上達するためのスイングに欠かせない動きとは

ゴルフの上達には良いスイングは欠かせません。

ではその良いスイングとはどういうスイングなのか?

私が長年ゴルフスイングを研究してきて行き着いたその答えがあります。

それは良いスイングとはミート率が高いスイングだというものです。

そして、そのミート率が高いスイングには絶対に外せないマストポイントがあります。

それはトップからダウンスイングへの切り返しの動きです。

今回はその切り返しの動きについて解説してみたいと思います。

 




良い切り返しの動きとは?

切り返しでクラブが倒れることが重要なポイント

写真の切り返しでのクラブヘッドの動きをよく見てください。

トップからクラブヘッドが直接ボール方向には動かないで後ろ(背中側)に倒れているのが分かると思います。

このクラブが倒れる切り返しの動きがミート率が高いスイングのマストポイントです。

ミート率が高いスイングのマストポイントは切り返しでクラブが倒れる動きです。

 

クラブが倒れることで自然にインサイド軌道のダウンスイングが作られる

切り返しが立たないことでクラブヘッドが自然にインサイドからの軌道を描くダウンスイングになります。

切り返しでクラブを倒すことでダウンスイングのクラブヘッドがインサイド軌道になり、その結果効率良くボールに力が伝わるインパクトが作られます。

切り返しの動きについて更に詳しい解説はこちらをご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました