トップは流れで考える

実戦的で
無理のないトップとは?

トップとはスイングの流れの中で自然に作られるものです。

バックスイングからダウンスイングへと切り返す直前の一瞬の間がトップになります。

バックスイングが上がりきる寸前
      ↓      

切り返しへの一瞬の間=トップ

ゴルフスイングのトップはあくまでも流れの中で自然に生まれるもので意識的に作るものではありません。

 

変則的なトップになる原因とは?

過度なオーバースイングやシャフトが飛球線よりも右を向いてしまうクロスシャフトで悩んでいる方は多いようす。

そういった変則的な形のトップになってしまうのは、トップというものを流れではなく作るべき単独の形と考えていることが原因だと思われます。

「上げる」と「下ろす」という動作を別々にしてしまうことで変則的なトップになる可能性が高くなります。スイングをひとつの流れにするためにはバックスイングの途中から切り返しの準備をするように「上げながら下す」という意識をすることが重要です。

 

スムーズな切り返しが
変則的なトップを防ぐ

変則的なトップを作らないためには、バックスイングからダウンスイングへのスムーズな切り返しが大事になります。

身体の捻転と脱力の2つです。


バックスイングを脱力しながら身体の右サイドでリードしていくことでその反動で生まれる切り返しからの左サイドの自然な捻じり戻しを利用してスムーズな動きの繋がりを作ります。

この右から左への捻りの動きの連続性がオーバースイングやクロスシャフト、または伸び上がりや過度なスウェイ等の変則的なトップを防ぐポイントとなります。

 

トップも利き目で変える

スイングは必ず利き目の影響をうけます。

安心感のある無理のないトップを作るには、バックスイングの延長で自分の利き目を活かした顔の動きにする必要があります。

利き目の影響は当然トップにも現れます。

 

左利き目のトップ

左が利き目の人はスイングの初動で顔を少しバックスイング方向に動かして左目でボールを見たままの状態でトップから切り返しへの流れを作ります。

左目でボールを見ることで深い捻転のトップを作り、顔が開かないクローズ感の強い切り返しに繋げていきます。

 

右利き目のトップ

アドレスの顔の向きをなるべくキープしたままバックスイングを上げていく右利き目の人はトップまでの流れの中でもその顔の向きは変えないまま我慢しておきます。

顔をなるべく不動にして強い捻転を作り、その捻転の捻り戻しによってスムーズなトップ〜ダウンへと繋げていきます。

 

ライン@にご登録頂くと技術、フィジカル、メンタル、クラブなどアマチュアゴルファーの方が上手くなるための全ての分野の情報をご覧頂けます。

ご登録はこのボタンを押してください。

友だち追加

タイトルとURLをコピーしました