綺麗なスイングと練習の目的について

今回はゴルファーなら誰もが憧れる綺麗なスイングの作り方と練習の意識について考えてみたいと思います。

綺麗なスイングって?

Dr.ヒツモト
やはり我々アマチュアもプロのような綺麗なスイングには憧れるわけですが、コーチが考える綺麗なスイングとはどういうスイングでしょう?

 

シモダ
スイングを綺麗にするには動きに無駄がないことと動きが滑らかであることの2つが必要ですね。

 

Dr.ヒツモト
無駄なく滑らかな動き。たしかにそうですね。

 

シモダ
そのためには力まないというのが絶対条件ですね。

 

Dr.ヒツモト
それって我々アマチュアゴルファーにはかなり難しいことですよね。

 

シモダ
ですね。アマチュアの方は練習からどうしても飛ばそうとして力んでしまいますから。

 

Dr.ヒツモト
力まない方法はないのでしょうか?

 

シモダ
これは心理的な要因が強いですから根本意識を変えるしかないですね。

 

Dr.ヒツモト
意識ですか?

 

シモダ
そうです。まず練習場は良いボールを打つところではなくコースで使える良いスイングを作るところだと強く思う必要があります。

 

Dr.ヒツモト
スイングに集中して結果は気にしないということですね?

 

シモダ
そうです。クラブや身体の動きが良くなれば自然と良い球になりますから。

 

Dr.ヒツモト
たしかに。悪いスイングでいくら練習しても上手くならないですよね。

 

シモダ
ボールに当てる感覚はつきますけど、コースでいつも安定して良いスコアが出るようにはなりませんね。

 

綺麗なスイングとは動きに
無駄がなくスムーズなこと

ボールの打ち過ぎに
注意しましょう!

Dr.ヒツモト
練習の始めはいつも今日は綺麗なスイングで打とうと思っているんですけど、いざ目の前にボールがあるとどうしても飛ばしてやろうと思ってしまいます(笑)

 

シモダ
まあ皆さんそうなんですよね(笑)その現象を防ぐおすすめのやり方として球数を決めてゆっくりとインターバルを空けながら打つ練習法がありますね。

 

Dr.ヒツモト
イケイケドンドンで打たないということですね。

 

シモダ
はい。力まないで練習をするためには50球から100球くらいまでに球数を決めて1球1球の間に素振りなどを入れて時間を空けて丁寧に打つ方がいいですね。

 

Dr.ヒツモト
やはりそうですか。

 

シモダ
だいたい良い動きでボールを打つということはかなりキツイことなのでそんなに連続して多くの球数は打てないものですよ。

 

Dr.ヒツモト
なるほど。沢山ボールが打てる場合は良くない打ち方をしてると考えた方がいいわけですね。

 

しっかり体幹を使って身体を捻ってボールを打つと連続して多くの球数は打てません。逆に身体をあまり使わず手だけでのスイングだと球数は多く打てますがそれでは上達できない練習になってしまいます。

練習場では綺麗なスイングを
徹底的に意識しましょう!

シモダ
雑な練習にならないためにも練習場では綺麗なスイングをすることに意識を向けたいですね。

 

Dr.ヒツモト
無駄のないスムーズなスイングの意識かぁ。丁寧に振るという意識よりその方がイメージが出ますね。

 

シモダ
アドレスで姿勢を良くしてバックスイングもフィニッシュも軸を意識して身体を滑らかに捻りながら打つ感じですね。

 

 

シモダ
ポイントはボールはあくまでもスイングの途中にあるだけのイメージで強振せずバランス良くです。

 

Dr.ヒツモト
なるほど。素振りのように打てれば最高なわけですね。

 

シモダ
まさにそれが理想ですね。後はフィニッシュはしっかりと止まることです。

 

Dr.ヒツモト
フィニッシュを止まることでバランスが良くなって振り過ぎ防止になるんですよね。

 

シモダ
その通りです。

 

Dr.ヒツモト
あとは実戦ですね。
さっそく意識改革してみます。

 

ライン@にご登録頂くと技術、フィジカル、メンタル、クラブなどアマチュアゴルファーの方が上手くなるための全ての分野の情報をご覧頂けます。

ご登録はこのボタンを押してください

友だち追加

タイトルとURLをコピーしました