アプローチでのミスを防ぐための最大の注意点とは?

スコアメイクに於いてアプローチはとても大事です。

しかし、アプローチが苦手という方は多いようです。

「他のショットに比べると地味なショットなのであまり練習をしない」

「そもそもどこに気を付けて練習すれば良いか分からない」

レッスンをしているとそんな声をよく耳にします。

実はアプローチショットはポイントを押さえておけば難しいものではありません。

今回はアマチュアの方のミスの原因になっている可能性が高いと思われるアプローチショットでの悪い動きとその修正法について解説します。

 

東銀座ゴルフスクールでは、このブログのメソッドを使ったレッスンを行っています。

シャットフェースが
最大のミスの原因である

レッスンをしていてアプローチが苦手な方に非常に多い共通点がバックスイングでクラブフェースをシャットに上げる動きです。

ここで問題なのが、トップで閉じたフェースはその反動で必ず開いて下りてくるということです。

そうなるとクラブの開く動きに連動して身体があおる動きになり、ボールが飛ばないダフりや逆にどこまでも転がってしまうトップのミスになります。

アプローチショットのバックスイングをシャットに上げる方を大変多く見かけます。このフェースを閉じた動きがアプローチのミスの原因になります。

シャットフェースに
上げる原因とは?

シャットフェースになる心理的な原因として次の2つが考えられます。

  • シャットフェースの方がボールが捕まるイメージがある
  • シャットに上げないとボールが右に飛ぶかシャンクが出そう

たしかにシャットフェースに上げた方がボールを捕まえやすくなる感じはあります。

しかし、先程ご説明したように上げるときに閉じたフェースは必ず反動で下ろすときに開く動きになります。

その結果、ボールに当たらないダウンスイングになってしまいます。

次のシャンクが出そうだという問題ですが、これは先ほどとは逆に開いたフェースはダウンスイングでは閉じて下りてきますので、実際に右に飛ぶことはありません。

(その原理は後ほど詳しくご説明します)

フェースを閉じてバックスイングするとその反動でダウンスイングでフェースが開くためボールに上手くコンタクトできなくなります。

チャックリのミスも
シャットフェースが原因

ボールが全く飛ばないダフりのミス、いわゆるチャックリもこのシャットフェースのバックスイングが原因だと考えられます。

先程のフェースが開いて下りてくる動きでダウりやトップのミスが出るとそれを防ごうと無意識にクラブフェースを閉じたまま下ろしてくる場合があります。

そうなるとクラブはフェースのトゥ側から下りてくることになります。

その状態で少しでもボールの手前にクラブが入ってしまうと地面に刺さってしまい、ボールが飛ばないチャックリのミスになってしまいます。

誰もが経験があるはずのチャックリという嫌なミスもバックスイングでのフェースの閉じ過ぎが原因です。

アプローチショットを
シンプルにする方法

シャットフェースによるデメリットが十分にお分かり頂けたと思いますので、次にアプローチショットを簡単にする方法について解説します。

方法1
オープンフェースで上げる

まずはシャットの反対であるオープン気味にバックスイングを上げてていきます。

フェースを開いて上げるとボールが右に飛び出しそうですが、実際は次の2つのミスをしない限りトップで開いたフェースはダウンでは閉じて下りてきますので、まずボールが右に飛ぶことはありません。

  • 切り返しでグリップに力を入れ過ぎる
  • 手だけでダウンスイングしてしまう

オープンフェースでクラブを上げてボールが右に出る場合はこの2つのどちらかのミスをしているということになります。

バックスイングでクラブヘッドをオープンに上げるときに大事なのが、切り返しでのグリップの握り過ぎとダウンから手だけでクラブを振ってしまうことです。

その2つのミスをしない限りボールが右に飛び出すことはありませんので怖がらずにフェースを開いて上げていきましょう。

方法2
クラブヘッドはボールの手前から滑らせる

オープンフェースでバックスイングができたら次に重要なのがボールに直接コンタクトしないということです。

つまり、クラブヘッドはボールの手前から滑らせても良いのです。

「え!それではダフってボールが飛ばないじゃないか」

と思われる方も多いと思いますが。

しかし、実はこれが簡単にミスなくアプローチショットを打つ最大のコツとなります。

オープンフェースでバックスイングを上げてからそのままオープンフェースなトップが作れると、その後の身体(上半身の回転)とクラブを同調させて一緒に振るダウンスイングによってクラブヘッドは自然にヒール側から下りてくる動きになります。

そもそも、クラブというのはヒールから地面に着地すると芝生の上を滑るように作られています。

その性能によって、ボールのやや手前からクラブヘッドを入れても問題なくちゃんとボールを拾ってくれます。

このボールにきっちりとコンタクトではなく、手前からという良い意味でのアバウト感によって精神的なプレッシャーも随分と少なくなります。

そのメリットとして、力まずにスイングすることができるのでアプローチショットが非常にシンプルなショットになるわけです。

オープンフェースのトップから身体(上半身の回転)と一緒にクラブを振っていくとクラブヘッドはヒール側から下りてきます。

クラブはヒール側から地面に当たると滑ってくれるように作られているので、ボールの手前からクラブを入れてもちゃんとボールを拾ってくれてスピンもかかります。

後は自分のイメージした振り幅までスイングするだけでシンプルにアプローチショットを打つことができます。

 

まとめ

  • アプローチが苦手な方はバックスイングをシャットに上げている可能性が高い
  • オープンフェースでバックスイングして身体と一緒に振ることが重要
  • ボールの手前からクラブヘッドのヒール側から滑らせることでアプローチショットがシンプルになりミスが減らせる

 

上手くなる情報を配信中!

ライン@にご登録頂くと技術、フィジカル、メンタル、クラブなどアマチュアゴルファーの方が上手くなるための全ての分野の情報をご覧頂けます。

ご登録はこのボタンを押してください

友だち追加

タイトルとURLをコピーしました