この記事を読まれる前に

必ず飛距離アップする方法

はじめまして、下田です。

私は最近、長い間ずっと探し求めていたある問題の答えをみつけました。

そのずっと探していた問題とはゴルフスイングに於ける軸の作り方です。

そして、その問題に答えを与えてくれたのが「イス軸法」というひとつのメソッドです。

このイス軸法は、椅子から立ち上がるだけで、誰でもまるで武術の達人のような強い身体の中心軸というものが作れるという夢のようなメソッドです。

この軸が身体にできあがると、一瞬で身体能力がアップします。

身体能力がアップするということは、当然飛距離もアップします。

嘘のような話ですが、これが本当なんです。

一度、騙されたと思って下の画像をクリックしてイス軸法の動画を観てください。

そして、今すぐ飛距離を伸ばしたいという方はぜひイス軸法をやってみてください。

必ず驚く結果が出るはずです。

YouTube動画はこちらから


 

アプローチでのミスを防ぐための最大の注意点とは?

スコアメイクにおいてアプローチはとても大事です。

しかし、アプローチが苦手という方は多いようです。

「他のショットに比べると地味なショットなのであまり練習をしない」

「そもそもどこに気を付けて練習すれば良いか分からない」

レッスンをしているとそんな声をよく耳にします。

実はアプローチショットはポイントを押さえておけば難しいものではありません。

今回はアマチュアの方のミスの原因になっている可能性が高いと思われるアプローチショットでの悪い動きとその修正法について解説します。

 

シャットフェースが
最大のミスの原因である

レッスンをしていてアプローチが苦手な方に非常に多い共通点がバックスイングでクラブフェースをシャットに上げる動きです。

ここで問題なのが、トップで閉じたフェースはその反動で必ず開いて下りてくるということです。

そうなるとクラブの開く動きに連動して身体があおる動きになり、ボールが飛ばないダフりや逆にどこまでも転がってしまうトップのミスになります。

アプローチショットのバックスイングをシャットに上げる方を大変多く見かけます。

このフェースを閉じた動きがアプローチのミスの原因になります。

 

シャットフェースに
上げる原因とは?

シャットフェースになる心理的な原因として次の2つが考えられます。

  • シャットフェースの方がボールが捕まるイメージがある
  • シャットに上げないとボールが右に飛ぶかシャンクが出そう

たしかにシャットフェースに上げた方がボールを捕まえやすくなる感じはあります。

しかし、先程ご説明したように上げるときに閉じたフェースは必ず反動で下ろすときに開く動きになります。

その結果、ボールに当たらないダウンスイングになってしまいます。

次のシャンクが出そうだという問題ですが、これは先ほどとは逆に開いたフェースはダウンスイングでは閉じて下りてきますので、実際に右に飛ぶことはありません。

(その原理は後ほど詳しくご説明します)

フェースを閉じてバックスイングするとその反動でダウンスイングでフェースが開くためボールに上手くコンタクトできなくなります。

 

チャックリのミスも
シャットフェースが原因

ボールが全く飛ばないダフりのミス、いわゆるチャックリもこのシャットフェースのバックスイングが原因だと考えられます。

先程のフェースが開いて下りてくる動きでダウりやトップのミスが出るとそれを防ごうと無意識にクラブフェースを閉じたまま下ろしてくる場合があります。

そうなるとクラブはフェースのトゥ側から下りてくることになります。

その状態で少しでもボールの手前にクラブが入ってしまうと地面に刺さってしまい、ボールが飛ばないチャックリのミスになってしまいます。

誰もが経験があるはずのチャックリという嫌なミスもバックスイングでのフェースの閉じ過ぎが原因です。

 

アプローチショットを
シンプルにする方法

シャットフェースによるデメリットが十分にお分かり頂けたと思いますので、次にアプローチショットを簡単にする方法について解説します。

方法1
オープンフェースで上げる

まずはシャットの反対であるオープン気味にバックスイングを上げてていきます。

フェースを開いて上げるとボールが右に飛び出しそうですが、実際は次の2つのミスをしない限りトップで開いたフェースはダウンでは閉じて下りてきますので、まずボールが右に飛ぶことはありません。

  • 切り返しでグリップに力を入れ過ぎる
  • 手だけでダウンスイングしてしまう

オープンフェースでクラブを上げてボールが右に出る場合はこの2つのどちらかのミスをしているということになります。

バックスイングでクラブヘッドをオープンに上げるときに大事なのが、切り返しでのグリップの握り過ぎとダウンから手だけでクラブを振ってしまうことです。

その2つのミスをしない限りボールが右に飛び出すことはありませんので怖がらずにフェースを開いて上げていきましょう。

 

