バックスイングがシンプルになる!スイングのスタートを失敗しないための大事なポイントについて詳しく解説します

バックスイングのスタートの動きは、インパクトでのクラブヘッドの動きに大きく影響します。

そのためバックスイングのスタートの動きを失敗してしまうと、ミスになる確率が高くなります。

スタートの動きの失敗とは、アドレスで構えた肩のラインに対してクラブヘッドをアウトサイドに上げてしまうことです。

実は多くの方が自分では気づかないうちにこのアウトサイドにクラブヘッドを引くミスをしています。

今回はバックスイングのスタートを失敗しないための簡単な方法について解説します。

 

なぜスイングのスタートで
アウトへのミスをするのか?

右腕がバックスイング方向へのストッパーになる反動によってアウトへのミスを招く

ゴルフのグリップは基本的に右手を左手の下に握ります。

右手が下になることで、バックスイング方向に対して右腕は硬くなります。

右腕が硬くなることで、クラブヘッドを真っ直ぐ後ろに動かそうとする力止めてしまいます。

その反動でクラブヘッドが肩のラインよりもアウトサイドに上がるというエラーな動きが生まれてしまいます。

左手よりも右手を下に握ることで自然に生まれるバックスイング方向への右腕の硬さがスイングのスタートでクラブヘッドをアウトサイドに上げてしまうミスの根本的な原因になります。

 

アウトへのミスを防ぐ
右腕の使い方とは?

スイングのスタートで右肘を後ろに引くことでクラブヘッドの真っ直ぐな通り道が作れる

このクラブヘッドをアウトサイドに上げてしまうミスを防ぐ方法があります。

それは、スイングのスタートでいきなり右肘を脇腹の方向に引き付けるように動かすというやり方です。

右肘を脇腹に引き付けることで、肘が軽く折れた動きになります。

この右肘が軽く折れる動きによって、右腕全体をバックスイング方向に柔らかく使えるようになります。

また、この肘の動きによってクラブヘッドを真っ直ぐに引く通り道も作ることができます。

スイングのスタートの動きが苦手な方はぜひお試しください。

右肘を後ろに引くことで、バックスイング方向へ右腕を柔らかく使うことができます。

また、この動きによって肩のラインに平行なクラブヘッドの通り道を作ることができます。

 

タイトルとURLをコピーしました