをインサイド軌道のプレーンに乗せていきます。その動きを簡単にするための技術が「グリップの支点ずらし」です。

 

ポイント2
力まずにそっと切り返す

これはスイング全体で言えることですが、特に切り返しでの力みは禁物です。

飛ばしたいと切り返しを力むとクラブが倒れる動きを邪魔してしまいます。

そこに加速が加わるとまずインサイド軌道は作れず、大きくミート率を下げるカット軌道のダウンスイングになってしまいます。

そのエラーの連鎖を防ぐためには、なるべくゆっくり力まずの切り返しを意識しましょう。

切り返しでの力みはインサイド軌道のダウンスイングの邪魔になります。力まず丁寧な切り返しの動きを意識しましょう。

 

まとめ

スイングにスピードが付くとダウンスイングのインサイド軌道が作れないという問題は切り返しの動きを良くすることで解決する。

 

上手くなる情報を毎日配信!

ライン@にご登録頂くとゴルフ上達に役立つ技術、フィジカル、メンタル、ギアなどの情報をご覧頂けます。

ご登録はこのボタンを押してください。

友だち追加

タイトルとURLをコピーしました