方法2
ヘッドはボールの手前から滑らせる

オープンフェースでバックスイングができたら次に重要なのがボールに直接コンタクトしないということです。

つまり、クラブヘッドはボールの手前から滑らせても良いのです。

「え!それではダフってボールが飛ばないじゃないか」

と思われる方も多いと思いますが。

しかし、実はこれが簡単にミスなくアプローチショットを打つ最大のコツとなります。

オープンフェースでバックスイングを上げてからそのままオープンフェースなトップが作れると、その後の身体(上半身の回転)とクラブを同調させて一緒に振るダウンスイングによってクラブヘッドは自然にヒール側から下りてくる動きになります。

そもそも、クラブというのはヒールから地面に着地すると芝生の上を滑るように作られています。

その性能によって、ボールのやや手前からクラブヘッドを入れても問題なくちゃんとボールを拾ってくれます。

このボールにきっちりとコンタクトではなく、手前からという良い意味でのアバウト感によって精神的なプレッシャーも随分と少なくなります。

そのメリットとして、力まずにスイングすることができるのでアプローチショットの成功率が上がります。

オープンフェースのトップから身体(上半身の回転)と一緒にクラブを振っていくとクラブヘッドはヒール側から下りてきます。

クラブはヒール側から地面に当たると滑ってくれるように作られているので、ボールの手前からクラブを入れてもちゃんとボールを拾ってくれてスピンもかかります。

後は自分のイメージした振り幅までスイングするだけでシンプルにアプローチショットを打つことができます。

 

まとめ

  • アプローチが苦手な方はバックスイングをシャットに上げている可能性が高い
  • オープンフェースでバックスイングして身体と一緒に振ることが重要
  • ボールの手前からクラブヘッドのヒール側から滑らせることでアプローチショットがシンプルになりミスが減らせる

 

飛距離アップ特化型レッスン
BUTTOBI

ゴルフが上手くなるLINEコミュニティ

 

なぜ上手くなるのか?

難しいことからの解放

LINEでは、わずか5秒で強い身体の軸が作れる脅威のメソッドイス軸法についての詳しい解説をしています。

椅子から立ち上がるだけで、誰でも強い身体の軸が作れるのがイス軸法です。

強い身体の軸ができるとすぐに身体能力がアップします。

身体能力がアップすることで飛距離もアップします。

またイス軸法を行うと骨盤の歪みも矯正され、その影響で身体の柔軟性もアップします。

柔軟性が上がることでスイングがスムーズになりミート率も良くなります。

イス軸法で軸を作って、その軸を使ってスイングする。

たったこれだけでゴルフは上手くなります。

もう難しいスイング改造やキツイトレーニングは必要ありません。

 

どこでもできるイス軸法

このイス軸法は椅子があればどこでも簡単に行うことができます。

やり方は簡単で、椅子から立ち上がるだけです。

とはいえ、気を付けなければならない大事なポイントがいくつかあります。

LINEではその大事なポイントや軸ができた後に、その軸を効率良くスイングに取り入れる方法を詳しく解説しています。

 

イス軸法とは?

イス軸法とは、椅子から立ち上がるだけで誰でもまるで武術の達人のような強い身体の中心軸が作れるという脅威のメソッドです。

詳しくはこちらの動画で

「反則級に飛距離が伸びる魔法のようなメソッドに出会った」

 

イス軸法が人気ゴルフ雑誌アルバに掲載されました

 

飛距離アップ特化型レッスンスクール
BUTTOBIとは?

飛距離アップ特化型レッスンBUTTOBIは、5秒で強い体軸を作ることができる脅威のメソッド「イス軸法」を使って、短時間で飛距離を伸ばすことをメインとしたレッスンスクールです。

 

BUTTOBIコーチ陣プロフィール

310800_186334734785099_1522337566_n

下田 信司
(しもだ しんじ)

1972年 愛媛県宇和島市生まれ

ゴルフコーチ

イス軸法インストラクター

2001年より独自のゴルフ理論を駆使して東京、大阪、愛媛にてアマチュアゴルファーからプロゴルファーまで幅広くレッスン活動を続ける。

また、長年のスイング研究を元に本当に上手くなれる練習器具を開発中。

2022年

◆西山創氏が開発した身体の体軸を5秒で作れる「イス軸法」に出会い感銘を受けインストラクターの資格を取る。

その後、本格的の体軸を活かしたゴルフスイングの研究を始める。

◆イス軸法を使った飛距離アップ特化型レッスンスクール「BUTTOBI」を東京、大阪でスタートさせる。

カチッと音を鳴らして振るだけで、ミート率アップに繋がるインサイド軌道のダウンスイングが体感できます。

使い方&レッスン動画はこちらから

みんなのゴルフダイジェストで
紹介されました

ご購入はこちらから

 

アプローチゴルフ
shinjishimodaをフォローする
shinjishimoda

下田 信司 (しもだ しんじ)
ゴルフコーチ

2001年より独自のゴルフ理論を駆使して東京、大阪、愛媛にてアマチュアゴルファーからプロゴルファーまで幅広くレッスン活動を続ける。

また、長年のスイング研究を元に本当に上手くなれる練習器具を開発中。

shinjishimodaをフォローする




Shinji Shimoda.com
タイトルとURLをコピーしました