ミート率が上がるバックスイングの上げ方について解説しましょう!

正しくダウンスイングするためには、当然正しくバックスイングした方が良いです。

しかし、どう上げたら良いのか?と迷っている方は多いはずです。

そこで今回は良いバックスイングの上げ方について考えてみたいと思います。

 




切り返しの動きが悪くなる
代表的な2つの上げ方とは?

ミート率に直結しているのが、ダウンへのスタートのある切り返しの動きです。

そういう意味で切り返しの動きを難しくする上げ方はNGです。

フラット過ぎる上げ方

切り返しが立つ動きになりやすいのが、クラブヘッドを横に上げるフラットなバックスイングです。

レッスンをしていると、このフラットなバックスイングから切り返しを失敗しているいる方を多く見かけます。

切り返しでクラブ(シャフト)が立ちやすいフラット過ぎるバックスイングはスイングを難しくします。

 

2.ノーコック過ぎる上げ方

 ノーコック過ぎる上げ方も切り返しの動きを難しくしてしまいます。

ノーコックの場合は、左腕に過度な力みが入るので切り返しのタイミングが悪くなりす。

極端なノーコックな上げ方では切り返しが難しくなります。

 

ミート率を上げるバックスイング

コックを使ってクラブを立てる

切り返しの動きを簡単にするためには、グリップが腰の位置に上がった時に少しコックを使ってクラブを立てる動作を入れることをおすすめします。

このコックの動きによってクラブの横上げを防ぐことができます。

少しコックを使ってクラブを立てながら上げましょう。

このクラブを立てるバックスイングによって、切り返しでクラブを倒す動きがやりやすくなります。

切り返しでクラブを倒すことでクラブヘッドがインサイド軌道のダウンスイングが作られます。

バックスイングについて更に詳しくはこちらをご覧ください

タイトルとURLをコピーしました