骨盤の動きを知ることでスイングが激変する

   2018/12/30

骨盤の動きが分かれば
スイングが変わる

骨盤は前後に動くもの

骨盤は仙骨を中心に左右2つあり、それらは別々に動くようになっています。

しかも、その動きの方向は横に回転ではなく前後です。

骨盤の中心にある仙骨やその上にある背骨は捻れるようにはできていません。

そこで考えなければならないのが、よく言われる腰を回転するという動きです。

腰を回転するというと、背骨自体が回ってそれにより左右の骨盤も同時に回転するというイメージを持っている方が多いと思います。

しかし、実際には背骨自体は捻じれないので左右の骨盤は同時には回転はできません。

つまり、腰は回転しないということです。

背骨自体は捻じれる動きはできないので、スイング中に実際に腰が回転するということはありません。

なぜ腰は回転するように見えるのか?

右打ちの場合で説明すると、まずバックスイング~トップで右脚の付け根を押されるように右の骨盤が後ろに引けるように動きます。

そして、切り返しからは逆に左脚の付け根が押されるように左の骨盤が後ろに引けるというように左右の骨盤が交互に動くことで腰が回転したように見えます。

バックスイング~トップへ向けて右の骨盤が後ろに傾くように動きます。

バックスイング~トップへ向けて右の骨盤が後ろに傾くように動きます。

スムーズな骨盤の入れ替えによって
ヘッドスピードが上がる

この左右の骨盤が右→左と滑らかに交互に動くことでクラブへっどが加速していきます。

そのためには、まずは左右の骨盤を意識的にスムーズに動かせるように訓練しておく必要があります。

その骨盤を動かすトレーニングについては、プロのトレーナー兼ドラコンプロの平野コーチがこちらの動画で詳しく解説していますのでぜひご覧ください。

骨盤の動き」+「切り返しのクラブの動き」
で飛んで曲がらないスイングが完成する

骨盤の動きがスムーズになってヘッドスピードが上がってくると特に切り返しでのクラブの動かし方が重要になってきます。

なぜなら、この切り返しのクラブの動きでミート率の良し悪しが決まるからです。

せっかくヘッドスピードが上がっても上手くボールに当たらないのでは全く意味がありません。

そういう意味でこの骨盤の動きと切り返しのクラブの動きは常にセットだと考えておきましょう。

骨盤をスムーズに動かすことと切り返しでのクラブを立てない動きによってヘッドスピードとミート率の両方がアップします。

上手くなる情報を毎日配信!

ライン@にご登録頂くと私のテキストによるレッスンと、プロのトレーナー兼ドラコンプロの平野コーチによるレッスン動画をご覧になれます。

ライン@ご登録はこのボタンを押してください。

友だち追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket