21世紀型スイングのすすめ

世界のスイングは
進化している

世界基準のスイングは多様性の中で大きく変化してきています。

私がいちばんの変化を感じるポイントは切り返しからダウンスイングのクラブ(シャフト)の軌道です。

今の欧米や韓国の選手達のスイングは昔の選手に比べてダウンスイングの軌道がフラットになってきました。

ひと昔前はクラブ(シャフト)を寝かさず肩口かややその下からの軌道でダウンスイングするというのが主流で、そういうスイングをする選手が殆どでした。

しかし、今現在の世界で活躍している選手達の多くは切り返しからクラブを立てずに肩のかなり下からダウンスイングしてきます。

つまり、ここ数年で世界基準のスイングはダウンスイングのフラット化が進んでいるということです。

昔はシャフトを立て気味に肩口もしくはやや肩下からダウンスイングする選手が多かったが、今はシャフトを立てずに肩よりもかなり下からダウンスイングする選手が圧倒的に多くなっています。

 

フラットダウンの
2つのメリットとは?

メリット1
ボールが捕まる

軌道がフラットということは、当然クラブはお大きくインサイド(背中側)らお下りてくることになりボールが捕まりやすくなります。

フラットなダウンスイングはボールが捕まりやすく、またインパクトの前にクラブ(手首)のタメが効いた動きになり飛距離が出ます。

 

メリット2
再現性が高い

ゴルフクラブはフラットに振る方がその特性を活かすことができるので再現性が高くなります。

これはクラブを上手く使わないと打てない力のない子供で実験するとよくわかるのですが、ダウンスイングでクラブを立ててアップライトに下ろすよりも寝かせてフラットに下ろした方がミート率も良く再現性も圧倒的に高くなります。

 

まとめ

・今の世界基準のダウンスイングはフラット化してきた。

・フラットなダウンスイングは飛距離が出て再現性も高い。

身体が硬くて自分には無理なのではと思われる方もいらっしゃると思いますが、今のダウンスイングよりも少しフラットにするだけでも大きな効果ありなので、もっと飛ばしたいとかミート率を上げたいという方はぜひ21世紀型スイングに挑戦してみてください。

 

ライン@にご登録頂くと技術、フィジカル、メンタル、クラブなどアマチュアゴルファーの方が上手くなるための全ての分野の情報をご覧頂けます。

ご登録はこのボタンを押してください

友だち追加

タイトルとURLをコピーしました