ミート率の良いダウンスイングは誰でも必ず作れる!

   2019/03/12

もしスローな動きで良いのなら、インサイドからのクラブ軌道も骨盤がしっかりと前傾した動きも誰でも簡単に作ることができます。

しかし実際にはダウンスイングが始まってインパクトまでの動きは一瞬です。

ダウンスイングがなぜ難しいのかと言えば、単純に動きが一瞬だからです。

下田信司神戸&東京レッスン

インパクトと切り返しの関係を理解する

ミート率の良し悪しは
切り返しの動きで決まる

ダウンスイングからインパクトまでが一瞬の動きである以上は、そのダウンスイングのスタートである切り返しを失敗した場合にはそれ以降でクラブや身体の動きを修正することはほぼ不可能です。

切り返しの動きのミスはインパクトのオーバーハンドアップの動きに直結します。

このオーバーハンドアップになるからクラブフェースの芯にボールが当たらなくなりミスショットになってしまいます。

逆にインパクトでのオーバーハンドアップを防ぐことができればナイスショットの確率が高くなります。

つまり、切り返しの動きの良し悪しでミート率が決まるということです。

ミート率の良いスイングは誰でも作れる

実際のレッスンには、

「インサイドからのダウンスイングがやりたいけど、どうやってもできない」

「カット軌道を直そうといろいろやってみたけど、どうしても直せない」

と長年悩んでいるゴルファーの方が沢山いらっしゃいます。

しかし、皆さんが切り返しの動きを修正することで短時間でインサイドからのダウンスイングができるようになります。

ミート率の良いインサイド軌道のダウンスイングは切り返しの動きを良くすることで誰でも必ず作れるのです。

上手くなる情報を毎日配信!

ライン@にご登録頂くと私のテキストによるレッスンと、プロのトレーナー兼ドラコンプロであり私の認定コーチでもある平野コーチによるレッスン動画をご覧になれます。

ライン@ご登録はこのボタンを押してください。

友だち追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket