この記事を読まれる前に

必ず飛距離アップする方法

はじめまして、下田です。

私は最近、長い間ずっと探し求めていたある問題の答えをみつけました。

そのずっと探していた問題とはゴルフスイングに於ける軸の作り方です。

そして、その問題に答えを与えてくれたのが「イス軸法」というひとつのメソッドです。

このイス軸法は、椅子から立ち上がるだけで、誰でもまるで武術の達人のような強い身体の中心軸というものが作れるという夢のようなメソッドです。

この軸が身体にできあがると、一瞬で身体能力がアップします。

身体能力がアップするということは、当然飛距離もアップします。

嘘のような話ですが、これが本当なんです。

一度、騙されたと思って下の画像をクリックしてイス軸法の動画を観てください。

そして、今すぐ飛距離を伸ばしたいという方はぜひイス軸法をやってみてください。

必ず驚く結果が出るはずです。

YouTube動画はこちらから


 

綺麗なスイングと練習の目的について

今回はゴルファーなら誰もが憧れる綺麗なスイングの作り方と練習の意識について考えてみたいと思います。

 

綺麗なスイングって?

Dr.ヒツモト
Dr.ヒツモト
やはり我々アマチュアもプロのような綺麗なスイングには憧れるわけですが、コーチが考える綺麗なスイングとはどういうスイングでしょう?

 

スイングを綺麗にするには動きに無駄がないことと動きが滑らかであることの2つが必要ですね。
シモダ
シモダ

 

Dr.ヒツモト
Dr.ヒツモト
無駄なく滑らかな動き。たしかにそうですね。

 

そのためには力まないというのが絶対条件ですね。
シモダ
シモダ

 

Dr.ヒツモト
Dr.ヒツモト
それって我々アマチュアゴルファーにはかなり難しいことですよね。

 

ですね。

アマチュアの方は練習からどうしても飛ばそうとして力んでしまいますから。

シモダ
シモダ

 

Dr.ヒツモト
Dr.ヒツモト
力まない方法はないのでしょうか?

 

これは心理的な要因が強いですから根本意識を変えるしかないですね。
シモダ
シモダ

 

Dr.ヒツモト
Dr.ヒツモト
意識ですか?

 

そうです。まず練習場は良いボールを打つところではなくコースで使える良いスイングを作るところだと強く思う必要があります。
シモダ
シモダ

 

Dr.ヒツモト
Dr.ヒツモト
スイングに集中して結果は気にしないということですね?

 

クラブや身体の動きが良くなれば自然と良い球になりますから。
シモダ
シモダ

 

Dr.ヒツモト
Dr.ヒツモト
たしかに。

悪いスイングでいくら練習しても上手くならないですよね。

 

ボールに当てる感覚はつきますけど、コースでいつも安定して良いスコアが出るようにはなりませんね。
シモダ
シモダ

 

ボールの打ち過ぎに
注意しましょう!

Dr.ヒツモト
Dr.ヒツモト
練習の始めはいつも今日は綺麗なスイングで打とうと思っているんですけど、いざ目の前にボールがあるとどうしても飛ばしてやろうと思ってしまいます(笑)

 

まあ皆さんそうなんですよね(笑)その現象を防ぐおすすめのやり方として球数を決めてゆっくりとインターバルを空けながら打つ練習法がありますね。
シモダ
シモダ

 

Dr.ヒツモト
Dr.ヒツモト
イケイケドンドンで打たないということですね。

 

力まないで練習をするためには50球から100球くらいまでに球数を決めて1球1球の間に素振りなどを入れて時間を空けて丁寧に打つ方がいいですね。
シモダ
シモダ

 

Dr.ヒツモト
Dr.ヒツモト
やはりそうですか。

 

だいたい良い動きでボールを打つということはかなりキツイことなのでそんなに連続して多くの球数は打てないものですよ。
シモダ
シモダ

 

Dr.ヒツモト
Dr.ヒツモト
なるほど。沢山ボールが打てる場合は良くない打ち方をしてると考えた方がいいわけですね。

 

練習場では綺麗なスイングを
徹底的に意識しましょう!

雑な練習にならないためにも練習場では綺麗なスイングをすることに意識を向けたいですね。
シモダ
シモダ

 

Dr.ヒツモト
Dr.ヒツモト
無駄のないスムーズなスイングの意識かぁ。

丁寧に振るという意識よりその方がイメージが出ますね。

 

ポイントはボールはあくまでもスイングの途中にあるだけのイメージで強振せずバランス良くです。
シモダ
シモダ

 

Dr.ヒツモト
Dr.ヒツモト
なるほど。素振りのように打てれば最高なわけですね。

 

まさにそれが理想ですね。後はフィニッシュはしっかりと止まることです。
シモダ
シモダ

 

 

Dr.ヒツモト
Dr.ヒツモト
フィニッシュを止まることでバランスが良くなって振り過ぎ防止になるんですよね。

 

そのとおりです!
シモダ
シモダ

 

Dr.ヒツモト
Dr.ヒツモト
あとは実践あるのみですね。
さっそく意識改革してみます。

 

飛距離アップ特化型レッスン
BUTTOBI

ゴルフが上手くなるLINEコミュニティ

 

なぜ上手くなるのか?

難しいことからの解放

LINEでは、わずか5秒で強い身体の軸が作れる脅威のメソッドイス軸法についての詳しい解説をしています。

椅子から立ち上がるだけで、誰でも強い身体の軸が作れるのがイス軸法です。

強い身体の軸ができるとすぐに身体能力がアップします。

身体能力がアップすることで飛距離もアップします。

またイス軸法を行うと骨盤の歪みも矯正され、その影響で身体の柔軟性もアップします。

柔軟性が上がることでスイングがスムーズになりミート率も良くなります。

イス軸法で軸を作って、その軸を使ってスイングする。

たったこれだけでゴルフは上手くなります。

もう難しいスイング改造やキツイトレーニングは必要ありません。

 

どこでもできるイス軸法

このイス軸法は椅子があればどこでも簡単に行うことができます。

やり方は簡単で、椅子から立ち上がるだけです。

とはいえ、気を付けなければならない大事なポイントがいくつかあります。

LINEではその大事なポイントや軸ができた後に、その軸を効率良くスイングに取り入れる方法を詳しく解説しています。

 

イス軸法とは?

イス軸法とは、椅子から立ち上がるだけで誰でもまるで武術の達人のような強い身体の中心軸が作れるという脅威のメソッドです。

詳しくはこちらの動画で

「反則級に飛距離が伸びる魔法のようなメソッドに出会った」

 

イス軸法が人気ゴルフ雑誌アルバに掲載されました

 

飛距離アップ特化型レッスンスクール
BUTTOBIとは?

飛距離アップ特化型レッスンBUTTOBIは、5秒で強い体軸を作ることができる脅威のメソッド「イス軸法」を使って、短時間で飛距離を伸ばすことをメインとしたレッスンスクールです。

 

BUTTOBIコーチ陣プロフィール

310800_186334734785099_1522337566_n

下田 信司
(しもだ しんじ)

1972年 愛媛県宇和島市生まれ

ゴルフコーチ

イス軸法インストラクター

2001年より独自のゴルフ理論を駆使して東京、大阪、愛媛にてアマチュアゴルファーからプロゴルファーまで幅広くレッスン活動を続ける。

また、長年のスイング研究を元に本当に上手くなれる練習器具を開発中。

2022年

◆西山創氏が開発した身体の体軸を5秒で作れる「イス軸法」に出会い感銘を受けインストラクターの資格を取る。

その後、本格的の体軸を活かしたゴルフスイングの研究を始める。

◆イス軸法を使った飛距離アップ特化型レッスンスクール「BUTTOBI」を東京、大阪でスタートさせる。

カチッと音を鳴らして振るだけで、ミート率アップに繋がるインサイド軌道のダウンスイングが体感できます。

使い方&レッスン動画はこちらから

みんなのゴルフダイジェストで
紹介されました

ご購入はこちらから

 

ゴルフ上達の考え方
shinjishimodaをフォローする
shinjishimoda

下田 信司 (しもだ しんじ)
ゴルフコーチ

2001年より独自のゴルフ理論を駆使して東京、大阪、愛媛にてアマチュアゴルファーからプロゴルファーまで幅広くレッスン活動を続ける。

また、長年のスイング研究を元に本当に上手くなれる練習器具を開発中。

shinjishimodaをフォローする




Shinji Shimoda.com
タイトルとURLをコピーしました