なぜアマチュアゴルファーはプロのように振れないのか?

今回はアマチュアゴルファーの方がプロのようなスイングをするためのポイントについて解説します。

 

プロとアマのスイングはどこが違うのか?

プロとアマではダウンスイングが違う

プロとアマのスイングには大きな違いがあります。

その一番の違いはダウンスイングの動きです。

もっと詳しく言えば、切り返しでのクラブの動かし方が違います。

稀にアマチュアの方の中にも良い動きをする方もいらっしゃいます。

しかし、多くの方はその部分の動きが全く違っています。

多くのアマチュアゴルファーは切り返しでクラブを立てて肩の近くから切り返す

私の長い間のレッスンデータによると、ほとんどのアマチュアゴルファーの方の切り返しはクラブを立てながら下ろしてきます。

これがカット軌道やインパクトで手元が浮いたスイングになる原因です。

アマチュアゴルファーの方の多くが、写真のようにクラブを上げた軌道よりも立てながら下ろす切り返しになってしまいます。

 

クラブを立てない切り返しで
ミート率を高める

プロは肩下から切り返す

逆にプロの切り返しはクラブを立てないで、クラブをフラットにダウンスイングしてきます。

このフラットダウンの動きによって、カット軌道やインパクトでの手元が浮く動きを防ぐことができ、捕まった強いボールが打てる確率が上がります。

プロはバックスイングを上げた軌道よりも切り返しでクラブを倒してフラットにダウンスイングしてきます。

フラットなダウンスイングのもうひとつのメリットとは?

クラブが立たない切り返しになると、グリップが腰の辺りに下りてきたときに手首のタメが最大となります。

そして、そこから解放されたクラブヘッドは一気に加速してボールを打ち抜くという良い動きの連鎖が生まれます。

この動きの連鎖がヘッドスピードを上げて無理なく飛距離をアップさせます。

フラットなダウンスイングは、インパクト前に最大のタメを作りその動きがヘッドスピードアップに繋がります。

 

多様性の中でも世界基準のスイングはフラット化している

最近は欧米をはじめ韓国、タイなどフラットな軌道でクラブを下ろす選手が多くなってきました。

つまり世界基準のスイングでは、ダウンスイングのフラット化が進んでいるということです。

ミート率、飛距離、安定性を追求するプロ選手達のこういった流れはフラットなダウンスイングが効率の良い動きだということを証明しています。

世界基準ダウンのスイングはフラット化しています。これは効率の良さを求めた結果でしょう。

 

大人はややフラットでOK

ジュニアまたは若い年齢からからゴルフをやってきたプロと違って、身体か硬くなってからゴルフを始めた人にこのフラットなダウンスイングができるのか?

そう思われる方も多いでしょう。

しかし、ご安心を。

切り返しでクラブを立てない動きができれば、フラットなダウンスイングは十分に作れます。

その動きでもミート率は確実にアップしますので、ぜひフラットなダウンスイングにトライしてみてください。

大人でも切り返しでクラブを立てない動きを覚えることでフラットなダウンスイングを作ることができます。

フラットなダウンスイングが簡単に作られるメソッドについて詳しくはこちらから

タイトルとURLをコピーしました