上達するためのスイングに1番必要なものとは

ゴルフの上達には良いスイングは欠かせません。

ではその良いスイングとはどういうスイングか?

私が長年ゴルフスイングを研究してきて行き着いたその答えがあります。

私が行き着いた良いスイングの条件とは、トップからダウンスイングへの切り返しでクラブを立てないということです。

当ブログではそれについていろいろな角度から何度もご説明してきましたが、今一度詳しくその切り返しについて解説してみたいと思います。

 

クラブが立たない切り返しとは?

 

まず写真の切り返しでのクラブヘッドの動きをよく見てください。

トップからクラブヘッドが直接ボール方向には動かないで後ろ(背中側)にスライドして動いているのが分かると思います。

クラブヘッドが背中にスライドする動き。

この動きが切り返しでクラブが立たない動きとなります。

切り返しが立たないことでクラブヘッドが自然にインサイドからの軌道を描くダウンスイングになります。

また、これも自動的に切り返しが立たない動きがインパクト前に手首のタメが最大となる飛ばせる動きを作ります。

この他にもミート率が良くなる等、切り返しが良くなることで得られるメリットは数多くあります。

 

切り返しの成功、失敗の見分け方

次に切り返しの動きが上手くいったかいかなかったかを自分で判断できる簡単な見分け方をご紹介します。

そのやり方はビデオを使ってバックスイングの軌道とダウンスイングの軌道でクラブが作る三角形の向きを確かめる方法です。

まず動画でご自分のスイングを撮影します。
※一瞬の切り返しの動きを肉眼で判断するにはかなりな慣れが必要ですので、できればスマホなどのスロー動画機能を使うことをおすすめします。

成功の場合

下の写真のようにバックスイングとダウンスイングのシャフトの位置を確認します。

スイング解析アプリで線を入れても構いませんし、バックスイングのシャフトに物差し等を重ねて置くだけでも大丈夫です。

ここでは分かりやすく解析アプリの機能を使って線を入れてみます。

赤ラインがバックスイング途中、青ラインがダウンスイング途中のクラブのポジションとなります。

これを重ねると切り返しが成功した場合は写真のような下から上に広がる下向きの三角形ができあがります。

上げるシャフトの角度が違っても。

この方法ならどういう上げ方をしていても簡単に切り返しの良し悪しが確認できます。

 

失敗の場合

次に切り返しが失敗した例を見てみましょう。

先程と同じで赤ラインがバックスイング途中、青ラインがダウンスイング途中のクラブのポジションです。

重ねると切り返しが失敗した場合は先程とは逆に上から下に広がる上向きの三角形の形ができあがります。

こうなるとボールにしっかりと当てるのが難しいダウンスイングになります。

 

切り返しを悪くなる原因とは

次に切り返しの動きを悪くする大きな2つの原因についてご説明します。

原因1
切り返しをタメる

よく切り返しで手首をタメることでインサイドからの飛ばせるダウンスイングができるという理論を耳にします。

しかし、実はこれは逆で切り返しで手首にタメを作ろうとすればするほどクラブが立つ危険な動きを作ってしまいます。

 

原因2
切り返しで落とす

もうひとつの切り返しでクラブを立ててしまう危険な動きが、レイドオフのトップからそのトップでのクラブとグリップの形を維持したまま垂直に真下に落とすというやり方です。

イメージの中では全体を落とすことで切り返しが立たないインサイドからのダウンスイングが作れそうです。

しかし、実際は当てたいという不安から逆に切り返しが立ってしまう可能性が高くなる危険なやり方となります。

 

立たない切り返しの作り方

では、立たない切り返しの作り方についてご説明します。

切り返しを良くする最重要ポイントは何もしないことです。

何もしないと言うと語弊がありますが、必要な動き以外の余計な動きは一切入れないということです。

必要な動きとはクラブヘッドをダウンスインに切り返すということです。

写真のジュニアの切り返しを見ると

手首をタメたり、グリップやクラブを落としたりしていないのがよくお分かり頂けると思います。

「手首をノーコックのままクラブヘッドを身体の近くを通しながらボールに向かって下ろしていく」

その感覚とイメージを掴むことで写真のようなクラブが立たない切り返しからのミート率の良いダウンスイングが作れます。

 

この動きが年齢、性別問わず活躍している
プロの共通点です。

 

角度によっては
「タメる」や「落とす」に見えるので要注意!

実際は余計な動きをしない切り返しでも見る角度によっては手首をタメたりグリップを落下させたりしているように見えてしまいます。

うちのジュニアのスイングを見てレッスン会に来られた方から

「切り返しで上手くタメができてますね」

とか

「あれはクラブの重さを使って自然落下ですか?」

などのコメントをよく頂きますが、実はそれは全く違っていて余計なことは何もしていないというのが本当の答えです。

見え方がスイングイメージを難しくしてしまう場合がありますのでそこは注意が必要です。

 

背中側のアングルからチェックしてみる

切り返しの何もしない動きは背中側からのアングルだと分かりやすいので、たまに動画を撮って確認するのも良いでしょう。

たまにこの角度からのチェックはおすすめです。

 

まとめ

  • ゴルフが上達するために必要な良いスイングの一番の条件は切り返しでクラブを立てないこと
  • 立たない切り返しの最重要ポイントは余計な動きを入れないこと

 

ライン@にご登録頂くと技術、フィジカル、メンタル、クラブなどアマチュアゴルファーの方が上手くなるための全ての分野の情報をご覧頂けます。

ご登録はこのボタンを押してください

友だち追加

 

タイトルとURLをコピーしました